やさしい日本語のページを作りました


北海道を訪れる外国人のみなさんに、パラグライダーやさしい日本語のページを作りました。
「やさしい日本語」とは、普通の日本語よりも簡単で、外国人もわかりやすい日本語のことです。
阪神淡路大震災の時に、被災した外国人に必要な情報が行き届かなかったことから、災害が起きたときに有効なことばとして考案されました。

外国人は英語が得意な人ばかりではありません。
いろいろな国から人が訪れるなかで、多言語化が進んでいます。
全ての言葉に対応するには無理があります。
そこですぐに実行できる「やさしい日本語」は有効な手段だと思います。

空の世界では、飛行中は三割しか頭が働かないと言われています。
三次元になるだけで、情報量が増えるので、それに対して処理能力が増えるからだろうと思っています。
パラグライダーの体験者や練習生は、むずかしいことを言ってもすぐに理解し実行できるわけではありません。
シンプルで有効な言葉や指示を考える上でも勉強になりました。

今回、母国語でないホームページを見る場合に、翻訳アプリにかけることが多いと想定しました。
日本語のページをそのまま翻訳アプリにかけても、意図にそぐわない訳がでてくることがありました。
英訳で確認しました。
中学生レベルの英単語で意味が通じるように、やさしい日本語のページを何度も修正しました。

せっかく海外から日本へたくさんの人が来る時代です。シンプルなパラグライダーとやさしい日本語で交流をしたいものです。

パラグライダー やさしい日本語のページはこちら!
http://sunny-side.net/easyJapanese/

夏休みに「やさしいパラグライダー」を体験してみませんか!
パイロットと飛ぶ二人乗り【タンデム体験】始めました。
http://sunny-side.net/course/


投稿者名 上野陸 投稿日時 2018年08月05日 | Permalink