低体温症を知ろう 「トムラウシ山遭難はなぜ起きたか」を読んで


夏の低体温症による大量遭難についてかかれた「トムラウシ山遭難はなぜ起きたか」を読んだので、低体温症についてあらためて考えてみたい。

これは、2009年7月16日に北海道大雪山系のトムラウシ山において、8名の人々が低体温症と見られる死亡事故が発生したものです。夏山シーズンとしては前代未聞の痛ましい遭難死亡事故となりました。

ファーストエイドやリスクマネジメントのセミナーでよく出てくる事故事例です。
低体温症は冬だけではなく一年中発生しています。東日本大震災では、地震後に暖がとれず低体温症で亡くなった方が多くいました。昨年の北海道胆振東部地震で北海道中が停電しブラックアウトしました。これが冬季間であれば、低体温症による犠牲者が相当数出た可能性があります。

まずは低体温症を知っているかいるかどうかがポイントになります。
低体温症が進行すると脳に支障が起きて正常な判断ができなくなります。
こうなると自分でリカバリーすることができなくなります。

この本はシナリオとしてそのときの現場の状況が想像できます。どのタイミングでどういう判断、行動すれば事故が避けられたのかを考えるよい教材です。
低体温症についても、よく書かれており理解が深まります。

あなたならどこでどのように判断し行動しますか?



災害は冬にも起きます。
冬に電気が止まったらどうしますか?

サニーサイドアウトドアスクールでは、
防災、災害のための教育プログラムを行っています。
こちらをクリックしてください。


投稿者名 上野陸 投稿日時 2019年02月16日 | Permalink

サニーサイドアウトドアスクール スタート!


本日2月9日よりサニーサイドアウトドアスクールとして新たにスタートします。
事業の柱は、今まで通りのパラグライダースクールとパラグライダーやアウトドアスポーツで培ったリスク管理の知識や道具を活かした災害時のための教育、体験プログラムです。

なぜ災害時のためのプログラムを始めることになったかというと、2011年に茨城県で東日本大震災に、昨年の北海道胆振東部地震に災害に遭いました。
その時に多くの人が災害に対する備えや行動が適切にできていないと感じたからです。私は25年パラグライダー、ハンググライダーのスクールや機材販売の仕事に携わってきました。スカイスポーツという比較的リスクの高いスポーツをマネジメントすることで、リスク管理や対応が鍛えられました。

今の日本は、地震や異常気象など災害が多発している時期にあります。
今後30年以内に80%の確率で発生すると言われている南海トラフの巨大地震の前に、今持っている知識や考えを、災害時に一人でも多くの人が犠牲にならないように広め社会に還元しようと思ったからです。

また現代は変化が早く大きい時代です。正解がない時代とも言われています。その時の状況に応じて行動を変えていかなくてはならないのは、刻々と状況が変わる災害時と同じです。
強いものや賢いものが生き残るのではなく、変化に対応できたものが生き残るのはいつの時代も同じです。
提供する72時間サバイバル協会のプログラムは、これからの未来を背負うこどもが学べるようにプログラムが組まれています。自らが生き残るための自助、お互いに助け合う共助のサバイバルマインドを育むことによって、災害時に生き残り、さまざまな社会課題を解決する一助になれば幸いです。

サニーサイドアウトドアスクール
上野 陸


投稿者名 上野陸 投稿日時 2019年02月09日 | Permalink