K-FLEXハーネス レビュー


タンデムのパッセンジャーや講習バーンでの体験や練習用のハーネスK-FLEXが入荷しました。

このハーネスの画期的な特徴は、身長が150cmから200cmまでの方に対応できることです。

175cm 80kg、170cm60kg両方とも背中や脇のホールド感をバッチリ調整することができました。

自画撮り用のカメラホルダーがついてます。一脚のために長さが調整できます。

後ろの荷物入れは、ヘルメットプラスアルファ入ります。



従来のハーネス調整を覆す調整幅です。

ハーネスというものは、身体に密着するものですから、フライトの快適性や安定性、操縦性にダイレクトに影響します。フライトの質を決めてしまう大切なものです。

そのハーネスで変えられないものとしては、背中のパネル、フックポイント、座板です。
これが合っていないと不快であるばかりではなく、安定性、操縦性、安全性を損なう可能性があります。

ハーネスのラインナップでは身体の大きさに合わせて3〜5サイズ用意されています。
ほっそり型、ぽっちゃり型など体型は人によって違います。

タンデムフライトや講習バーンでの体験フライトは、様々な体型の方がいらっしゃいます。

フィット感にこだわりを持ち続けているKORTEL DESIGNが解決します!


背中のパネルの長さ、フックポイント、座板の幅が調整できます


背中のパートがかんたんに伸ばしたり縮めることができます。


背中が覆われていた方が、快適で安定した乗り心地を提供してくれます。
しかし脇の高さが高すぎると脇に当たってしまい不快なことになってしまいます。
背中のパネルを調整するという発想で解決しました。


フックポイントは二段階で調整できます


座板の幅を折り込むことによって調整できます


このK-FLEX一つで多くの体型の方に対応できます。

パッセンジャーがフィットしたハーネスを着けることによりハーネスの中での余計な遊びを抑えることができます。

安心感をもたらし最高のフライト体験をしていただきましょう。

KOLTEL DESIGN
K-FLEXハーネス
タンデムパッセンジャー、練習用ハーネス(レスキューコンテナはついておりません)
サイズ 150cm~200cm ワンサイズ
重量 3.1kg
¥78,000(税別)

ご注文はお近くの弊社製品取り扱い販売店までお願いします。


投稿者名 上野陸 投稿日時 2017年10月05日 | Permalink

秋のおすすめコンディション


北海道は秋が深まり朝晩は冷え込んできました。
さすがにもう夏装備は使わなくなりました。

これからの季節で狙い目の天候の話です。
北海道はここ一週間、寒気の影響で時雨や強風が多かったです。(涙)
低気圧、寒気というワードには注意が必要です。
海水温はまだ暖かくそこに寒気が入り込むと低気圧が発達傾向になり、悪天候や強風が続く傾向にあります。

しかしまだ10月上旬です。
移動性の高気圧が張り出して秋晴れになる日もまだまだあります。



もう一つこれからの季節に狙い目の天候はこんな日です。

夜間に晴れて風の弱い日は、地表付近の熱が大気中に放出され、地面付近が冷えて放射冷却という現象が起こります。
朝方は冷えて安定したどっしりと重い空気に覆われ接地逆転層が形成されます。
いわゆる朝靄(あさもや)ですね。雲海も同じ現象です。
濃霧注意報がでたりします。

地面付近に安定した空気の層がによって練習生にとっては飛びやすいコンディションになります。(雲中飛行はダメですよ。)
地面は濡れているかもしれませんが、早起きしていいことがあるかもしれません。


投稿者名 上野陸 投稿日時 2017年10月03日 | Permalink

映画『黄金のメロディ-マッスル-ショールズ』


明日は雨模様なので夜更かしをして、映画『黄金のメロディ-マッスル-ショールズ』を見ました。
米国アラバマ州のマッスル-ショールズという小さな町のスタジオからソウルやサザンロックの名曲や名盤が生まれマッスル-ショールズサウンドと呼ばれた音楽の物語です。

ウイルソン・ピケットのファンキなナンバー『ダンス天国』から始まり、パーシー・スレッジ、アレサ・フランクリン、そしてローリングストーンズ、ジミー・クリフなどなど。

長距離ドライブではヘビーローテーションのデュアン・オールマン、レーナード・スキナードもマッスル-ショールズだったんですね。最後は『スウィート・ホーム・アラバマ』

レコード、CD、ダウンロードして聞いた曲ばかりです。
秋の夜長、自分の音楽ルーツをたどりジーんとしました。


投稿者名 上野陸 投稿日時 2017年09月12日 | Permalink

150cmから200cmまで対応!? K-FLEXハーネス


こだわりのハーネスで知られているKORTEL DESIGNより、

身長が150cmから200cmまで調整できるハーネスK-FLEXが登場しました。

斜面でのパラグライダー体験や基礎練習、タンデムフライトのパッセンジャー用でレスキューパラシュートが必要ない状況での使用を想定しています。

基本的にはスクールさん向けですが、この画期的なコンセプトはぜひお知らせしたい!

同じシリーズで先に販売されている、身長が80cmから150cmまでのお子さま向けのKIDハーネスは、あっという間にメーカー在庫分は完売してしまいました。



身長が高い人、低い人身、細身の人、太めの人、など人の体型はさまざまです。

従来パラグライダー用のハーネスは、3〜5サイズあり、肩やサイドベルト、腰回りなどを調整します。
背中のパネル、座板、フックポイントは変えられないものでした。

KORTEL DESIGNは、せっかくのパラグライダー体験をフィットしたハーネスで快適なものにしてもらうためにフレキシブルにサイズを調整できる機構を考えだしました。

背中のパネルを座板の下に潜り込ませることで長さを調整できます。
大き過ぎてハーネスの中に埋もれてしまったり、小さすぎてパツパツとはおさらばです。

背中のパネルの長さを変えると、フックポイントも合わせたいです。
これは二段階で調整できます。

座板の大きさも重要です。
大きすぎるとハーネスの中でカラダが動きすぎて遊んでしまいます。
小さすぎると、座りが浅くなり快適性が失われます。
座板は折り込むことで調整できます。

また、ハーネスの底部は、交換可能なカバーがついています。
強度が強く汚れが落ちやすいようにターポリンというつるっとした材質を採用しています。

サイドには風が強い時のためのサポートハンドルがついています。



もしハードランディングで強い衝撃を受けても、エアバックの空気をバルブが逃がして衝撃をやわらげてくれる機能がつきました。

KORTEL DESIGHNは、オリジナルな機能で私たちを驚かせてくれます。

けっこう前になりますが、カーニバルレースでフックポイントの調整、カーニバル2で座板の下に背中のパネルが入り込むアイデアは実現していました。
どのような体型の人が来るか分からないパッセンジャー用ハーネスで、見事にアイデアに花が咲きました。

KIDハーネスと同様に早く在庫がなくなる可能性があります。
ご注文は最寄りの販売店さんまでお願いします。

KORTEL K-FLEX ¥78,000(税別)サイズ 150cm〜200cmまで


投稿者名 上野陸 投稿日時 2017年08月25日 | Permalink

半世紀同窓会に参加してみた


人生の半世紀を迎え高校の同窓会が行われました。
お盆シーズンで繁忙期のため、出席は無理だろうとあきらめていたのですが、その日だけ一日雨模様でスクールはキャンセルとなりました。
この時期は札幌の宿泊がどこも満員御礼状態ですが、運良く宿泊先も確保でき、突然参加させていただきました。

出身地が北海道の網走市で、高校卒業と同時に札幌に出たのもので、その後も〜〜〜〜と現在に至るわけです。
もちろんマメに連絡できるような性格ではないので、うん十年ぶりの再開となったわけです。
なにせ32年の歳を重ねているわけで、みんな変わるわな。
ある地域の同じ年齢の人が集まっている場というのは、今考えると特殊ですよね。
社会の関わりでは、年齢、出身地、文化が違うのが当たり前なのだから。

ある時期、同じ空間を共有した記憶というのは貴重なのだな。
意識したことがないけど。
人によっては小学生からだったりして。
今のことに全力投球なので、昔のことを思い返すということは余りなく過ごしてきましたが、懐かしい記憶が蘇り楽しい時間を過ごしました。

「歴史を学ぶ意味は、自分がとらなかった選択を知ることができる」という言葉を思い出しました。
自分が選ばなかった人生があるのかなと。

年齢的に大病を患った話もでました。
もう成人病どストライクですからね。
自分では変わらない気持ちですが、同級生を見ると加齢による変化は受け入れて行かなくてはならないと感じました。
今年は自分も小さい故障はしていますからね。

まだまだミッションあるので、無理せずがんばろう。

今日もフライトミラクルを起こしに行きます。


投稿者名 上野陸 投稿日時 2017年08月14日 | Permalink