初めての災害対策ワークショップ


こんにちは!
サニーサイドアウトドアスクール校長の上野です。

災害対策は必要だと思っているが何から手をつけていいのか分からない方、何となく腰が思い方、そんな方におすすめのワークショップを行います。

今週末、静岡県富士宮市にある天子の森キャンプ場で行います。
お子さんから学べるようにしています。
地図を使うので小学生高学年から対象にしています。

災害が起きたら何に注意をしたらいいのか、どういうことに気をつけて行動すればいいのかを自ら考え、共有したいと思います。


日時 2019年3月10日(日)13:30〜 1時間30分ほど
   2019年3月16日(土)10:00〜 1時間30分ほど
場所 静岡県富士宮市佐折631
   天子の森キャンプ場(田貫湖の近くです)

料金 無料

定員 10名 親子での参加、お一人でも構いません。
      メールにて予約ください。 応募多数の場合は抽選となります。
      弊社からの返信後確定となります。
        info@sunny-side.net
対象 小学校 高学年から

参加お待ちしています。


投稿者名 上野陸 投稿日時 2019年03月08日 | Permalink

【3.11 親子でまなぶ 防災マップを活用しよう】ワークショップ


【親子で学ぶ 防災マップを活用しよう!】のお知らせ
 
サニーサイドアウトドアスクール校長の上野です。
もう少しで東日本大震災から8年が過ぎます。

静岡県は同じ海溝型地震である南海トラフ沿いの東海地震の発生が懸念されています。



東日本大震災の教訓を忘れず、次の災害に活かすために、【親子で学ぶ 防災マップを活用しよう】というワークショップを行います。


災害が起きたらどうするか、避難所までの経路はどうか、防災マップを活用し、自らリスクを調べ考えるワークショップです。


ご参加お待ちしています!



日時 2019年3月10日(日)13:30〜 1時間30分ほど
   2019年3月16日(土)10:00〜 1時間30分ほど
場所 静岡県富士宮市佐折631
   天子の森キャンプ場(田貫湖の近くです)

料金 無料

定員 10名 メールにて予約ください。 応募多数の場合は抽選となります。
      弊社からの返信後確定となります。
        info@sunny-side.net
対象 小学校 高学年から
   


投稿者名 上野陸 投稿日時 2019年03月05日 | Permalink

地震の起きる確率 30年以内に70~80%って?


南海トラフ沿いの大規模地震(M8からM9クラス)は、「平常時」においても今後30年以内に発生する確率が70から80%であり、昭和東南海地震・昭和南海地震の発生から既に70年以上が経過していることから切迫性の高い状態です。
(気象庁 防災情報 平成31年02月07日 気象庁地震火山部 南海トラフ地震に関連する情報(定例)
https://www.data.jma.go.jp/svd/eew/data/nteq/index.html

特に宮城県沖では、M7級の宮城県沖地震が大震災と同時に起きたことで新たな発生サイクルに入ったと判断。付近で起きた地震も合わせると、ほぼ13~15年おきに同規模の地震が発生しているとして、M7級の30年以内の発生確率は90%に達すると判断した。
2019.2.26 19:55 産経ニュース 
https://www.sankei.com/affairs/news/190226/afr1902260047-n1.html

地震のニュースに、政府の地震調査委員会から「今後30年以内に発生する確率」があります。
「南海トラフ大地震は、今後30年以内に70〜80%の確率で発生する」などです。
30年という長時間と70〜80%という確率の高さにどうも違和感を感じました。
その根拠がよく分からないのです。

確率で私たちがよく目にするのは降水確率です。
パラグライダーという気象条件に大きく左右されるスポーツをしているので、30年間ほど毎日チェックしています。
これはデータの蓄積があり地域や時間など精度が上がっていくのは理解できます。

しかし数十年から1000年単位の巨大地震での確率の精度はどうなのでしょう。
東海、東南海、南海の南海トラフ巨大地震の警戒を呼びかけることはありましたが、の宮城県沖で発生したマグニチュード9.0の東日本大震災は予想されませんでした。
その後に発生した熊本地震、北海道胆振東部地震の地震予知もありませんでした。

地球はプレートという固い地殻で覆われていて、そのプレートは爪の伸びるスピードで(年間数センチ)移動しています。日本は海からのプレートが陸のプレートに沈み込むところです。しかもそれが4枚あるという複雑な場所なのです。
海のプレートのほうが重いため海からのプレートが陸のプレートの下に潜り込んでいます。陸のプレートのひずみが発生し、そのひずみが戻る時に地震が発生する地震多発地帯なのです。


地震発生のしくみ 気象庁より


しかし、地震予知について確かな前兆現象は未だに確立されていません。
日本という国はいつ地震が発生してもおかしくなく、地震の予知はできないということです。

特定の地域での30年という長さ、数字での高確立はその場所では警告ですが、その他の地域では「対象地域ではないので安全では」という誤解を招いています。

私自身は茨城県で東日本大震災にあった時の教訓で、食料のローリングストック、車の燃料は半分上にしておくなどの備えを習慣化していました。そしてそれが昨年の北海道の地震の時に役に立ちました。
今時電気がないと何もできません。地震発生から数日はインフラや物流、公助は期待できません。
公的な機関での備えも限りがあります。
あとは自分で備えるしかありません。

日本に住んでいる上は自然災害のリスクがついて回ります。
リスクは考えないようにするのか、備えるか?
もう少しで3月11日はやってきます。


アウトドアの知識や道具を防災、減災に活かしましょう。
子どもからできる防災、減災教育プログラム
72時間サバイバルプログラムの案内はこちら!


日本人は知らない「地震予知」の正体 ロバート・ゲラー著 双葉社
「地震予知」にだまされるな! -地震発生確率の怪- 小林 道正/著  東京 明石書店
地震発生のしくみ 気象庁 https://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/jishin/about_eq.html

投稿者名 上野陸 投稿日時 2019年03月03日 | Permalink

三浦雄一郎アコンカグアへの挑戦 高齢者のリスクマネジメントについて




プロスキーヤー三浦雄一郎さんが1月に南米最高峰のアコンカグア(6961m)に86歳という高齢で登頂とスキー滑降に挑戦しました。
先日行われた三浦雄一郎さんと副隊長の三浦豪太さんのトークショーに参加してきました。
アウトドアスポーツにおける高齢者のリスクマネジメントのヒントがありました。

三浦さんは、2013年に80歳でのエベレスト登頂最高齢記録をもっています。
高齢化社会を迎えた日本では、高齢者の健康寿命という社会課題があります。
高齢者が元気で健康的な生活を送る。
高齢者のチャレンジは意義があるものです。

「86歳の超高所でのスキー滑走は若き日のようにいかなくとも、年齢を言い訳にせず、出来ない理由より出来る理由を考えた方が人は元気に輝く」(三浦雄一郎)
しかし高齢のリスクというものがあります。
数々の冒険を成功させてきた三浦雄一郎さんですが、86歳という高齢、高所に行くにはリスクを抱えた心臓。
中高年のヒマラヤなどでおこる高所登山での突然死。
そのリスクをいかに管理するのかが重要になります。

今回の副隊長の三浦豪太さんのお話が、高齢者のリスクマネジメントとして参考になりました。
印象に残ったのは「事故は、主観と客観の乖離で起こる」という言葉でした。

ポイントをまとめると、

サポート体制をつくる
遠征隊は登山のスペシャリスト、山岳医などドリームチームを編成。
技術、客観性、緊急時のサポート体制をつくる。

安全性、最新の方法論を選択する
ヘリコプター、酸素をふんだんに使うことで酸素の薄い高所のリスクを回避する。
高所から帰ってきた後の後遺症を避ける。

モニタリング
体調を客観的に知るために定期的なモニタリングを行う。

客観的な判断
モニタリングで異常が見られた場合の早い判断。

意思決定の遵守
客観的な評価での意思決定。
意思決定を遵守する。

意思決定の遅れや様子見、後回しにより状況が悪化することがあります。

順調に行っていた行程であったが、6,000mという高所のキャンプコレラで、この地特有の「ビエント・ブランコ」(白い嵐)と呼ばれる強風に阻まれ停滞を余儀なくされます。高所での停滞は高齢者の体力を奪っていきます。
ゴール手前であるが客観的な判断によるドクターストップ。

もし客観的評価より主観的評価を優先して、続行としても「赤字経営や粉飾決算のようで納得がいかないものになっただろう。」と豪太副隊長は話していました。
許容幅が少ない高齢者にとっては、体調が急変するリスクがあり客観的な評価で意思決定し行動することは重要です。

また高齢者のアウトドア活動のリスクマネジメントだけではなく、自然災害が起こった場合の行動も同様です。
正常性バイアスは自分にとって都合の悪い情報を無視したり過小評価する心理のことです。この正常性バイアスにより逃げ遅れたり、被害が大きくなることがあります。

残念ながらアコンカグアに登頂することはできませんでしたが、元気で下山されたことは成果です。参考にしたいものです。


アウトドアの知識や道具を防災、減災に活かしましょう。
子どもからできる防災、減災教育プログラム
72時間サバイバルプログラム


投稿者名 上野陸 投稿日時 2019年02月28日 | Permalink

帰宅困難について


先日の北海道の地震では、鉄道、地下鉄等の交通機関が乱れ、多くの帰宅困難者があふれました。
当然この時期夜間は氷点下を下回ります。
昨年のように全道で停電すると、一気に低体温症のリスクが高まります。

日中や帰宅時間であれば、もっと多くの人で溢れかえることになります。
災害時の一斉帰宅は、災害救助の妨げや二次災害のリスクが伴います。
ましてや夜間の行動は視認性の悪さから事故のリスクがあります。

どうしても帰巣本能が働いて帰りたくなります。
リスクの見積もり、見通しなど、行動の計画が必要です。
自分はどれくらいの距離をどの程度の時間で移動できるのか?
今の自分の装備(靴や服装)は、どの程度の環境に耐えられるのか?
行動に必要な食べ物や水分は補給できるのか?
災害が拡大して計画が破綻した時のバックアッププランはあるのか?

計画的ではない行動は無駄に体力を奪います。もし次に大きな余震など事態が悪化した場合、行程の途中で移動ができなくなることも考えられます。
止まるという考えも選択肢には必要です。

私はいつもバッグに小さくたためるダウンジャケットを忍ばせています。
アウトドア中の休憩に、屋内で寒くなった時などに使用するためです。
もしビバークや避難所にいなければならない時に中に一枚着るだけで違うと思います。

会社や学校など一日に滞在する時間が長い場所は、災害時にそこに居る確率が高いということです。
「もしそこで災害にあったら?」
ということを考えてみてはいかがでしょうか?

アウトドアの知識や道具を防災、減災に活かしましょう。
子どもからできる防災、減災教育プログラム
72時間サバイバルプログラム



投稿者名 上野陸 投稿日時 2019年02月26日 | Permalink