PageTOP

72時間サバイバル

72時間サバイバル教育プログラム

72時間サバイバル


  • 72時間サバイバルとは?



もしこどもしかいない時に、大きな災害が発生したら?
ライフスタイルの変化から親が常にこどもといるとは限りません。
こどもしかいない時に大きな災害が発生したら、たとえこどもだけであっても自分で考え適切な行動を取る必要があります。
(一般社団法人)72時間サバイバル教育協会の提供する72時間サバイバル教育プログラムは、まずは自分が生き残る自助、そして互いに助け合う共助のための8つのスキルと自ら考え行動するサバイバルマインドをこどもから育成できるプログラムを組んでいます。

また変化が早く大きい時代です。今までのやり方が通用しない答えのない時代といわれています。サバイバルマインドを身につけることにより、社会課題の解決や、強いものや賢いものが生き残るのではく、変化に適応できたものが生き残るという原則に合った人材の育成をめざしています。


 



  • 8つの体験プログラムを習得してサバイバルマスターを育成


いつ起こるか分からない災害までスキルを維持するためには、継続して学ぶための仕組みや環境が必要です。72時間サバイバルは、こどもから学べるようにを8つ基本スキル「ファイヤー」「ウォーター」「シェルター」「フード」「SOS」「ファーストエイド」「ナイフ」「チームビルド」に分けています。

講習後に行われる検定に合格することで、各プログラムのマスターとして認定され、プログラムごとにデザインの違うワッペンが授与されます。

このワッペンを全8種類集めると、公認「サバイバルマスター」として認定され、マスターのワッペンが授与されます。

災害時に自分を守り(自助)、他人を助ける(共助)の知識と技術を学んだ証として、取得したワッペンを普段使っているカバンや非常用持出袋に縫い付けておくことで、災害時にはマスターに避難所や現場でスキルに合わせて活躍するミッションが与えられるという仕組みづくりをします。

またワッペンを取得して終わりではなく、さらに自分の地域において、また自分自身のスキルとして足りていないことは何かを考え、子どもたちが継続して学習していくサポートをしていきます。