選択されているタグ : 台風19号

タグの絞り込み

災害の時、出社の基準はありますか?



台風19号で、「仕事中」や「通勤・帰宅中」など仕事に関連して屋外を移動している間に被害にあったとみられる人がおよそ15%に当たる13人いたことが分かりました。

台風19号は12日土曜日から三連休ということもあって、多くの方が休日だったと思われます。もしこれが平日であれば被害にあう人はもっと増えた可能性があります。

あなたの仕事では、災害時の出社についての基準はありますか?
計画に沿って淡々と判断していくことが重要です。
基準や計画が決まっていないと、判断の遅れ、しいては行動の遅れにつながり取り返しのつかない事態に追い込まれます。

私は、パラグライダーであれば、前日の18時の最新の予報の降雨確率、風向き、強さで判断しています。
防災プログラムは、行き帰りの交通が困難になることが予想される場合(警報)は中止にします。

行き帰りのルートは複数持っておくことも重要です。
大雨の時の川を避けるルートや、障害物が発生した時の回避ルートです。

未曾有の気象災害が発生する時代は、過去のデータが役に立たないことがあります。
空振りも起こるし、予想以上の災害も発生します。
最終は自分の命ですから個人の判断が重要になります。



サニーサイドアウトドアスクールの防災プログラムについて

サニーサイドアウトドアスクールでは、さまざまな防災プログラムを開講しています。
日本にはさまざまな災害が発生します。弊社の防災プログラムは、「もしもの時に行動できる」を目的としています。
スキルを教えるというよりも、グループワークでの話し合い、実技を通しての学びや気づきに重点をおいています。

防災サバイバルキャンプ

初心者から対象です。
STEP1からSTEP3を行うことによって、災害の全体像、優先順位を学ぶことができます。
グループワークで話し合い、実習でスキルを実践します。
失敗は当然です。失敗から学ぶことは多くあります。
しっかりと振り返りを行い、実際の災害で行動できる人になるための防災脳を育みます。

STEP1 災害を考える・飲む・食べる
STEP2 火を扱う・備える・応急処置
STEP3 泊まる (11〜3月 休止)

  • 時間 13:00〜16:00
  • 人数 2〜12名
  • 年齢 10歳以上
  • 持ち物 汚れても構わない服装、軍手、防寒着、雨具
  • 料金 講習料 6,500円 (平日割6,000円 お正月、ゴールデンウイーク、お盆シーズンを除く)
       施設使用料 1,000円
       傷害保険料 500円

お申し込み、お問い合わせはメールで!


防災キャンプについて

団体様向けの防災プログラム 

人数 12名から60名まで

グループワーク中心になります。
実技は、年齢などにより制約があります。

会社やグループでの研修に活用できます。

出張でのプログラムも受け付けています。
プログラムの内容については、参加年齢、難易度、地域性を考慮してアレンジできますので、ご相談ください。

お申し込み、お問い合わせはメールで!



72時間サバイバルプログラムの紹介
4名さまからプログラムを開講します。

  • 場所:静岡県富士宮市佐折631 天子の森キャンプ場
  • 時間:13:00〜17:00(プログラムによって終了時間は変わります。)
  • 年齢:10才以上推奨(長いプログラムだと検定を入れると4時間になります。)
  • 各プログラム:ファイヤー」「ウォーター」「シェルター」「フード」「SOS」「ファーストエイド」「ナイフ」「チームビルド」
    詳しい内容はこちら!
  • 料金:1プログラム 5,000円 施設使用料1,000円 ナイフ ファイヤーなどの危険を伴うプログラムは傷害保険に加入してください。


※出張講習いたします。(別途交通費、出張費がかかります。)

詳しい内容はこちら!

お申し込み、ご質問はこちらから!


投稿者名 上野陸 投稿日時 2019年11月19日 | Permalink

台風19号の自分の行動を振り返ってみよう

tenki.jpより


台風19号で被害に遭われた方々に対しお見舞い申し上げます。
まだ水害で危険な場所が多数あります。
一日も早く終息することを願っています。

記憶が確かな間に感情の推移を含めて、自分の行動を振り返って次の災害に備えることをお勧めします。

今回の台風19号は早くから、記録的になること、東海、関東圏の直撃が予想され、数日前から警戒が呼びかけられていました。
日本付近の海水温が高いことから、このようなスーパー台風が今回だけのものではなく、今後も発生することが懸念されます。
感情の推移、どのような行動をとったのか?行動をとらなかったのか?不安に思ったこと、足りないと思ったことを振り返り、次の災害に対して「最適な行動計画」や「備え」に落とし込みましょう。


nhkより


行動にはタイムリミットがある


毎日新聞より


行動にはタイムリミットがあります。
「予想に対して自分はいつ反応したか?」を時系列で振り返ってみましょう。

前日には、食べ物、飲料水、カセットガスなどが売れ切れ、ガソリンスタンドでは行列ができるなど、備えについては準備をされた方が多かったと感じています。

災害発生時には、モノを入手するコスト(時間、費用)がかかり、やがて入手が困難になります。

全てのものを用意することはできないこともあるので、切り替えて「あるものでなんとかする」という発想も大切です。


避難について


杉並区号外NETより


10月8日の予報から、上陸、大規模になることが予想され、10日には、東海、関東圏を直撃し、記録的な大雨、強風が発生し、土砂災害、水害について警告がされていました。
東海、関東圏は、台風の最接近の時間が夜間になり、避難行動ができなくなることは予想されていました。

「避難が必要な場所であったか?」
「適切なタイミングで避難できたか?」
「その判断基準は?」
「安全な場所とは?」などを考えてみましょう。

東海地方では、12日午後には暴風雨が予想されていたので、12日午前中までには移動を終えていなければなりませんでした。


予想できない災害のほうが多い


台風は予想されていたものです。
地震は突然やってきます。
今回のように備える時間はありません。
普段の備え、行動の計画がいかに重要かです。

いつも予想が当たるとは限りません。
自然は人知を軽々と超えていきます。
災害は一瞬のインパクトを避けなければなりません。
自然を変えることはできません。変えられるのは人の行動です。
行動に落とし込むことが重要です。


サニーサイドアウトドアスクールでは、防災教育プログラムを実施しています。
ただスキルを教えるのではなく、グループでの話し合い、実習を通して自ら学ぶ、グループで助けあいながら、防災、減災を学び、気づく、防災脳を育むことを目的としています。

http://sunny-side.net/camp/

投稿者名 上野陸 投稿日時 2019年10月14日 | Permalink