津波に注意「浦・津・川」モデル

「浦・津・川」モデル
『地名に隠された「南海津波」』 谷川彰英 著


みなさんこんにちは、
サニーサイドアウトドアスクール校長の上野です。

今回は沿岸地域に住んでいる人に知っておいてもらいたいことです。

特に津波浸水想定地域あるいはその近くの方です。
(※ハザードマップポータルサイトで調べることができます。)

『地名に隠された「南海津波」』 谷川彰英 著の「浦・津・川」モデルは、津波で被害が大きくなる地域をモデル化したものです。
また日本の沿岸にありがちな地域です。

通常、水は川から海の方へというように、高いところから低いところへ流れます。
しかし津波は、逆に海から湾、そして湾の奥から川へと逆流し人々の住んでいるところを襲い、海へと押し戻していきます。


 〜私は「地名」から津波の本質に迫れないかと考え続けた。その結果、ふと結論めいたものが頭に浮かんだ。

 それは「津波」という文字そのものだった。「津波」というくらいだから、「津」に押し寄せる「波」のことである。では「津」とは何か、どういうところに位置しているものなのか、を考えれば「津波」は分かってくると考えたのである。

 「津」とはもっと素朴なものだ。「津」を漢和辞典でみると「水のうるおすところ。浅瀬の船着場。渡し場」(『漢和辞典』)とある。また国語辞典にはさらに「特に、船着場や渡し場に対して、物資が集散し、集落が形成されたところ。港町」(『大辞林』)とある。

 この半年あまり、東北地方の被災地と南海トラフ沿岸地域を実は数千キロに渡って歩いてみた。その結果わかったことは、一撃にして津波にやられたのはこのような「津」と呼ばれる地域である。そして、さらに気づいたことはそこには必ず「川」があり、その津を取り囲んでいるのは「浦」という地形であることだった。

『地名に隠された「南海津波」』 谷川彰英 著

仙台管区気象台より


 これを「浦・津・川」モデルと名づけてみた。津波が押し寄せる方向で考えると、まず「浦」に津波が押し寄せる。「浦」は比較的小さな江を指すが、基本的には「湾」も同義である。もちろん「湾」は大きな規模での入江をさしている。

 次に「津」だが、これはすでに述べたように、船着き場が発展して商業地として機能してるような場所である。ここを襲うのが「津波」だということになる。なぜ「津」だけが強調されるかというと、そこには多くの人々が住んで生活を送っているからである。津波はいったん押し寄せたら、土地の高低に従って偏りなく陸地に侵入するのだが、ことが大きくなるのは人が住んでいる場所である。だから場所を強調するように「津波」という呼称が発生した。

 さて、この津に関係して重要なのは「川」地名である。津には例外なく川が流れこんでいる。実は津波はこの川を遡上して周囲に被害を与えている。東日本大震災の石巻市の大川小学校の悲劇を見てもわかるように、とにかく川の周囲が危険である事は自明といってよい。
 日本列島をずっと歩いてみて作ったのがこの「浦・津・川」モデルだが、これは予想をはるかに超えて列島の地域をよく表してることに気づいた。

『地名に隠された「南海津波」 』谷川彰英 著

 発生が懸念されている南海トラフ地震が発生した場合に、この「浦・津・川」モデルに該当しているところでは、一刻も早く避難しなければなりません。

 本編では、地名には土地の歴史が刻まれていて、先人が自然災害に対してそのように苦闘してきたかが垣間見られ、先人のメッセージが込められているというものです。

 周期的に地震での災害が繰り返される場所に私たちは住んでいます。先人のメッセージに耳を傾けてみてはいかがでしょうか。



サニーサイドアウトドアスクールの防災プログラムについて

サニーサイドアウトドアスクールでは、さまざまな防災プログラムを開講しています。
日本にはさまざまな災害が発生します。弊社の防災プログラムは、「もしもの時に行動できる」を目的としています。
スキルを教えるというよりも、グループワークでの話し合い、実技を通しての学びや気づきに重点をおいています。

防災サバイバルキャンプ

初心者から対象です。
STEP1からSTEP3を行うことによって、災害の全体像、優先順位を学ぶことができます。
グループワークで話し合い、実習でスキルを実践します。
失敗は当然です。失敗から学ぶことは多くあります。
しっかりと振り返りを行い、実際の災害で行動できる人になるための防災脳を育みます。

STEP1 災害を考える・飲む・食べる
STEP2 火を扱う・備える・応急処置
STEP3 泊まる (11〜3月 休止)

  • 時間 13:00〜16:00
  • 人数 2〜12名
  • 年齢 10歳以上
  • 持ち物 汚れても構わない服装、軍手、防寒着、雨具
  • 料金 講習料 6,500円 (平日割6,000円 お正月、ゴールデンウイーク、お盆シーズンを除く)
       施設使用料 1,000円
       傷害保険料 500円

お申し込み、お問い合わせはメールで!


防災キャンプについて

団体様向けの防災プログラム 

人数 12名から60名まで

グループワーク中心になります。
実技は、年齢などにより制約があります。

会社やグループでの研修に活用できます。

出張でのプログラムも受け付けています。
プログラムの内容については、参加年齢、難易度、地域性を考慮してアレンジできますので、ご相談ください。

お申し込み、お問い合わせはメールで!

 


72時間サバイバルプログラムの紹介
4名さまからプログラムを開講します。

  • 場所:静岡県富士宮市佐折631 天子の森キャンプ場
  • 時間:13:00〜17:00(プログラムによって終了時間は変わります。)
  • 年齢:10才以上推奨(長いプログラムだと検定を入れると4時間になります。)
  • 各プログラム:ファイヤー」「ウォーター」「シェルター」「フード」「SOS」「ファーストエイド」「ナイフ」「チームビルド」
    詳しい内容はこちら!
  • 料金:1プログラム 5,000円 施設使用料1,000円 ナイフ ファイヤーなどの危険を伴うプログラムは傷害保険に加入してください。


※出張講習いたします。(別途交通費、出張費がかかります。)

詳しい内容はこちら!

お申し込み、ご質問はこちらから!


投稿者名 上野陸 投稿日時 2020年01月14日 | Permalink

時間をうまく使おう。プレ災害という考え


みなさんこんにちは、
サニーサイドアウトドアスクール校長の上野です。

今回は、災害を時間軸で見てどのように防災に活かしていくかを考えます。


災害の前に何をしておかなくてはならないかを学ぶための訓練、「プレ災害」のための訓練か、災害発生後に何をしなくてはならないかを学ぶための訓練、つまり「ポスト災害」のための訓練か、という整理です。

災害の基本的な特性の1つは「低頻度」であることです。ですから(そもそも低頻度の」災害が発生したらどう対応するかを訓練するというアプローチには、実はどこか本質的なところに無理があります。それ以上に、災害時における人間の生死は、8、9割方は「構え」、つまり「プレ災害」になすべき事柄をどこまでやれたかでほとんどが決まるという厳然たる事実があります。地震防災の一丁目一番地が耐震診断、耐震補強、家具の転倒防止と呼ばれるのはこのためです。

防災、訓練のガイド 「頭脳の防災訓練」のすすめ 高橋洋 小林隆史 著

発災を軸にして、発災以前を「プレ災害」発災後を「プレ災害」としています。

選択の幅や被害を食い止めるためには、発災以前のプレ災害の「備え」で決まってしまいます。
発災後のポスト災害では、「選択が限られる」「あるもので被害に対応せざるをえない」というのが現実です。

災害に遭う確率というのは、非常に少ないかもしれません。
しかし可能性があるものはいずれ発生します。

パラグライダーを仕事として20年以上のキャリアがあります。
スカイスポーツは一定のリスクが生じます。

フィールドに出ている時間も長く、アクシデントに遭遇する確率が高くなります。
「可能性のあるものはいずれ起こる」
これが実感です。

様々な経験を積み重ねる間に、知っていなければできないこと、道具の重要性を知りました。
「最悪を想定する」「備える」という習慣がつきました。
これが不安を解消し、自分の身を守ることにもなりました。

災害も同じです。
時間は一方通行で時間を元に戻すことはできません。
「まさかここで災害が発生するなんて」「あの時ああしておけばよかった」と思って見ても時すでに遅しです。

平穏な日常、文化的な生活はかけがえのないものです。
災害はその一撃で機能を奪います。
日本に暮らしている以上、災害はいずれどこかで発生します。

その前に「備え」、災害の一撃をかわすことは重要なことではないでしょうか。



サニーサイドアウトドアスクールの防災プログラムについて

サニーサイドアウトドアスクールでは、さまざまな防災プログラムを開講しています。
日本にはさまざまな災害が発生します。弊社の防災プログラムは、「もしもの時に行動できる」を目的としています。
スキルを教えるというよりも、グループワークでの話し合い、実技を通しての学びや気づきに重点をおいています。

防災サバイバルキャンプ

初心者から対象です。
STEP1からSTEP3を行うことによって、災害の全体像、優先順位を学ぶことができます。
グループワークで話し合い、実習でスキルを実践します。
失敗は当然です。失敗から学ぶことは多くあります。
しっかりと振り返りを行い、実際の災害で行動できる人になるための防災脳を育みます。

STEP1 災害を考える・飲む・食べる
STEP2 火を扱う・備える・応急処置
STEP3 泊まる (11〜3月 休止)

  • 時間 13:00〜16:00
  • 人数 2〜12名
  • 年齢 10歳以上
  • 持ち物 汚れても構わない服装、軍手、防寒着、雨具
  • 料金 講習料 6,500円 (平日割6,000円 お正月、ゴールデンウイーク、お盆シーズンを除く)
       施設使用料 1,000円
       傷害保険料 500円

お申し込み、お問い合わせはメールで!


防災キャンプについて

団体様向けの防災プログラム 

人数 12名から60名まで

グループワーク中心になります。
実技は、年齢などにより制約があります。

会社やグループでの研修に活用できます。

出張でのプログラムも受け付けています。
プログラムの内容については、参加年齢、難易度、地域性を考慮してアレンジできますので、ご相談ください。

お申し込み、お問い合わせはメールで!

 


72時間サバイバルプログラムの紹介
4名さまからプログラムを開講します。

  • 場所:静岡県富士宮市佐折631 天子の森キャンプ場
  • 時間:13:00〜17:00(プログラムによって終了時間は変わります。)
  • 年齢:10才以上推奨(長いプログラムだと検定を入れると4時間になります。)
  • 各プログラム:ファイヤー」「ウォーター」「シェルター」「フード」「SOS」「ファーストエイド」「ナイフ」「チームビルド」
    詳しい内容はこちら!
  • 料金:1プログラム 5,000円 施設使用料1,000円 ナイフ ファイヤーなどの危険を伴うプログラムは傷害保険に加入してください。


※出張講習いたします。(別途交通費、出張費がかかります。)

詳しい内容はこちら!

お申し込み、ご質問はこちらから!


投稿者名 上野陸 投稿日時 2020年01月13日 | Permalink

変化の時代に必要なこと


みなさんこんにちは!
サニーサイドアウトドアスクール 校長の上野です。

災害についていろいろと書いていますが、それはリスクマネジメントの視点から今の時代に必要と感じているからです。

もともと臆病ということもあるのですけれど、長年のアウトドアでの経験でリスクセンサーの感度がよくなリました。

業務として長くパラグライダーのインストラクターの経験を積む間に、リスクセンサーが鳴ると行動スイッチがすぐに入るようになりました。
経験の少ない人に対して、リスクの情報を提供し対応しなければならないからです。

リスクを前にして、すべての人が行動できるとは限らないとアウトドアや災害の経験から知りました。
約7割の人は、フリーズしてしまうのです。
経験的にも妥当な数字だと感じています。

これは正常性バイアス(今起きていることは普段と違うから間違っている)と集団同調性バイアス(隣の人が避難していないから。自分だけが逃げるのは恥ずかしい)と呼ばれる心理的な働きがあるからです。

私も昔から危機センサーや行動スイッチが働いていたのかというとそうではありません。
高校生の時から山を登り始めました。

当時は、インターネットもなく簡単に気象情報は手に入りません。
事前に天気図から山行の間の天気を予想し、NHK第二放送ラジオから流れる気象通報を天気図に書き起こしていました。
もっと重要なのは、目の前の情報である観天望気です。
雲の状態、湿度の変化を感じていれば、危機的な状況は分かります。
後のスカイスポーツを始めた時に大きなアドバンテージになりました。

今は天気図を書くことはしませんが、気象情報は天気図から見て、詳細の情報を確認します。

事前に調べ、予想し、俯瞰的にものを見て計画するという習慣が身につきました。

自分で調べ計画したことの利点は、全体を俯瞰できているため、変化に対応して計画のシナリオを創造的に書き換えることができることです。

今は情報量が爆発的に多くなりましたが、俯瞰的な視点がかけていて短期的なものに振り回されているように感じます。
何かを得れば、何かを失うということです。

防災もアウトドアの延長線上です。
自然災害では、自然と人、社会の関わりの問題で、自然と行動という意味ではアウトドアの行動原理が応用できます。

安定していた時代は終わり、変化の時代になりました。
安定していた時代は予測がつきやすく、「守ってもらえる」「安全」という意識でした。
これに慣れ過ぎてしまったのかもしれません。

変化の時代は、予測を超えてしまう事態が発生します。
「備え」や「不意の事態にも創造的に行動すること」が求められます。



サニーサイドアウトドアスクールの防災プログラムについて

サニーサイドアウトドアスクールでは、さまざまな防災プログラムを開講しています。
日本にはさまざまな災害が発生します。弊社の防災プログラムは、「もしもの時に行動できる」を目的としています。
スキルを教えるというよりも、グループワークでの話し合い、実技を通しての学びや気づきに重点をおいています。

防災サバイバルキャンプ

初心者から対象です。
STEP1からSTEP3を行うことによって、災害の全体像、優先順位を学ぶことができます。
グループワークで話し合い、実習でスキルを実践します。
失敗は当然です。失敗から学ぶことは多くあります。
しっかりと振り返りを行い、実際の災害で行動できる人になるための防災脳を育みます。

STEP1 災害を考える・飲む・食べる
STEP2 火を扱う・備える・応急処置
STEP3 泊まる (11〜3月 休止)

  • 時間 13:00〜16:00
  • 人数 2〜12名
  • 年齢 10歳以上
  • 持ち物 汚れても構わない服装、軍手、防寒着、雨具
  • 料金 講習料 6,500円 (平日割6,000円 お正月、ゴールデンウイーク、お盆シーズンを除く)
       施設使用料 1,000円
       傷害保険料 500円

お申し込み、お問い合わせはメールで!


防災キャンプについて

団体様向けの防災プログラム 

人数 12名から60名まで

グループワーク中心になります。
実技は、年齢などにより制約があります。

会社やグループでの研修に活用できます。

出張でのプログラムも受け付けています。
プログラムの内容については、参加年齢、難易度、地域性を考慮してアレンジできますので、ご相談ください。

お申し込み、お問い合わせはメールで!

 


72時間サバイバルプログラムの紹介
4名さまからプログラムを開講します。

  • 場所:静岡県富士宮市佐折631 天子の森キャンプ場
  • 時間:13:00〜17:00(プログラムによって終了時間は変わります。)
  • 年齢:10才以上推奨(長いプログラムだと検定を入れると4時間になります。)
  • 各プログラム:ファイヤー」「ウォーター」「シェルター」「フード」「SOS」「ファーストエイド」「ナイフ」「チームビルド」
    詳しい内容はこちら!
  • 料金:1プログラム 5,000円 施設使用料1,000円 ナイフ ファイヤーなどの危険を伴うプログラムは傷害保険に加入してください。


※出張講習いたします。(別途交通費、出張費がかかります。)

詳しい内容はこちら!

お申し込み、ご質問はこちらから!


投稿者名 上野陸 投稿日時 2020年01月09日 | Permalink

安全はつくり出すもの



「安全はつくり出すもの」

ハンググライダーで教わったことです。
スカイスポーツは、一定の危険が存在しています。

いかにその危険を最小にし、回避するのかが技術の一つです。
安全管理という考えを身につけることができました。

「日本は安全である」と言われてきました。

しかし日本では周期的に起こる首都直下型地震や南海トラフ地震などの巨大地震の発生が懸念されています。

気候変動による日本付近の海水温の上昇に伴って毎年やってくる台風や豪雨の被害など、災害発生のリスクが高まっている時代です。


想定外の雨量で治水、インフラ整備が追いついていません。

「与えられていた安全では守られない」ことが発生しています。

災害が発生するのは確率的に低いものです。
しかしその一撃の影響は計り知れません。

「まさかここで災害が発生するとは思わなかった」
「あの時ああしていればよかった」

時間を後戻しをすることはできません。
「安全はつくり出すもの」として備えてみませんか。



サニーサイドアウトドアスクールの防災プログラムについて

サニーサイドアウトドアスクールでは、さまざまな防災プログラムを開講しています。
日本にはさまざまな災害が発生します。弊社の防災プログラムは、「もしもの時に行動できる」を目的としています。
スキルを教えるというよりも、グループワークでの話し合い、実技を通しての学びや気づきに重点をおいています。

防災サバイバルキャンプ

初心者から対象です。
STEP1からSTEP3を行うことによって、災害の全体像、優先順位を学ぶことができます。
グループワークで話し合い、実習でスキルを実践します。
失敗は当然です。失敗から学ぶことは多くあります。
しっかりと振り返りを行い、実際の災害で行動できる人になるための防災脳を育みます。

STEP1 災害を考える・飲む・食べる
STEP2 火を扱う・備える・応急処置
STEP3 泊まる (11〜3月 休止)

  • 時間 13:00〜16:00
  • 人数 2〜12名
  • 年齢 10歳以上
  • 持ち物 汚れても構わない服装、軍手、防寒着、雨具
  • 料金 講習料 6,500円 (平日割6,000円 お正月、ゴールデンウイーク、お盆シーズンを除く)
       施設使用料 1,000円
       傷害保険料 500円

お申し込み、お問い合わせはメールで!


防災キャンプについて

団体様向けの防災プログラム 

人数 12名から60名まで

グループワーク中心になります。
実技は、年齢などにより制約があります。

会社やグループでの研修に活用できます。

出張でのプログラムも受け付けています。
プログラムの内容については、参加年齢、難易度、地域性を考慮してアレンジできますので、ご相談ください。

お申し込み、お問い合わせはメールで!

 


72時間サバイバルプログラムの紹介
4名さまからプログラムを開講します。

  • 場所:静岡県富士宮市佐折631 天子の森キャンプ場
  • 時間:13:00〜17:00(プログラムによって終了時間は変わります。)
  • 年齢:10才以上推奨(長いプログラムだと検定を入れると4時間になります。)
  • 各プログラム:ファイヤー」「ウォーター」「シェルター」「フード」「SOS」「ファーストエイド」「ナイフ」「チームビルド」
    詳しい内容はこちら!
  • 料金:1プログラム 5,000円 施設使用料1,000円 ナイフ ファイヤーなどの危険を伴うプログラムは傷害保険に加入してください。


※出張講習いたします。(別途交通費、出張費がかかります。)

詳しい内容はこちら!

お申し込み、ご質問はこちらから!


投稿者名 上野陸 投稿日時 2020年01月08日 | Permalink

新年のごあいさつ


新年あけまして新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

年始は富士山の雄大な姿が見えパラグライダーの方は幸先の良いスタートがきれました。

防災は、昨年末から過去に学ぶというテーマで取り組んでいます。

日本は災害大国です。

日本は4つのプレートに囲まれてできているので、身近に山や川など風光明美な地形である一方、周期的に地震にみまわれています。

また水に恵まれて、四方を海で囲まれ海の幸を楽しめる一方、中緯度に位置し台風や豪雨にさらされます。
気候変動の影響で、日本付近の海水温の上昇で毎年台風や豪雨の被害が出ています。
それに加え、地盤沈下によるゼロメートル地帯や低地の増加、海面の上昇により、水害のリスクが高まっています。

今年は、より災害に有効な手段として、擬似体験、対応、備えをワンセットで学ぶ防災プログラムを作り提供します。

自然災害は起きてしまうものですが、その影響を大きくしてしまうのも小さくとどめるのも、社会や人の問題です。

自然災害から人災にならぬようにするためには、「知る」「備える」ことを広めることだと思っています。



サニーサイドアウトドアスクールの防災プログラムについて

サニーサイドアウトドアスクールでは、さまざまな防災プログラムを開講しています。
日本にはさまざまな災害が発生します。弊社の防災プログラムは、「もしもの時に行動できる」を目的としています。
スキルを教えるというよりも、グループワークでの話し合い、実技を通しての学びや気づきに重点をおいています。

防災サバイバルキャンプ

初心者から対象です。
STEP1からSTEP3を行うことによって、災害の全体像、優先順位を学ぶことができます。
グループワークで話し合い、実習でスキルを実践します。
失敗は当然です。失敗から学ぶことは多くあります。
しっかりと振り返りを行い、実際の災害で行動できる人になるための防災脳を育みます。

STEP1 災害を考える・飲む・食べる
STEP2 火を扱う・備える・応急処置
STEP3 泊まる (11〜3月 休止)

  • 時間 13:00〜16:00
  • 人数 2〜12名
  • 年齢 10歳以上
  • 持ち物 汚れても構わない服装、軍手、防寒着、雨具
  • 料金 講習料 6,500円 (平日割6,000円 お正月、ゴールデンウイーク、お盆シーズンを除く)
       施設使用料 1,000円
       傷害保険料 500円

お申し込み、お問い合わせはメールで!


防災キャンプについて

団体様向けの防災プログラム 

人数 12名から60名まで

グループワーク中心になります。
実技は、年齢などにより制約があります。

会社やグループでの研修に活用できます。

出張でのプログラムも受け付けています。
プログラムの内容については、参加年齢、難易度、地域性を考慮してアレンジできますので、ご相談ください。

お申し込み、お問い合わせはメールで!

 


72時間サバイバルプログラムの紹介
4名さまからプログラムを開講します。

  • 場所:静岡県富士宮市佐折631 天子の森キャンプ場
  • 時間:13:00〜17:00(プログラムによって終了時間は変わります。)
  • 年齢:10才以上推奨(長いプログラムだと検定を入れると4時間になります。)
  • 各プログラム:ファイヤー」「ウォーター」「シェルター」「フード」「SOS」「ファーストエイド」「ナイフ」「チームビルド」
    詳しい内容はこちら!
  • 料金:1プログラム 5,000円 施設使用料1,000円 ナイフ ファイヤーなどの危険を伴うプログラムは傷害保険に加入してください。


※出張講習いたします。(別途交通費、出張費がかかります。)

詳しい内容はこちら!

お申し込み、ご質問はこちらから!


投稿者名 上野陸 投稿日時 2020年01月07日 | Permalink