楽天主義と楽観主義


みなさんこんにちは!
サニーサイドアウトドアスクール 校長の上野です。

今日は楽天主義と楽観主義について考えます。


「アドラー心理学入門」岸見一郎 著 から

 二匹の蛙の話があります。二匹の蛙がミルクの入った壺のふちのところで飛び跳ねていました。
突然、ミルク壺に落ちてしまいました。1匹のカエルは、ああもう駄目だ、と叫んで諦めてしまいました。そしてガーガー泣いて何もしないでじっとしてるうちに結局溺れて死んでしまいました
 もう一回の蛙も同じように落ちたのですが、しかし何とかしようと思ってもがいて足を蹴って一生懸命泳ぎました。すると足の下が固まりました。ミルクがチーズになったのです。それでぴょんとその上に乗って外に飛び出しました。

 楽天主義は、何が起こっても大丈夫、何が起こっても悪い事は起こらない、失敗するはずは無い、と思うことです。大丈夫だと思って何もしません(『個人心理主義講義』130〜1頁)そうではなくて、楽観主義は現実を見据えるのですだめです。現実をありのままに見て、そこから出発します。

 アドラーは、人があらゆる状況で楽天的であれば、そのような人は間違いなく悲観主義者だと言っています(『子供の教育』241頁)。敗北に直面しても驚いたようには見えません。すべてはあらかじめ決まっている、と感じ、楽天家であるように自分を見せているだけなのです。

 防災はやらなければならないことは分かっていても、実際に行動する人は多くはないのが現実です。

 自分にとって都合の悪い情報を無視したり、過小評価したりしてしまう心理的な働きのことを正常性バイアスといいます。

「自分だけは大丈夫」
「今回は大丈夫」
「忙しくていつ来るかわからない災害の準備をする時間なんてない」
「まさかここでこんなことが起こるとは」

 まさにアドラーのいう楽天主義です。


一方、楽観主義では、災害はいずれ来るものというところから出発し、知識や備えをして行動するものです。
たった一文字の違いです。
あなたならどのように考えますか。


 

 

 


サニーサイドアウトドアスクールの防災プログラムについて

サニーサイドアウトドアスクールでは、さまざまな防災プログラムを開講しています。
日本にはさまざまな災害が発生します。弊社の防災プログラムは、「もしもの時に行動できる」を目的としています。
スキルを教えるというよりも、グループワークでの話し合い、実技を通しての学びや気づきに重点をおいています。

防災サバイバルキャンプ

初心者から対象です。
STEP1からSTEP3を行うことによって、災害の全体像、優先順位を学ぶことができます。
グループワークで話し合い、実習でスキルを実践します。
失敗は当然です。失敗から学ぶことは多くあります。
しっかりと振り返りを行い、実際の災害で行動できる人になるための防災脳を育みます。

STEP1 災害を考える・飲む・食べる
STEP2 火を扱う・備える・応急処置
STEP3 泊まる (11〜3月 休止)

  • 時間 13:00〜16:00
  • 人数 2〜12名
  • 年齢 10歳以上
  • 持ち物 汚れても構わない服装、軍手、防寒着、雨具
  • 料金 講習料 6,500円 (平日割6,000円 お正月、ゴールデンウイーク、お盆シーズンを除く)
       施設使用料 1,000円
       傷害保険料 500円

お申し込み、お問い合わせはメールで!


防災キャンプについて

団体様向けの防災プログラム 

人数 12名から60名まで

グループワーク中心になります。
実技は、年齢などにより制約があります。

会社やグループでの研修に活用できます。

出張でのプログラムも受け付けています。
プログラムの内容については、参加年齢、難易度、地域性を考慮してアレンジできますので、ご相談ください。

お申し込み、お問い合わせはメールで!

 


72時間サバイバルプログラムの紹介
4名さまからプログラムを開講します。

  • 場所:静岡県富士宮市佐折631 天子の森キャンプ場
  • 時間:13:00〜17:00(プログラムによって終了時間は変わります。)
  • 年齢:10才以上推奨(長いプログラムだと検定を入れると4時間になります。)
  • 各プログラム:ファイヤー」「ウォーター」「シェルター」「フード」「SOS」「ファーストエイド」「ナイフ」「チームビルド」
    詳しい内容はこちら!
  • 料金:1プログラム 5,000円 施設使用料1,000円 ナイフ ファイヤーなどの危険を伴うプログラムは傷害保険に加入してください。


※出張講習いたします。(別途交通費、出張費がかかります。)

詳しい内容はこちら!

お申し込み、ご質問はこちらから!


投稿者名 上野陸 投稿日時 2020年01月20日 | Permalink

建物、家具の倒壊から身を守る 

「阪神・淡路大震災に学ぶ」国土交通省 近畿地方整備局HP より


25年前の阪神・淡路大震災で、一番多い死因が「窒息・圧死」です。
77%を占めています。

今回は、家の倒壊、家具の倒壊を考えます。

阪神・淡路大震災の発生時刻が早朝の5時46分という多くの方が就寝中の時間帯だったということもあります。
亡くなった方の多くが、耐震基準を満たしていない古い建物の全壊であったことが分かっています。

木造住宅で一階部分がつぶれてしまう層破壊という状態です。

「耐震性を有していない住宅は約 1,300 万戸、全体の約3割(全国) 」(「住宅等の耐震化の推進について」内閣府HP 防災のページ より)

これは高額な費用がかかるため、すぐには解決しない問題です。


では、できることはないのでしょうか。

すぐにできることは、家具のレイアウトの変更や家具の転倒防止です。

寝室でベットやふとんに寝てみて、地震が発生した場合に家具が倒れてくる位置にはありませんか。
落下物の落下点にいませんか。
家具が倒れて入り口が塞がれることはありませんか。

東日本大震災で震度6弱を経験しましたが、部屋の目線の高さのものは全て倒れて落下していました。
寝ていたらと思うとゾッとしました。

これの解決策は家具の固定です。
金具での固定が一番確実ですが、ツッパリ棒や転倒防止グッツも販売されています。


家具の固定


最後に救出に関してです。

震度7クラスの地震が発生すると、多くの場所で同じような倒壊の被害がでます。
窒息、圧迫は、一刻も早く救出することが必要です。
そのあとに通電火災が発生するかもしれません。

しかし多くのところで被害が出ると、消防の救助は足りなくなります。


「平成26年版 防災白書|図表2 阪神・淡路大震災における生き埋めや閉じ込められた際の救助主体等 」より


図のように実際には、自力での脱出や周りの人からの助けが必要になります。

『地震後の調査や検証で市民による救助や消化の数々が明らかになった。ある調査では、地震後、生き埋めなど助けが必要だった人は3万5,000人、そのうち市民の手によって助け出された人は2万7,000人もいた。そうした事実から、非常時の「戦力不足」は市民も総動員しないと大災害は乗り切れないという大きなメッセージが、そこにはコメられている。』(防災の決め手「災害エスノグラフィー」阪神・淡路大震災秘められた証言 より)



写真のように、バール、鉄パイプ、角材など折れたり、曲がったりしない棒を使って、「テコの原理」を使って重いものを持ち上げることができます。

この場合、支点の高さ、持ち上げたものを固定するかませ木が、二次災害を防止するために必要です。

このように、ある道具で工夫し、協力し共助することができます。

それでは、この機会に見直してみましょう。



サニーサイドアウトドアスクールの防災プログラムについて

サニーサイドアウトドアスクールでは、さまざまな防災プログラムを開講しています。
日本にはさまざまな災害が発生します。弊社の防災プログラムは、「もしもの時に行動できる」を目的としています。
スキルを教えるというよりも、グループワークでの話し合い、実技を通しての学びや気づきに重点をおいています。

防災サバイバルキャンプ

初心者から対象です。
STEP1からSTEP3を行うことによって、災害の全体像、優先順位を学ぶことができます。
グループワークで話し合い、実習でスキルを実践します。
失敗は当然です。失敗から学ぶことは多くあります。
しっかりと振り返りを行い、実際の災害で行動できる人になるための防災脳を育みます。

STEP1 災害を考える・飲む・食べる
STEP2 火を扱う・備える・応急処置
STEP3 泊まる (11〜3月 休止)

  • 時間 13:00〜16:00
  • 人数 2〜12名
  • 年齢 10歳以上
  • 持ち物 汚れても構わない服装、軍手、防寒着、雨具
  • 料金 講習料 6,500円 (平日割6,000円 お正月、ゴールデンウイーク、お盆シーズンを除く)
       施設使用料 1,000円
       傷害保険料 500円

お申し込み、お問い合わせはメールで!


防災キャンプについて

団体様向けの防災プログラム 

人数 12名から60名まで

グループワーク中心になります。
実技は、年齢などにより制約があります。

会社やグループでの研修に活用できます。

出張でのプログラムも受け付けています。
プログラムの内容については、参加年齢、難易度、地域性を考慮してアレンジできますので、ご相談ください。

お申し込み、お問い合わせはメールで!

 


72時間サバイバルプログラムの紹介
4名さまからプログラムを開講します。

  • 場所:静岡県富士宮市佐折631 天子の森キャンプ場
  • 時間:13:00〜17:00(プログラムによって終了時間は変わります。)
  • 年齢:10才以上推奨(長いプログラムだと検定を入れると4時間になります。)
  • 各プログラム:ファイヤー」「ウォーター」「シェルター」「フード」「SOS」「ファーストエイド」「ナイフ」「チームビルド」
    詳しい内容はこちら!
  • 料金:1プログラム 5,000円 施設使用料1,000円 ナイフ ファイヤーなどの危険を伴うプログラムは傷害保険に加入してください。


※出張講習いたします。(別途交通費、出張費がかかります。)

詳しい内容はこちら!

お申し込み、ご質問はこちらから!


投稿者名 上野陸 投稿日時 2020年01月18日 | Permalink

地震火災を防ぐー阪神・淡路大震災から学ぶ

今日は阪神淡路大震災から25年にあたります。

25年前から日本では地震活動期が始まりました。


「日本の国土の面積は、世界の陸地の400分の1しかありませんが、世界で発生する地震の10分の1が日本で起きています。「地震国日本」で生きていくには、地震に遭う覚悟はしておかなければなりません。」

12歳からの被災者学 阪神・淡路大震災に学ぶ78の知恵 NHK出版

4つプレートに囲まれたの日本は、周期的に地震にみまわれます。

戦後長く安定していた時期が続きましたが、25年前の阪神淡路大震災から地震活動期に入ったといわれています。

過去にも大きな被害をもたらした首都圏直下型地震、南海トラフ地震は、喫緊の課題です。


阪神淡路大震災で起こった地震火災を、防災に役立てるように振り返ります。

都市型の震災で怖いのは同時多発火災です。

兵庫県で251件の火災が発生しました。

こうなると消防のポンプ車の数が足りなくなります。

それに加え、道路の渋滞、断水による消火栓から水が出ないなど消化の妨げになる事態が発生します。

火災の原因となるものの予防、初期消化が火災の拡大を防ぐポイントになります。


神戸市HP 通電火災とは より


阪神淡路大震災で神戸市が特定できた火災原因の1位が、通電火災です。

「なぜ火災が発生するのかというと、電気ストーブや観賞魚用ヒーター、オーブントースター等の電熱器具を使用中に地震が起こると、揺れの影響で可燃物がヒーター部分に接触した状況になることがあり、停電から復旧した際に、それらの器具が再度通電することによって、可燃物が過熱されて出火に至るのです。」
神戸市HP 「通電火災ってご存知?」より

この通電火災を防ぐには、「ブレーカーを落とす」です。

不在の時には「感震ブレーカー」というものがあります。



火を消すチャンスは三度ある
まず、「地震の揺れを感じたとき」です。大きくゆれているときは、自分の身の安全を考えなければなりませんが、大きく揺れる前、「地震だ」と感じたときが第一のチャンスです。
次は、「揺れがおさまったとき」です。安心してはいけません、もっと大きな揺れが次にくるかもしれないのです。もし、消していない火があれば、すぐ消すことです。

そして、第3のチャンスは「火事になったとき」です。
火事になってからでは遅いと思わないでください。最初から大きな火事なんてないのです。火事になりたてのときなら、火は小さいので、あわてなければ誰にでも消せるのです。消化に夢中になって逃げ遅れてが困りますが、一応の目安としては、天井が燃え出すほどの勢いになるまでは、家庭や学校による消化器で消せます。

12歳からの被災者学 阪神・淡路大震災に学ぶ78の知恵 NHK出版

火元を出さないことと初期消化の重要性です。

1923年の関東大震災では、約10万5千人の死者のうち9割が火災で亡くなっています。

望む、望まないにかかわらず、大きな災害では地域が運命共同体となります。

自分のため、人のためにも、災害の知識、備えが必要ではないでしょうか。



サニーサイドアウトドアスクールの防災プログラムについて

サニーサイドアウトドアスクールでは、さまざまな防災プログラムを開講しています。
日本にはさまざまな災害が発生します。弊社の防災プログラムは、「もしもの時に行動できる」を目的としています。
スキルを教えるというよりも、グループワークでの話し合い、実技を通しての学びや気づきに重点をおいています。

防災サバイバルキャンプ

初心者から対象です。
STEP1からSTEP3を行うことによって、災害の全体像、優先順位を学ぶことができます。
グループワークで話し合い、実習でスキルを実践します。
失敗は当然です。失敗から学ぶことは多くあります。
しっかりと振り返りを行い、実際の災害で行動できる人になるための防災脳を育みます。

STEP1 災害を考える・飲む・食べる
STEP2 火を扱う・備える・応急処置
STEP3 泊まる (11〜3月 休止)

  • 時間 13:00〜16:00
  • 人数 2〜12名
  • 年齢 10歳以上
  • 持ち物 汚れても構わない服装、軍手、防寒着、雨具
  • 料金 講習料 6,500円 (平日割6,000円 お正月、ゴールデンウイーク、お盆シーズンを除く)
       施設使用料 1,000円
       傷害保険料 500円

お申し込み、お問い合わせはメールで!


防災キャンプについて

団体様向けの防災プログラム 

人数 12名から60名まで

グループワーク中心になります。
実技は、年齢などにより制約があります。

会社やグループでの研修に活用できます。

出張でのプログラムも受け付けています。
プログラムの内容については、参加年齢、難易度、地域性を考慮してアレンジできますので、ご相談ください。

お申し込み、お問い合わせはメールで!

 


72時間サバイバルプログラムの紹介
4名さまからプログラムを開講します。

  • 場所:静岡県富士宮市佐折631 天子の森キャンプ場
  • 時間:13:00〜17:00(プログラムによって終了時間は変わります。)
  • 年齢:10才以上推奨(長いプログラムだと検定を入れると4時間になります。)
  • 各プログラム:ファイヤー」「ウォーター」「シェルター」「フード」「SOS」「ファーストエイド」「ナイフ」「チームビルド」
    詳しい内容はこちら!
  • 料金:1プログラム 5,000円 施設使用料1,000円 ナイフ ファイヤーなどの危険を伴うプログラムは傷害保険に加入してください。


※出張講習いたします。(別途交通費、出張費がかかります。)

詳しい内容はこちら!

お申し込み、ご質問はこちらから!


投稿者名 上野陸 投稿日時 2020年01月17日 | Permalink

津波に注意「浦・津・川」モデル

「浦・津・川」モデル
『地名に隠された「南海津波」』 谷川彰英 著


みなさんこんにちは、
サニーサイドアウトドアスクール校長の上野です。

今回は沿岸地域に住んでいる人に知っておいてもらいたいことです。

特に津波浸水想定地域あるいはその近くの方です。
(※ハザードマップポータルサイトで調べることができます。)

『地名に隠された「南海津波」』 谷川彰英 著の「浦・津・川」モデルは、津波で被害が大きくなる地域をモデル化したものです。
また日本の沿岸にありがちな地域です。

通常、水は川から海の方へというように、高いところから低いところへ流れます。
しかし津波は、逆に海から湾、そして湾の奥から川へと逆流し人々の住んでいるところを襲い、海へと押し戻していきます。


 〜私は「地名」から津波の本質に迫れないかと考え続けた。その結果、ふと結論めいたものが頭に浮かんだ。

 それは「津波」という文字そのものだった。「津波」というくらいだから、「津」に押し寄せる「波」のことである。では「津」とは何か、どういうところに位置しているものなのか、を考えれば「津波」は分かってくると考えたのである。

 「津」とはもっと素朴なものだ。「津」を漢和辞典でみると「水のうるおすところ。浅瀬の船着場。渡し場」(『漢和辞典』)とある。また国語辞典にはさらに「特に、船着場や渡し場に対して、物資が集散し、集落が形成されたところ。港町」(『大辞林』)とある。

 この半年あまり、東北地方の被災地と南海トラフ沿岸地域を実は数千キロに渡って歩いてみた。その結果わかったことは、一撃にして津波にやられたのはこのような「津」と呼ばれる地域である。そして、さらに気づいたことはそこには必ず「川」があり、その津を取り囲んでいるのは「浦」という地形であることだった。

『地名に隠された「南海津波」』 谷川彰英 著

仙台管区気象台より


 これを「浦・津・川」モデルと名づけてみた。津波が押し寄せる方向で考えると、まず「浦」に津波が押し寄せる。「浦」は比較的小さな江を指すが、基本的には「湾」も同義である。もちろん「湾」は大きな規模での入江をさしている。

 次に「津」だが、これはすでに述べたように、船着き場が発展して商業地として機能してるような場所である。ここを襲うのが「津波」だということになる。なぜ「津」だけが強調されるかというと、そこには多くの人々が住んで生活を送っているからである。津波はいったん押し寄せたら、土地の高低に従って偏りなく陸地に侵入するのだが、ことが大きくなるのは人が住んでいる場所である。だから場所を強調するように「津波」という呼称が発生した。

 さて、この津に関係して重要なのは「川」地名である。津には例外なく川が流れこんでいる。実は津波はこの川を遡上して周囲に被害を与えている。東日本大震災の石巻市の大川小学校の悲劇を見てもわかるように、とにかく川の周囲が危険である事は自明といってよい。
 日本列島をずっと歩いてみて作ったのがこの「浦・津・川」モデルだが、これは予想をはるかに超えて列島の地域をよく表してることに気づいた。

『地名に隠された「南海津波」 』谷川彰英 著

 発生が懸念されている南海トラフ地震が発生した場合に、この「浦・津・川」モデルに該当しているところでは、一刻も早く避難しなければなりません。

 本編では、地名には土地の歴史が刻まれていて、先人が自然災害に対してそのように苦闘してきたかが垣間見られ、先人のメッセージが込められているというものです。

 周期的に地震での災害が繰り返される場所に私たちは住んでいます。先人のメッセージに耳を傾けてみてはいかがでしょうか。



サニーサイドアウトドアスクールの防災プログラムについて

サニーサイドアウトドアスクールでは、さまざまな防災プログラムを開講しています。
日本にはさまざまな災害が発生します。弊社の防災プログラムは、「もしもの時に行動できる」を目的としています。
スキルを教えるというよりも、グループワークでの話し合い、実技を通しての学びや気づきに重点をおいています。

防災サバイバルキャンプ

初心者から対象です。
STEP1からSTEP3を行うことによって、災害の全体像、優先順位を学ぶことができます。
グループワークで話し合い、実習でスキルを実践します。
失敗は当然です。失敗から学ぶことは多くあります。
しっかりと振り返りを行い、実際の災害で行動できる人になるための防災脳を育みます。

STEP1 災害を考える・飲む・食べる
STEP2 火を扱う・備える・応急処置
STEP3 泊まる (11〜3月 休止)

  • 時間 13:00〜16:00
  • 人数 2〜12名
  • 年齢 10歳以上
  • 持ち物 汚れても構わない服装、軍手、防寒着、雨具
  • 料金 講習料 6,500円 (平日割6,000円 お正月、ゴールデンウイーク、お盆シーズンを除く)
       施設使用料 1,000円
       傷害保険料 500円

お申し込み、お問い合わせはメールで!


防災キャンプについて

団体様向けの防災プログラム 

人数 12名から60名まで

グループワーク中心になります。
実技は、年齢などにより制約があります。

会社やグループでの研修に活用できます。

出張でのプログラムも受け付けています。
プログラムの内容については、参加年齢、難易度、地域性を考慮してアレンジできますので、ご相談ください。

お申し込み、お問い合わせはメールで!

 


72時間サバイバルプログラムの紹介
4名さまからプログラムを開講します。

  • 場所:静岡県富士宮市佐折631 天子の森キャンプ場
  • 時間:13:00〜17:00(プログラムによって終了時間は変わります。)
  • 年齢:10才以上推奨(長いプログラムだと検定を入れると4時間になります。)
  • 各プログラム:ファイヤー」「ウォーター」「シェルター」「フード」「SOS」「ファーストエイド」「ナイフ」「チームビルド」
    詳しい内容はこちら!
  • 料金:1プログラム 5,000円 施設使用料1,000円 ナイフ ファイヤーなどの危険を伴うプログラムは傷害保険に加入してください。


※出張講習いたします。(別途交通費、出張費がかかります。)

詳しい内容はこちら!

お申し込み、ご質問はこちらから!


投稿者名 上野陸 投稿日時 2020年01月14日 | Permalink

時間をうまく使おう。プレ災害という考え


みなさんこんにちは、
サニーサイドアウトドアスクール校長の上野です。

今回は、災害を時間軸で見てどのように防災に活かしていくかを考えます。


災害の前に何をしておかなくてはならないかを学ぶための訓練、「プレ災害」のための訓練か、災害発生後に何をしなくてはならないかを学ぶための訓練、つまり「ポスト災害」のための訓練か、という整理です。

災害の基本的な特性の1つは「低頻度」であることです。ですから(そもそも低頻度の」災害が発生したらどう対応するかを訓練するというアプローチには、実はどこか本質的なところに無理があります。それ以上に、災害時における人間の生死は、8、9割方は「構え」、つまり「プレ災害」になすべき事柄をどこまでやれたかでほとんどが決まるという厳然たる事実があります。地震防災の一丁目一番地が耐震診断、耐震補強、家具の転倒防止と呼ばれるのはこのためです。

防災、訓練のガイド 「頭脳の防災訓練」のすすめ 高橋洋 小林隆史 著

発災を軸にして、発災以前を「プレ災害」発災後を「プレ災害」としています。

選択の幅や被害を食い止めるためには、発災以前のプレ災害の「備え」で決まってしまいます。
発災後のポスト災害では、「選択が限られる」「あるもので被害に対応せざるをえない」というのが現実です。

災害に遭う確率というのは、非常に少ないかもしれません。
しかし可能性があるものはいずれ発生します。

パラグライダーを仕事として20年以上のキャリアがあります。
スカイスポーツは一定のリスクが生じます。

フィールドに出ている時間も長く、アクシデントに遭遇する確率が高くなります。
「可能性のあるものはいずれ起こる」
これが実感です。

様々な経験を積み重ねる間に、知っていなければできないこと、道具の重要性を知りました。
「最悪を想定する」「備える」という習慣がつきました。
これが不安を解消し、自分の身を守ることにもなりました。

災害も同じです。
時間は一方通行で時間を元に戻すことはできません。
「まさかここで災害が発生するなんて」「あの時ああしておけばよかった」と思って見ても時すでに遅しです。

平穏な日常、文化的な生活はかけがえのないものです。
災害はその一撃で機能を奪います。
日本に暮らしている以上、災害はいずれどこかで発生します。

その前に「備え」、災害の一撃をかわすことは重要なことではないでしょうか。



サニーサイドアウトドアスクールの防災プログラムについて

サニーサイドアウトドアスクールでは、さまざまな防災プログラムを開講しています。
日本にはさまざまな災害が発生します。弊社の防災プログラムは、「もしもの時に行動できる」を目的としています。
スキルを教えるというよりも、グループワークでの話し合い、実技を通しての学びや気づきに重点をおいています。

防災サバイバルキャンプ

初心者から対象です。
STEP1からSTEP3を行うことによって、災害の全体像、優先順位を学ぶことができます。
グループワークで話し合い、実習でスキルを実践します。
失敗は当然です。失敗から学ぶことは多くあります。
しっかりと振り返りを行い、実際の災害で行動できる人になるための防災脳を育みます。

STEP1 災害を考える・飲む・食べる
STEP2 火を扱う・備える・応急処置
STEP3 泊まる (11〜3月 休止)

  • 時間 13:00〜16:00
  • 人数 2〜12名
  • 年齢 10歳以上
  • 持ち物 汚れても構わない服装、軍手、防寒着、雨具
  • 料金 講習料 6,500円 (平日割6,000円 お正月、ゴールデンウイーク、お盆シーズンを除く)
       施設使用料 1,000円
       傷害保険料 500円

お申し込み、お問い合わせはメールで!


防災キャンプについて

団体様向けの防災プログラム 

人数 12名から60名まで

グループワーク中心になります。
実技は、年齢などにより制約があります。

会社やグループでの研修に活用できます。

出張でのプログラムも受け付けています。
プログラムの内容については、参加年齢、難易度、地域性を考慮してアレンジできますので、ご相談ください。

お申し込み、お問い合わせはメールで!

 


72時間サバイバルプログラムの紹介
4名さまからプログラムを開講します。

  • 場所:静岡県富士宮市佐折631 天子の森キャンプ場
  • 時間:13:00〜17:00(プログラムによって終了時間は変わります。)
  • 年齢:10才以上推奨(長いプログラムだと検定を入れると4時間になります。)
  • 各プログラム:ファイヤー」「ウォーター」「シェルター」「フード」「SOS」「ファーストエイド」「ナイフ」「チームビルド」
    詳しい内容はこちら!
  • 料金:1プログラム 5,000円 施設使用料1,000円 ナイフ ファイヤーなどの危険を伴うプログラムは傷害保険に加入してください。


※出張講習いたします。(別途交通費、出張費がかかります。)

詳しい内容はこちら!

お申し込み、ご質問はこちらから!


投稿者名 上野陸 投稿日時 2020年01月13日 | Permalink