【災害に役立つ】実践キャンプ 始めます!


地震、巨大化する台風などいつどこで災害に遭遇するか分からない時代になりました。
その後の停電や断水、食料や生活物資の物流の寸断がおこります。
行政やインフラの想定を超える災害が起こってしまっています。

私たちは助けが来るまで間、自力で持ちこたえなければなりません。
これを自助といいます。
広範囲の災害でなれば三日で復旧や助けがきます。

実際に東日本大震災、北海道胆振東部地震でライフライン被災を経験しています。

その時に役にたったのが、キャンプの装備や知識、備蓄している保存できる食料、パラグライダーで行っているリスク管理の知識でした。

今回その経験と知識をまとめて、プログラム化しました。

災害の備えといっても準備ができないものです。それは人は未知のネガティブなものには備えることができないという心理的な働きがあるためです。

私も災害のために準備をしていたわけではありません。いつものキャンプやパラグライダーの遊びを応用しただけです。
義務で行っても、ストレスのかかる災害時に確実に行えるかは分かりません。
遊びは、繰り返し行っても飽きないです。
やはり最強の学習方法です。

【災害に役立つ】実践キャンプで行うことです。
テントの張る場所や張り方を実践します。

パラグライダーのレスキューでビバーク(緊急な野営)しなければならないことを想定して、軽量で簡単な調理器具を研究した結果です。
固形燃料を使った炊飯、調理を実践します。

焚き火で、火のつけ方、火の管理を実践します。

災害に遭うと、心理的な働きのため合理的な行動がとれないことが分かっています。
災害への備えのコツ、災害に遭った時の心理的状況をセミナー方式でお伝えします。

スケジュール 
一泊二日(16:00スタート、翌日朝8:30解散)
¥7,500
テント、シュラフ、シュラフシーツ、
炊事道具、
食料、(お米、缶詰(カレー各種)、副食、即席麺、乾燥パスタ)

含まれていないもの
キャンプ場使用料、保険料、雨具、まくら

期間: 10月31まで(キャンプ場が終了するため)

年内のプログラム開始をめざして、準備にご尽力くださった関係者のみなさま、誠にありがとうございました。

一ヶ月もありませんが、みなさまのご参加お待ちしています。

詳細、お申し込みはこちらから


投稿者名 上野陸 投稿日時 2018年10月05日 | Permalink

台風25号の備え



台風25号が今週末に接近する予報になってきました。
台風21号、台風24号のダメージが回復していないタイミングなのでこのままではヤバそうです。

川の近くでは、洪水、山の近くでは、土砂災害に警戒しましょう。
逃げ足は早くです。
避難ルートは予め計画しておきましょう。

夜中の移動はリスクが高いので注意が必要です。


備えは三日分が目安


大規模な災害でなければ、三日あれば他の地域から助けがきます。

備えのコツは普段でも使えるものを併用することです。
使い方を思い出す必要がありませんので。


水の確保
体に必要な水 一人 一日2~3L(運動、体重によって変わる) × 三日分
生活用水 湯船に水を貯める
ペットボトルを冷凍しておいて保冷剤代わりに使う。
停電時に冷蔵庫にいれることもできる。

食料(三日分が目安)
エナジーバー(行動食につかえます)
ナッツ類(行動食につかえます。塩分なしはのどが乾きにくい。塩分ありはおつまみにも。)
乾燥麺類(お好みの即席ラーメン、パスタ)
お米
レトルト食品
缶詰
根菜類(じゃがいも、たまねぎ、にんじん)

調理できる器具、燃料
アウトドアで使っているものがあれば持ち運びができて便利。
ガスストーブ、ガソリンストーブ。
カセットコンロ。
百均の固形燃料は使えます。

電気
電池(充電式に順次変えています)
モバイルバッテリー
ラジオ(スマホ、携帯は、基地局のバッテリーが切れたらおしまいです。)
懐中電灯。ヘッドランプがベストです。両手が空くので便利です。

ガソリン
停電になるとスタンドの給油ポンプが動きません。自家発電があるところだけ営業できます。
普段からタンクの半分以上入れておく習慣を身につけておきます。
(ラジオやスマホの充電くらいはできます)
停電後、信号が消えている時の移動は事故に注意です。

なければあきらめることも大切
別の方法を考えましょう。
よほど大規模でないかぎり、三日もしのげば助けがきます。

人類の有効なサバイバル戦略の一つは、『逃げ足の早さ』です。
『悲観的に備えて、楽観的に対処』です。

サニーサイドパラグライダーのページはこちら


投稿者名 上野陸 投稿日時 2018年10月03日 | Permalink

通常営業始めました

北海道地震で被害に遭われたみなさま、お見舞い申し上げます。
1日も早い復旧に貢献できるように私たちもがんばります。

美唄スカイパーク、岩見沢のスキー場ともに被害はありませんでした。
パラグライダースクールは通常営業しております。
みなさまのお越しをお待ちしております。

サニーサイドパラグライダースクール
校長 上野陸



投稿者名 上野陸 投稿日時 2018年09月10日 | Permalink

防災の日。災害に役立つキャンプ&フライ


みなさんこんにちは、
北海道のサニーサイドパラグライダースクール校長の上野です。

今日は防災の日です。
かねてから考えていた災害時に役に立つアウトドアプログラムのめどがたちました。

なぜそれを考えていたかというと、東日本大震災の時に茨城県のエアパークCOOで被災しました。
一瞬にしてライフラインが停止しました。

そこはパラグライダースクール。アウトドアの道具が十分にありました。
高校生の時からやっていたキャンプの知識が役にたちました。
情報が少なく錯綜する中で、パラグライダーでつちかったリスクメネジメントが判断の助けになりました。



自然災害が頻繁に起こるサイクルに入っています。
どこで何が起こるのか分かりません。

また社会は急速に変化しています。
新しいことを避けては通れない時代です。

パラグライダーは、気象、とくに目に見えない風の変化を伴います。
そこにはリスクが伴います。リスクを避け、あるいは軽減するための行動をしなければなりません。
リスクマネジメントが必要です。
新しいことをする時に、このリスクマネジメントの考えが役立ちます。

パラグライダー体験でリスクマネジメントを学び、キャンプで食、住を実践します。
近いうちにプログラムのお知らせします。

http://sunny-side.net/


投稿者名 上野陸 投稿日時 2018年09月01日 | Permalink

フライトプランは持ってますか?


フライト前にフライトプランは持っていますか?

パラグライダーでのフライトは、このフライトプランから始まります。
体験さんでも同じです。

昔から言われているのが「空中では三割頭」。
空中では地上の三割程度しか頭が働かないと言われています。

私も過去にさまざまなミスをやらかしています。「なんであの時あんな判断をしたのだろうか?」そもそも「見えてない」「判断していない」など後で考えると三割どころか一割くらいしか頭が働いていない!

頭が働かない理由を考えてみました。
空中は三次元で情報量が多くなる。→視覚情報が増える。
空中では常に動的に移動している。相対的に物事を見なければならない。→処理する情報量が増える
緊張状態にある。
などの理由が考えられます。

私たちは、鳥のように飛べるDNAは持ち合わせていません。
学習する必要があります。

パラグライダーは風の影響が大きいスポーツです。
飛べる機会は限られています。
効率よく、リスクを最小限にするために、PLAN(計画)→DO(実行)→CHECK(検証)→ACTION(改善)は有効です。

リスクマネジメントからも、ミスが少ないということはリスクを抑えるということにつながります。
同じミスを繰り返すということは、リスクが軽減されていないと言えます。
地上でできることはやっておきましょう。

フライト前に不安なのは、フライトプランが明確ではないからです。
不安がなくなるまで原因を探り、判断すればいいのです。

ともかくフライトプランを立ててみましょう。
継続することです。
やがてスキル(技術)として身につくようになります。

ライセンスコースはこちらから!


投稿者名 上野陸 投稿日時 2018年08月23日 | Permalink