2017.5.5 鯉のぼりのように飛びました!



前日が強くなってしまったので、スクール、体験ともに早めスタートにしました。
早めしてよかった!
ラブリーな南風です。
体験さんはロングフライトを決めました。

ぜひ次は、3DAYSコースにチャレンジしてください。
自分での操作になります。
操作になれたら、最後の日はトーイングでの長いフライトにチャレンジにしてみましょう。


スクールもリバースライズアップをたっぷりと練習できました。




山を散策する華やかに春が訪れています。





投稿者名 上野陸 投稿日時 2017年05月06日 | Permalink

2017.5.3 いきなり初夏の陽気




寒気が収まり北海道にも春がやって来ました♪

それも20度越えで初夏の陽気です。

午後は風向きが怪しかったので、早めに来ていただき午前中から体験です。

読みが当たっていい風が吹きました!

風が安定してきました。

バッチリと体験さんのフライト決まりました。

ゴールデンウイーク期間中は、グリーンランド遊園地前が大変混み合います。

グリーンランド遊園地前は避けてお越しください。



投稿者名 上野陸 投稿日時 2017年05月03日 | Permalink

ファーストエイドのススメ


トレッキング中に人が倒れています。あなたならどうしますか?

街中であれば、携帯で救急車を呼ぶことができます。

電波が届かない場所ではどうすればいいのでしょうか?

日本登山医学会のファーストエイド講習会は、道具がない、すぐに助けが来ない山岳、野外活動での応急救命技術を学ぶことができます。

このファーストエイドの優れているところは、傷病者への評価法が標準化されている。シナリオトレーニングを繰り返し行うことで優先順位、適切な処置が学びやすく実践的なことです。



リーダーの大城和恵先生は、三浦雄一郎のエベレスト登頂を支えたチームドクターで知られています。また北海道警察山岳遭難救助アドバイザー医師であり、多くの事例が北海道のものです。

2017年6月16日〜18日に小樽で日本登山医学会認定山岳ファーストエイド講習会が開かれます。北海道では初めての開催です。夏と冬の二つのコースがあり2016年1月に富山の国立登山研修所で冬のコースを受講しましたがキャンセル待ちがでる講習会です。
参加者は、警察、消防、防災、自衛隊の救助のプロ、医療関係者、アウトドアのガイド、インストラクター、学生などでした。

講師陣は山岳医の資格を持つ医師のみなさんでバッチリとサポートしてくれます。

予防という意味から自分自身の安全性が高まります。

北海道の事例が多くでてきます。北海道のアウトドア関係者、アウトドアで活動される方は受講をお勧めします。

学生さんは学割がありますよ。

くわしくはこちら



投稿者名 上野陸 投稿日時 2017年04月27日 | Permalink

今年はキャンプ&フライだ!



キャンプ用品で有名なコールマンジャパンさんとのコラボレーションです。

私もコールマンのガソリンストーブとランタンを25年愛用しているコールマンファンの一人です。

故障も少なくアウトドアで信頼のできるものです。

コールマンジャパンさんは、キャンプの楽しみ方を様々な視点から提案しています。

せっかくのアウトドアというフィールドをさらに楽しんでもらおうとアウトドア体験を紹介しています。

今回パラグライダー体験を取り上げていただきました。

キャンプ場&サービス

コールマンアウトドアクラブ会員の方は特典があります。

今年はキャンプとパラグライダーを楽しんでみてはいかが。

コールマン



リニューアル!【チャレンジ!】3DAYSコース


投稿者名 上野陸 投稿日時 2017年04月27日 | Permalink

NEVADA2とNEVADA2 LIGHT 飛びの違いは?


GRADIENTのEN-BプラスグライダーNEVADA2がリリースして間もなく、軽量版NEVADA2 LIGHTがリリースされました。

これだけ短いタイミングで軽量グライダーがリリースするということは、世界的には軽量にニーズがあるのでしょうね。

NEVADA2-24サイズの重量は4.7kgに対して、NEVADA2 LIGHT24サイズは3.8KGと900gの差があります。約20%の軽量化です。

セール、ラインのマテリアルも変更になっているので、同じグライダーシリーズとはいえフライトのインプレッションも変わります。

ライズアップ特性は、900g軽いNEVADA2 LIGHTの方がいいです。
かといってNEVADA2も軽い部類ですのでご心配なく。

風の変化を伝えてくれるフィードバックは、NEVADA2 LIGHTの方が敏感です。人によっては動き過ぎると感じるかもしれません。
これは好みが分かれるところだと思います。

ハンドリングですが、両者を比べるとNEVADA2 LIGHTは柔らかく、NEVADA2は硬い感じがします。重量の違いばかりではなく、セールのマテリアルの違いも影響しているのかもしれません。

余談ですが、NEVADA2 LIGHTで飛ぶと2006年リリースのASPEN2(EN-C)を思い出しました。ハンドリングの良さが特徴的な名機でした。アスペクト比がASPEN2 5.69 NAVADA2が5.75と10年経つと認証が一段階変わりました。

軽量生地は進化して耐久性が大幅に伸びています。

自分のフライトスタイルに合わせて選択してください。

NAVADA2のページはこちら

NEVADA2 LIGHTのページはこちら





投稿者名 上野陸 投稿日時 2017年04月04日 | Permalink