安全とは?安全文化という考え


『安全は作り出すもの』
私が25年前このスカイスポーツの仕事をはじめたころ最初に教わりました。
次の本を読み、あらためてこの言葉を再認識しました。

「航空安全とパイロットの危機管理」小林宏之著(成山堂書店)、著者の小林宏之氏はJALで42年間、総飛行時間18,500時間フライトしグレートキャプテンと呼ばれています。氏ならではの実体験に基づいた危機管理について書かれた本です。


安全をどう捉えるか?


 以下要約です。
 安全というものははじめから存在するものではなく、「危険でないこと」をさまざまな努力をした結果をさすにすぎない。
 ICAO(国際民間航空機関)によると「安全というものは、どこにもない。危険はどこにも存在し、あるいは潜在している。危険とは人体への危害や物を損害させる要因であって、一般にハザードといい、ハザードが実際に発生する可能性をリスクという。」
 その危険要因やリスクを洗い出して特定する。特定した危険要因、リスクを排除できるものは排除し、排除できないものは、可能な限りその影響を軽減している状態を維持する。
 たとえ、リスクが実際に発生しても大事には至らず、許容できる範囲内に収める対応を継続的に維持している状態を、安全であるといえるのではないか。現実の社会にあっては、「絶対安全」にも「安全神話」も存在しない。
 運航の現場に携わる者としては、存在し、潜在する危険要因やリスクを管理するのだ、と言う考え方で業務に取り組むことがより具体的に安全を確保できるのではないだろうか。
 航空の現場に従事する者としては、つねに危機意識を持ってリスクと対峙し待機しながら、「いかなることがあっても、安全のレベルを許容範囲に維持するのだ」と言う気構えで仕事に臨むことが大切である。


「安全文化」とは


 安全というものは、これだけしっかりやっておけば大丈夫というものではない。安全文化という土壌が構築されてよりしっかりとした安全確保の体質ができていくのである。 
 「安全文化」という言葉が正式に使われるようになったのは、1986年に起こったチェルノブイリ原子力発電所の事故原因の調査と、分析の結果から公式に使用されるようになった。
 その後、世界各地で大きな事故があるたびに「安全文化の欠如」が指摘され、「安全文化の構築の必要性」が勧告されている。
 事故の根本的な原因として、 現場の作業員も、 事業者も、 国別レベルでも、 原子力の安全に対する考え方や意識そのものに問題があり、それは文化と呼べる深さや組織あるいは社会の意識や行動を左右しているのではないか。
 そして「安全文化」と言うものも一度構築すれば、盤石となるというのではなく、常に揺れ動いてしまう生き物である。どの事業であれ「 何が一番大切か、 何を最優先すべきか」ということを軸足にして活動していくことが、安全を確保するうえで最も基本的なことであることも知らされた。


 危機要因やリスクを回避することは、空を飛ぶということに限ったことだけではありません。昨今の想定外の自然災害はどこにでも起こりえる時代です。大事なことは危機要因やリスクに向き合い危機管理を行うということではないでしょうか?
 それではまた。



投稿者名 上野陸 投稿日時 2018年07月29日 | Permalink

【天然クーラー】地上から飛び立つ鳥目線タンデムフライト体験

【天然クーラー】地上から飛び立つ鳥目線タンデムフライト体験が7/18より始まります。
その特徴を説明します。



二人乗りタンデムフライト

パラグライダーのタンデムフライトは、専用の資格を持ったパイロットといっしょにフライトします。基本的にはパイロットが操作しますので、初めての方でも鳥目線で高高度の空中散歩を楽しめます。



地上から飛び立つパラグライダー トーイングフライト

日本では珍しいトーイングという方法でフライトしています。簡単に言うと凧揚げの原理です。
800mの滑走路にラインを引き、電動のウインチで凧のようにパラグライダーを引き上げます。
電動ウインチは静音で安定しています。徐々に高度が上がり広がる景色は圧巻で二倍楽しめます。



アクセスの良さ、でっかい田園風景

空知地方の美唄市は、札幌と旭川の中心地点にあります。両都市から高速で約1時間というアクセスの良さです。北海道の玄関である千歳空港からも1時間30分です。
国道12号線近く、ゴルフ5美唄コースの横にあるのでわかりやすいです。ここ国道12号線の美唄市から滝川市までは、なんと29.2kmの日本一長い直線道路です。
こんな北海道らしいスケールの大きい田園風景を鳥目線で楽しんでいただきたいです。


タンデム体験は、毎週水曜日〜土曜日 朝8:30集合になります。
天候もありますので要予約です。

年齢 10歳から60歳まで
体重 40kgから70kgまで
お一人 10,000円(別に保険料が600円かかります。)

ホームページの予約フォームからご予約ください。
http://sunny-side.net/abouts/#tandem

それではご予約お待ちしています。


投稿者名 上野陸 投稿日時 2018年07月17日 | Permalink

アーティック5 インプレッション


ニビュークのEN-Cクラス アーティック5が上陸しました。
クロスカントリーモデルとして注目されるグライダーです。
2017年の秋に発表予定でしたが、デザインの再検討が行われました。
潜伏期間を経てどのように変わったのでしょうか?


この日北海道はドライな空気で6月なのに気温が30度という最高のコンディションに恵まれました。
まさにアーティック5をテストするのに絶好のリアルコンディションです。

まずはグライダーを広げチェック。

鮮やかなブルー。今日の空に映えます。

今回アーティックシリーズにも前縁に形状合金ニチノールが搭載されました。
アーテッィク4は過渡期でナイロンスティックでした。
ニチノールは軽くスリムなのでパックアップが扱い安くなります。もちろん翼の形状、剛性が高くなります。

ライズアップで肩慣らしです。
風は3〜4m/s入っています。
空気の入りインフレーションはすぐです。

ここ最近Aクラスのテストフライトばかりしていたので少し慎重になっていると、サーマルブローが入りアーティック5は「早く行こうよ」とグイグイ前に出ようとします。
ちょっと待って!



ハンドリングの感じを確認し風を選びテイクオフ。
パワフルな翼のイメージでしたが、テイクオフ特性はスムーズでした。

小さく強いサーマルでまとまりがありません。
やべーと前進していくとなんとか低いところでヒット。
一周分の大きさはない難しいサーマルでした。
アーティック5の直感的なハンドリングが活きました。
ハンドリングのタッチは、重さは十分にありますがレスポンスは鈍重ではありません。かといって走り過ぎることもないです。兄貴分のEN-Dクラス「ピーク」の影響が感じられました。

そういえば、低いところのサーマルは、ピーキー、ゴツゴツという感じでしたが、翼端が潰れたり、変形するような感じはありませんでした。
さすがニビュークグライダーといった翼のしっかり感があります。
頼もしい!

山のピークを越えるとサーマルが成形されて一安心。
アーティック5のタイムリーな感性と直感的なハンドリングで楽しいクライミングタイムをリラックスして満喫しました。

サーマルトップまで上げたので、グライディングしてみます。
まさにクリーンな翼です。
上面の後縁部分にナイロンステックが直線上に入っていて、膨らみを抑えスムーズなエアストリームを実現しています。
極上のクルージングタイムです。



ラインは、縦3列、横3列のオーソドックスはタイプです。
ラインの材質は、トップがダイニーマ、ボトムはアラミドのいずれも被覆なしです。


あたらしい二段階のロックシステムがついたアクセル



3×3列のラインプランなので、ビッグイヤーはAライン外側でできます。
簡単に折れますが、もしばたつくことがあれば再度やり直してください。


2ライナーグライダーを彷彿とさせるパワフルな翼、翼の剛性感、しっかりとしたハンドリング、そして軽量性は、最新技術を盛り込んだEN-Cクラスをイメージしたグライダーです。
まさにクロスカントリーにふさわしいグライダーに仕上がりました。

パフォーマンスを楽しみたい方はトライしてください。
試乗機は 24(75-95kg)26(90-110kg)があります。
22(60-80kg)も入荷予定です。

アーティック5
ニビューク社 EN-C
¥570,000(税別)

詳しい情報はこちら



投稿者名 上野陸 投稿日時 2018年06月08日 | Permalink

EN-A王道 Φファイ ソナタ インプレッション


あの天才デザイナーハンネス・パペッシュさんが独立した新生パラグライダーメーカー「Φファイ」から、第二弾 「ソナタ」がリリースされました。

第一弾は、最も安全性が高いEN-Aクラス=初級機という従来の常識をくつがえすソアリングモデルという全く新しいコンセプトのグライダー「シンフォニア」でした。

かんたんにいうと、ENとはパラグライダーの安全性能規格のことです。コラップス特性(翼が潰れた時の挙動、回復性)、難易度を示したものです。A,B,C,Dと分かれていてAクラスが安全性が高く、順番にDクラスは難易度が高いことを示しています。


Φファイのラインナップ予定


ハンネス・パペッシュさんは、EN-A、EN-Bクラスのグライダーをつくるのがとても上手いデザイナーです。
Φファイを立ち上げることになった経緯は、パラグライダーをより安全に楽しめるようなグライダーをリアクションよく創るコンパクトな会社にしたかったというものでした。

EN-Aクラスに三機を投入するというコンセプトは今までにないものです。パペッシュさんの安全性に対する意欲が感じられます。



さっそくグライダーを触ってみます。
翼をつくるライズアップ性能がすばらしい。
ライズアップがマイルドでスムーズなのです。
ビギナーが最初につまづくことが多いのがこのライズアップです。
全般に素材の進歩で軽くなっている傾向ですが、一定の速度で立ち上がってくる感覚がいいです。
ライザーに伝わる重さがビギナーにも分かりやすいです。
重すぎることはありませんので。
初めてパラグライダーに触れる人にとってもやさしいです。

フライト特性はとってもマイルドです。
多少オーバーコントロールでも吸収してしまう感じです。



ラインはカラフルでラインチェックもやりやすいです。
ライザーはカラーで分けられています。
チェックミスが少なくなるように配慮されています。



前縁は、柔らかい素材のスティックが入りエアインテークがしっかりと開いています。



前縁の上部は、最新の技術であるジグザクパネルが配置しています。
セルの膨らみを減らす働きがあります。


ソナタの位置はベースラインという言葉を使っています。
ビギナーが初めてフライトするファーストグライダーはこうあるべきだという骨太さを感じました。
ΦファイがEN-Aクラスに3ラインナップ投入する意味が分かりました。
明確にコンセプトを分けると、パイロットのレベル、目的にフィットしたものになります。

パラグライダーのテクノロジーが、安全性や使いやすさに向いていくのは、高齢化社会や成熟期においては必須の流れに思えます。

ソナタは、ファーストグライダーややさしいフライト特性を求める方におすすめです。

Φファイ ソナタ EN-Aクラス
¥420,000(税別)

ソナタの情報はこちら!



投稿者名 上野陸 投稿日時 2018年05月30日 | Permalink

コヨーテ3 P(軽量EN-A)インプレッション


ニビューク社EN-Aシリーズ コヨーテから軽量バージョンのコヨーテ3 Pがリリースされました。
本気度の高い軽量シリーズをリリースしてきたニビューク社。
EN-Aクラスはどんな仕上がりにしてきたのでしょうか。


EN-Aクラスというと、初級機といったイメージを持つかもしれません。
最新のテクノロジーやマテリアルの進化にともない、EN-Aクラスにバリュエーションが増え個性的なグライダーが登場し始めました。
安全基準がもっとも高いEN-Aクラスのフライトの幅が広がることは、リスクを含んでいるこのスポーツにとって歓迎すべきことです。



ニビューク社は、Amazing Adventuresと題して軽量グライダーにまつわる冒険をピックアップし推してきました。
グライダー名の後ろのPは ニビューク社の軽量シリーズを象徴する文字です。
plumeのpで、羽、羽毛といった意味です。


今回のコヨーテ3 Pのは、EN-Aクラスのシンプルな構造の特徴と相まって、軽量性、コンパクト性、ライザアップ特性、安定性が上げられます。
ノーマルのコヨーテ3(24サイズで4.5kg)でも十分に軽いのですが、3.45kgと1.05kgペットボトル二本分軽くなっています。ミニウイングや一枚翼を除けば、最も軽いグライダーです。
この軽量性とコンパクト性は、ハイク&フライの強力なアイテムとなります。


ハイク&フライは、車やゴンドラでテイクオフまで上がっていたものを、フライトのための手段から、周りの景色や自然観察を楽しみながら自分の足で登りアプローチを楽しむものです。
テイクオフに到着したときの充実感や爽快感は何ともいえないものです。自分の飛び道具を自在に持ち運ぶことができるのは、パラグライダーというコンパクトなギアにだけできるものです。



さっそくグライダーを広げてみよう。
セール上面は、ポルシェスポーツ セミ軽量タイプのスカイテック32g/m2。HOOK4P以上のグライダーとはことなった選択をしています。パラグライダーの取り扱いが慣れていない初心者が選ぶ場合でも安心できる材料です。軽量セールを選ばなくても十分に軽いという判断もあってでしょう。
セール下面は、軽量タイプのスカイテック27g/m2です。
ちなみなセールを引きずらないように注意がされています。
ラインは、ボトムラインは被膜つきです。ミドルとトップはむき出しのアラミド製ラインです。




ライザーはちょっと細い12mmのテープが採用されています。
ダイニーマのテープではないので、ライザーの捻れなどは発見しやすいと思います。



強めの風だったので、真ん中1/3だけエアインテークを広げライズアップ。ノーマルのコヨーテ3もライズアップ特性がいいのですが、さらにイージー。
上面がセミ軽量の記事なので、後縁から風が入り煽られることもなかったです。
ライズアップ特性、取り扱いやすさはとてもバランスがいい。初心者にとってはこれメリットです。
リラックスしてテイクオフができます。


ちょっとテイクオフでグランドハンドリングで遊んでからフライト開始!
Aクラスなので、ブレークコードのストロークは長めです。
まずはリッジでお試し。強めのサーマルがきたので旋回します。
春のコンディションです。小さく強いサーマルです。
Aクラスは安定性が強いので、ハイバンクを維持する操作が必要です。
風が強めなので流されないよう注意します。
上げきることができました!



軽量機特有の翼の柔らかさはあまり気になりませんでした。アスペクト比が低いこともあるかと思います。
構造的にしっかりしているイメージでした。
ビッグイヤーは、導入、維持はイージーです。
戻りもスムーズです。
ランディングは風が強めでしたが、吹き抜けをうまく使い高度を調整できました。
Aクラスの安定性は気楽です。



コヨーテ3 Pは、初心者から扱えるグライダーです。
将来的にハイク&フライを考えている、より軽いライズアップや軽量化したい方におすすめです。

EN-Aクラスに軽量機、パフォーマンス機というバリュエーションが広がるのは、本格的にグライダーが成熟期に入ってきたことを意味しています。
テクノロジーのベクトルが安全性に振れてくるのは、いいことだと思います。
(「安全性が上がった分リスクを取る傾向がある」とヒューマンエラーで教わりました。気をつけましょう。)

EN-AクラスからEN-Bクラスというステップアップはわかりやすい成長の目安でありました。

これからこのスポーツが成熟期を迎えるに当たって、人それぞれに合った自分基準、目的を持ち、それぞれに合ったパラグライダー選びがあってもよいのではないでしょうか。

コヨーテ3 Pの詳しい情報はこちら


投稿者名 上野陸 投稿日時 2018年05月25日 | Permalink