防災リテラシーを身につけよう


みなさん、こんにちは!
サニーサイドアウトドアスクールの上野です。
主にパラグライダースクールと防災プログラムをしています。

このブログでは、防災に役立つ情報をお届けしています。

今日は防災リテラシーについてお伝えします。

リテラシーとは、識字率と訳されます。
日本では古くから読み書き、そろばんなどと言われていることと同じです。

基本的な知識のことですね。
今ではある分野での基礎的な知識のことを言います。
例えば、金融リテラシーとかITリテラシーとかという使い方をします。

日本は、4つのプレートに囲まれている世界でも屈指の地震国です。
また、日本は中緯度に位置しており、四季の変化や台風の通過などがあり、さらに気候変動の影響を受けて大型化する台風、豪雨などの気象災害が起こりやすくなっています。

戦後、大きな地震がなく安定した時期が続いていましたが、1995年の阪神淡路大震災以降は、再び地震活動期に入ったといわれています。

防災リテラシーは、災害多発時代に生き残るための知識や考えです。

大きな災害が起こると、「まさかここでこんな災害が起きるとは」「あの時ああしておけばよかった」
などの話がでます。

東日本大震災や熊本地震、西日本豪雨や昨年の台風15号、19号など大きな災害が発生してもなお、自分は大丈夫という根拠のない考えが蔓延しています。

これは、正常性バイアス、同調性バイアスという心理的な偏見、先入観のためです。

「津波警報が出ていても今まで来たことがない」
「今回の台風はそれるだろう」
「隣の人が逃げていないから」

できること、選択支の大半は、発災以前のことになります。
発災後は、今できること、選択できることに全力で立ち向かわねばなりません。

発災でのリスクから生き残ること。
発災後に生き延びること。

パニック映画は見て楽しむことができますが、自分ごととして行動するのはしんどいことです。
しかし発災後は時間を巻き戻すことはできません。

漠とした不安を感じるくらいならば、防災リテラシーを身につけ行動をはっきりとさせて方がいいのではないでしょうか。


「防災しなければならないのは分かるけど、何からすればいいのか?」

そんなあなたのために防災プログラムを開講しています。

下記のリンクをポチッとしてください。
 


サニーサイドアウトドアスクールの防災プログラムについて

サニーサイドアウトドアスクールでは、さまざまな防災プログラムを開講しています。
日本にはさまざまな災害が発生します。弊社の防災プログラムは、「もしもの時に行動できる」を目的としています。
スキルを教えるというよりも、グループワークでの話し合い、実技を通しての学びや気づきに重点をおいています。

防災サバイバルキャンプ

初心者から対象です。
STEP1からSTEP3を行うことによって、災害の全体像、優先順位を学ぶことができます。
グループワークで話し合い、実習でスキルを実践します。
失敗は当然です。失敗から学ぶことは多くあります。
しっかりと振り返りを行い、実際の災害で行動できる人になるための防災脳を育みます。

STEP1 災害を考える・飲む・食べる
STEP2 火を扱う・備える・応急処置
STEP3 泊まる (11〜3月 休止)

  • 時間 13:00〜16:00
  • 人数 2〜12名
  • 年齢 10歳以上
  • 持ち物 汚れても構わない服装、軍手、防寒着、雨具
  • 料金 講習料 6,500円 (平日割6,000円 お正月、ゴールデンウイーク、お盆シーズンを除く)
       施設使用料 1,000円
       傷害保険料 500円

お申し込み、お問い合わせはメールで!


防災キャンプについて

団体様向けの防災プログラム 

人数 12名から60名まで

グループワーク中心になります。
実技は、年齢などにより制約があります。

会社やグループでの研修に活用できます。

出張でのプログラムも受け付けています。
プログラムの内容については、参加年齢、難易度、地域性を考慮してアレンジできますので、ご相談ください。

お申し込み、お問い合わせはメールで!

 


72時間サバイバルプログラムの紹介
4名さまからプログラムを開講します。

  • 場所:静岡県富士宮市佐折631 天子の森キャンプ場
  • 時間:13:00〜17:00(プログラムによって終了時間は変わります。)
  • 年齢:10才以上推奨(長いプログラムだと検定を入れると4時間になります。)
  • 各プログラム:ファイヤー」「ウォーター」「シェルター」「フード」「SOS」「ファーストエイド」「ナイフ」「チームビルド」
    詳しい内容はこちら!
  • 料金:1プログラム 5,000円 施設使用料1,000円 ナイフ ファイヤーなどの危険を伴うプログラムは傷害保険に加入してください。


※出張講習いたします。(別途交通費、出張費がかかります。)

詳しい内容はこちら!

お申し込み、ご質問はこちらから!



投稿者名 上野陸 投稿日時 2020年01月25日 | Permalink

巨大地震では約9割が単一の原因により犠牲になっています


みなさんこんにちは!
サニーサイドアウトドアスクールの上野です。

このブログでは、防災についてお伝えしています。
今日は「巨大地震の死亡車の9割程度が単一の原因による」という事実です。

逆に巨大地震が発生した場合に、気をつけなければならないというポイントが分かります。


よく知られている通り、関東大震災の死因のトップは、87.1パーセントを占める火災です。阪神淡路大震災は建物倒壊による頭部損傷、内臓損傷、頸部損傷、窒息・外傷性ショックなどが死因の83.3パーセント占めています。東日本大震災では溺死が92.4パーセントでした。この3つの大地震の死因原因を見ると「巨大地震の死亡者の9割程度が単一の原因による」という、とても興味深いことがわかります。

「震度7の生存確率」より

関東大震災は、午前11時58分というお昼直前時に地震が発生し、昼食のしたくでの火の不始末が原因でした。
阪神・淡路大震災は午前5時46分と言う冬の明け方に発生しました。ほとんどの方が就寝中で、自宅の倒壊や家具が倒れてきたことによる圧死や窒息死で多くの方が亡くなりました。
東日本大震災は午後2時46分に発生し津波によって多くの方がなくなりました。

このように「場所」「時間帯」「季節」によって危険が異なります。


 首都直下地震の場合、「冬の夕方、風速8m/s」て2万3,000人が死亡、「夏の昼、風速3/s」で5,400人が死亡となっており、死者の差は1万7,600人です。南海トラフ巨大地震で東海地方が大きく被災する基本ケースでは「夏の昼風速8m/s、津波の早期避難者が低く、海水浴客を考慮した場合」の死者数が25万人、「冬の夕方、平均風速」のの場合の死者数は9万8,000人で15万2000人の差があります。
 火災は次の夕方に、建物倒壊による犠牲者は冬の深夜に、津波は夏の昼に者が多くなると予想されています。

「震度7の生存確率」より

発災が冬の夕方であれば、火災の発生することが予測できます。

火元を出さないために、「火の始末」「通電火災を防止するためにブレーカーを落とす」「感震ブレーカーの設置」「初期消化」などの対策があり、火災に強い広い避難場所への移動が必要になるかもしれません。

夏に海で遊ぶ場合には、高所や、津波タワーなどの避難場所と経路を調べることが防災になります。

発災時の状況によって、適切な行動やその前の備えは異なってきます。

今回の元ネタである「震度7の生存確率」は、最新の防災情報が記されています。スキルだけではなく理由もわかりやすく述べられています。

これはおすすめの防災本です。
ポチッとどうぞ。



 

「防災しなければならないのは分かるけど、何からすればいいのか?」

そんなあなたのために防災プログラムを開講しています。

下記のリンクをポチッとしてください。
 


サニーサイドアウトドアスクールの防災プログラムについて

サニーサイドアウトドアスクールでは、さまざまな防災プログラムを開講しています。
日本にはさまざまな災害が発生します。弊社の防災プログラムは、「もしもの時に行動できる」を目的としています。
スキルを教えるというよりも、グループワークでの話し合い、実技を通しての学びや気づきに重点をおいています。

防災サバイバルキャンプ

初心者から対象です。
STEP1からSTEP3を行うことによって、災害の全体像、優先順位を学ぶことができます。
グループワークで話し合い、実習でスキルを実践します。
失敗は当然です。失敗から学ぶことは多くあります。
しっかりと振り返りを行い、実際の災害で行動できる人になるための防災脳を育みます。

STEP1 災害を考える・飲む・食べる
STEP2 火を扱う・備える・応急処置
STEP3 泊まる (11〜3月 休止)

  • 時間 13:00〜16:00
  • 人数 2〜12名
  • 年齢 10歳以上
  • 持ち物 汚れても構わない服装、軍手、防寒着、雨具
  • 料金 講習料 6,500円 (平日割6,000円 お正月、ゴールデンウイーク、お盆シーズンを除く)
       施設使用料 1,000円
       傷害保険料 500円

お申し込み、お問い合わせはメールで!


防災キャンプについて

団体様向けの防災プログラム 

人数 12名から60名まで

グループワーク中心になります。
実技は、年齢などにより制約があります。

会社やグループでの研修に活用できます。

出張でのプログラムも受け付けています。
プログラムの内容については、参加年齢、難易度、地域性を考慮してアレンジできますので、ご相談ください。

お申し込み、お問い合わせはメールで!

 


72時間サバイバルプログラムの紹介
4名さまからプログラムを開講します。

  • 場所:静岡県富士宮市佐折631 天子の森キャンプ場
  • 時間:13:00〜17:00(プログラムによって終了時間は変わります。)
  • 年齢:10才以上推奨(長いプログラムだと検定を入れると4時間になります。)
  • 各プログラム:ファイヤー」「ウォーター」「シェルター」「フード」「SOS」「ファーストエイド」「ナイフ」「チームビルド」
    詳しい内容はこちら!
  • 料金:1プログラム 5,000円 施設使用料1,000円 ナイフ ファイヤーなどの危険を伴うプログラムは傷害保険に加入してください。


※出張講習いたします。(別途交通費、出張費がかかります。)

詳しい内容はこちら!

お申し込み、ご質問はこちらから!


投稿者名 上野陸 投稿日時 2020年01月24日 | Permalink

私の場合、防災はアウトドアの延長線です


みなさん、こんにちは!
サニーサイドアウトドアスクール 校長の上野です。

防災に役立つ情報を発信しています。

今回は、なぜ防災の活動をするようになったのか、なぜ防災が必要と感じているのかをお話します。

子供の頃は家にいることが多くインドア派でした。
高校生の時に、山に登り始めアウトドアに目覚めました。
そしてそれが仕事になりライフスタイルになるとはその時に思いませんでした。

ハンググライダーとパラグライダーのフライトを通して、「人と自然」というテーマで30年ほどやってきました。

スカイスポーツにおいて、フライトを成り立たせるには、リスク管理が必要です。
「天候を調べる」、「安全装置を準備する」、「知識を蓄える」とかです。
他のアウトドアでも、リスクの発生確率、リスク度はスポーツによって異なりますが基本は同じです。

危機的な状況は何度か経験しています。幸い致命的にはならずにすみました。
そこで得たのは

「最後の一瞬まであきらめない」
「そこから学び、対策を練る」
です。

フィールドで気に留めていることがあります。

「可能性のあるものはいつか発生する」
「最悪を想定する」

そこで準備していないと選択肢が限られ、生存率が低下するということを学びました。

アウトドアで好きに準備をすることが習慣化されているので、防災もその延長線上のことなので特に苦になりません。

2011年の東日本大震災を目の当たりにして、2018年の北海道胆振東部地震でまさかの二回目を経験し、「これだけではすまない」と感じました。

自然災害は、人と自然の関係の中で発生します。

二回の災害で感じたことは、地域社会は影響を受けるということです。
その地域は運命共同体なのです。

自然災害が発生するのは食い止めることはできません。
しかし被害を大きくするのも小さくするのも防災次第です。

そこは私たちの選択にかかっています。
それを義務とはとらえずに、主体的な行動となる趣味にでも変換できれば習慣化することができます。



サニーサイドアウトドアスクールの防災プログラムについて

サニーサイドアウトドアスクールでは、さまざまな防災プログラムを開講しています。
日本にはさまざまな災害が発生します。弊社の防災プログラムは、「もしもの時に行動できる」を目的としています。
スキルを教えるというよりも、グループワークでの話し合い、実技を通しての学びや気づきに重点をおいています。

防災サバイバルキャンプ

初心者から対象です。
STEP1からSTEP3を行うことによって、災害の全体像、優先順位を学ぶことができます。
グループワークで話し合い、実習でスキルを実践します。
失敗は当然です。失敗から学ぶことは多くあります。
しっかりと振り返りを行い、実際の災害で行動できる人になるための防災脳を育みます。

STEP1 災害を考える・飲む・食べる
STEP2 火を扱う・備える・応急処置
STEP3 泊まる (11〜3月 休止)

  • 時間 13:00〜16:00
  • 人数 2〜12名
  • 年齢 10歳以上
  • 持ち物 汚れても構わない服装、軍手、防寒着、雨具
  • 料金 講習料 6,500円 (平日割6,000円 お正月、ゴールデンウイーク、お盆シーズンを除く)
       施設使用料 1,000円
       傷害保険料 500円

お申し込み、お問い合わせはメールで!


防災キャンプについて

団体様向けの防災プログラム 

人数 12名から60名まで

グループワーク中心になります。
実技は、年齢などにより制約があります。

会社やグループでの研修に活用できます。

出張でのプログラムも受け付けています。
プログラムの内容については、参加年齢、難易度、地域性を考慮してアレンジできますので、ご相談ください。

お申し込み、お問い合わせはメールで!

 


72時間サバイバルプログラムの紹介
4名さまからプログラムを開講します。

  • 場所:静岡県富士宮市佐折631 天子の森キャンプ場
  • 時間:13:00〜17:00(プログラムによって終了時間は変わります。)
  • 年齢:10才以上推奨(長いプログラムだと検定を入れると4時間になります。)
  • 各プログラム:ファイヤー」「ウォーター」「シェルター」「フード」「SOS」「ファーストエイド」「ナイフ」「チームビルド」
    詳しい内容はこちら!
  • 料金:1プログラム 5,000円 施設使用料1,000円 ナイフ ファイヤーなどの危険を伴うプログラムは傷害保険に加入してください。


※出張講習いたします。(別途交通費、出張費がかかります。)

詳しい内容はこちら!

お申し込み、ご質問はこちらから!


投稿者名 上野陸 投稿日時 2020年01月23日 | Permalink

災害時の情報


みなさんこんにちは、
サニーサイドアウトドアアウトドアスクールの上野です。

防災について役立つ情報を伝えます。

2011年の東日本大震災の時は、茨城県のパラグライダースクールで仕事をしていました。
屋外で作業をしていた時です。
経験したことのない大きな揺れと時間の長さ、前の家の瓦がドドッと崩れ落ちたこと、山の杉花粉が一斉に飛び出したことからとんでもないことが起きていることは分かりました。

すぐに停電になり、テレビは使えなくなり、固定電話と携帯電話もつながらなくなりました。

このように大きな災害が発生すると、被害地域では停電や通信の遮断によって、一番情報が欲しい時に情報が入って来なくなります。

普段は情報が膨大に溢れている時代です。
そのギャップがさらに不安を呼びます。

災害時の情報について考えます。


情報 

停電によりテレビは使えないです。

基地局が生きていたら、スマートフォンでインターネットにつながることはできます。
2018年の北海道胆振東部地震では、1日程度で基地局のバッテリーが切れたのかつながらなくなりました。

こういった時には、携帯ラジオ、カーラジオが役立ちます。

安否確認

被害地域への、電話の集中によるパンクを防ぐために通信の制限がされます。
固定電話、携帯電話とも同じです。

被害地域では電話での安否確認はできません。
被害地域での緊急通信が優先されます。
不要不急な電話をかけることは避けましょう。


災害伝言ダイヤル171、WEB171

安否確認のために災害伝言ダイヤル171が開設されます。

  • 被災地域での電話がキーとなり伝言ができます。
  • キーとなる電話番号を決めておかなければなりません。
  • 伝言は30秒以内なので、メッセージは短くまとめる必要があります。


災害伝言ダイヤルの使い方はこちら

体験利用できる日がありますので、一度体験することをおすすめします。

 

SNS

LINEやFACEBOOKなどのメッセージ機能です。文字情報は比較的つながりやすいです。
しかし相手とつながってる必要があります。
 


公衆電話

携帯電話の普及で使わなくなりました。しかし災害時には優先的につながります。
公衆電話を使ったことのない世代もいます。
使用方法を確認しておきましょう。

公衆電話の使い方

 

複数の安否確認

三陸地方では「津波でんでんこ」と言う言葉が伝えられています。

それぞれ「津波が来たら、取る物も取り敢えず、肉親にも構わずに、各自てんでんばらばらに一人で高台へと逃げろ」「自分の命は自分で守れ」という意味です。
 
今のライフスタイルでは家族は日中それぞれ違った場所にいます。
まずは自分が生き残るために全力を尽くしましょう。

その後デジタルな通信手段が使えない場合のために、集合する避難場所、遠方の親戚、知り合いを介した伝言方法などを決めておくといいでしょう。

デマ

大きな災害では情報不足と不安からデマ情報が流布します。

東日本大震災東日本大震災と北海道胆振東部地震では、「石油コンビナート、化学工場からの有毒ガス」「大きな余震の発生」などのデマが流布されました。

1923年の関東大震災では凄惨な事件が発生しています。

悪意がなく善意での拡散が信ぴょう性を高めていることが問題です。
情報はすぐに信頼するのではなく、まずは一次情報にできるだけ近づき、エビデンスをとることです。それがかなわない状況では、複数の情報にあたり信頼性を探ります。
行動を要する場合でも、情報を探り続け選択肢を残しておきます。
デマによって命の危険にさらされることもあります。

冷静に論理的に考え行動しましょう。

 
それではまた!

 


サニーサイドアウトドアスクールの防災プログラムについて

サニーサイドアウトドアスクールでは、さまざまな防災プログラムを開講しています。
日本にはさまざまな災害が発生します。弊社の防災プログラムは、「もしもの時に行動できる」を目的としています。
スキルを教えるというよりも、グループワークでの話し合い、実技を通しての学びや気づきに重点をおいています。

防災サバイバルキャンプ

初心者から対象です。
STEP1からSTEP3を行うことによって、災害の全体像、優先順位を学ぶことができます。
グループワークで話し合い、実習でスキルを実践します。
失敗は当然です。失敗から学ぶことは多くあります。
しっかりと振り返りを行い、実際の災害で行動できる人になるための防災脳を育みます。

STEP1 災害を考える・飲む・食べる
STEP2 火を扱う・備える・応急処置
STEP3 泊まる (11〜3月 休止)

  • 時間 13:00〜16:00
  • 人数 2〜12名
  • 年齢 10歳以上
  • 持ち物 汚れても構わない服装、軍手、防寒着、雨具
  • 料金 講習料 6,500円 (平日割6,000円 お正月、ゴールデンウイーク、お盆シーズンを除く)
       施設使用料 1,000円
       傷害保険料 500円

お申し込み、お問い合わせはメールで!


防災キャンプについて

団体様向けの防災プログラム 

人数 12名から60名まで

グループワーク中心になります。
実技は、年齢などにより制約があります。

会社やグループでの研修に活用できます。

出張でのプログラムも受け付けています。
プログラムの内容については、参加年齢、難易度、地域性を考慮してアレンジできますので、ご相談ください。

お申し込み、お問い合わせはメールで!

 


72時間サバイバルプログラムの紹介
4名さまからプログラムを開講します。

  • 場所:静岡県富士宮市佐折631 天子の森キャンプ場
  • 時間:13:00〜17:00(プログラムによって終了時間は変わります。)
  • 年齢:10才以上推奨(長いプログラムだと検定を入れると4時間になります。)
  • 各プログラム:ファイヤー」「ウォーター」「シェルター」「フード」「SOS」「ファーストエイド」「ナイフ」「チームビルド」
    詳しい内容はこちら!
  • 料金:1プログラム 5,000円 施設使用料1,000円 ナイフ ファイヤーなどの危険を伴うプログラムは傷害保険に加入してください。


※出張講習いたします。(別途交通費、出張費がかかります。)

詳しい内容はこちら!

お申し込み、ご質問はこちらから!


投稿者名 上野陸 投稿日時 2020年01月22日 | Permalink

災害ではパニックになる、フリーズする?


みなさんこんにちは!
サニーサイドアウトドアスクール 校長の上野です。
防災に役立つ情報をお届けしています。

災害時に人はどんな心理状態になるかを考えます。


一般に、災害などの緊急時に人はパニックになると思われています。

私は長年パラグライダーのインストラクターとして仕事をしています。

数年に一度、天候の急変であったり、重大事故が発生します。
命にかかわる緊急な事態です。

そういう時に大半の人は、パニックになるというよりは、フリーズしてしまいます。
フリーズして適切な行動がとれないため、よりリスクが高まり事態が改善されないということになります。


 
 自然災害に直面すると、目前に危機が迫るまでその危険を認めない傾向があることが知られています。災害心理学の研究者であるジョン・リーチは、多くの目撃者が大災害に直面して「凍りついて動けない」ために犠牲者になると証言しているといいます。
 なぜ凍り付いて動けなくなるのでしょうか。その理由を理一は人間の脳の働きで説明しています。人間は、通常の習慣的な行動をとるときには「刺激→反応」を意識せずに自動的に行うようにできていますが、通常とは異なる事態に直面すると、この「刺激→反応」システムの調整機能がうまく機能しなくなるので、
・何もできなくなる人 70〜75%
・我をもしない泣き叫ぶ人 15%以下
・落ち着いて行動できる人 10〜15%
になるといいます。心理学者が「正常性バイアス」と呼ぶ状態です。

 震度7の地震に襲われると、人間は激しい揺れで物理的に動けなくなるだけではなく、人間の脳に備わっている機能が働き心理的にも動けなくなる可能性が高まります。

「震度7の生存確率」 仲西宏之 佐藤和彦 著 より


「何もできなくなる人 70〜75%」は経験的に、妥当な数字だと思います。
私も最初から「落ち着いて行動できる人」だったかというとそうではありません。

経験を積み重ねることでの学習であったり、ファーストエイドやレスキューのトレーニングでのシミュレーションの影響が大きいです。

パラグライダーは、天候に左右されるスポーツなのいつでもできるわけではありません。
少ない経験をいかに活用するかが上達のポイントになります。

そこで大切なのがシミュレーション力です。
一つの経験を想像力でシミュレーションし、改善し創造することです。

巨大地震は100年単位の周期で、人生で一度遭遇するかどうかです。
頻度は少ないですが誰もが命の危険にさらされます。

電車に乗っている時、デスクに座っている時、ベットに入った時、車に乗っている時、
「もしここで震度7の地震が発生したら、どのように行動すべきか?」
フリーズせずに迅速に生存確率が高くなる行動をとり続けることができるかが求められます。

防災以外でも変化の時代ですから、未知のものに対応する想像力が求められています。

※まれに閉鎖空間で不安が広がるなど条件がそろうと、出口に向かって集団が殺到するなどのパニックが起こる場合があります。


 

 


サニーサイドアウトドアスクールの防災プログラムについて

サニーサイドアウトドアスクールでは、さまざまな防災プログラムを開講しています。
日本にはさまざまな災害が発生します。弊社の防災プログラムは、「もしもの時に行動できる」を目的としています。
スキルを教えるというよりも、グループワークでの話し合い、実技を通しての学びや気づきに重点をおいています。

防災サバイバルキャンプ

初心者から対象です。
STEP1からSTEP3を行うことによって、災害の全体像、優先順位を学ぶことができます。
グループワークで話し合い、実習でスキルを実践します。
失敗は当然です。失敗から学ぶことは多くあります。
しっかりと振り返りを行い、実際の災害で行動できる人になるための防災脳を育みます。

STEP1 災害を考える・飲む・食べる
STEP2 火を扱う・備える・応急処置
STEP3 泊まる (11〜3月 休止)

  • 時間 13:00〜16:00
  • 人数 2〜12名
  • 年齢 10歳以上
  • 持ち物 汚れても構わない服装、軍手、防寒着、雨具
  • 料金 講習料 6,500円 (平日割6,000円 お正月、ゴールデンウイーク、お盆シーズンを除く)
       施設使用料 1,000円
       傷害保険料 500円

お申し込み、お問い合わせはメールで!


防災キャンプについて

団体様向けの防災プログラム 

人数 12名から60名まで

グループワーク中心になります。
実技は、年齢などにより制約があります。

会社やグループでの研修に活用できます。

出張でのプログラムも受け付けています。
プログラムの内容については、参加年齢、難易度、地域性を考慮してアレンジできますので、ご相談ください。

お申し込み、お問い合わせはメールで!

 


72時間サバイバルプログラムの紹介
4名さまからプログラムを開講します。

  • 場所:静岡県富士宮市佐折631 天子の森キャンプ場
  • 時間:13:00〜17:00(プログラムによって終了時間は変わります。)
  • 年齢:10才以上推奨(長いプログラムだと検定を入れると4時間になります。)
  • 各プログラム:ファイヤー」「ウォーター」「シェルター」「フード」「SOS」「ファーストエイド」「ナイフ」「チームビルド」
    詳しい内容はこちら!
  • 料金:1プログラム 5,000円 施設使用料1,000円 ナイフ ファイヤーなどの危険を伴うプログラムは傷害保険に加入してください。


※出張講習いたします。(別途交通費、出張費がかかります。)

詳しい内容はこちら!

お申し込み、ご質問はこちらから!


投稿者名 上野陸 投稿日時 2020年01月21日 | Permalink