自分の住んでいるところのリスクを知ろう-ハザードマップ

こんにちは、
サニーサイドアウトドアスクール校長の上野です。
災害といっても様々なものがあります。
地域によってかかえている災害の種類、リスクが違います。

地震も活断層の近くでは「内陸直下型地震」、低い土地では「海溝型地震」での津波を警戒しなくてはなりません。
大型化する台風や長時間の集中豪雨などにより、河川の氾濫、下流では洪水、山や崖の近くでは、崖崩れ、土砂災害に注意しなくてはなりません。
埋立地は地震時は、液状化現象、土砂災害に注意が必要です。

自分の住んでいる場所にどんなリスクがあるのかハザードマップ(被害予測地図)に記されています。
また職場や学校、よく行くところ、そこを結ぶ交通ルートなどもチェックしておきたいです。

国土交通省ハザードマップポータルサイト
~身のまわりの災害リスクを調べる~




投稿者名 上野陸 投稿日時 2018年12月18日 | Permalink

なぜサバイバルキャンプ?


なぜサバイバルキャンプを始めたか?
2011年の東日本大震災を茨城県で経験し、「まさか」と思いましたが、今年の9月に北海道胆振東部地震で二回目のブラックアウトを経験し、もうこれは「まさか」ではないなと感じました。
今の日本は、地震の地学的なリスクと、台風や集中豪雨などの気象学的リスクを抱えています。
2018年度はまさに災害がいつどこで起こるか分からないというほど多くの災害が起こった年でした。

私はハングググライダーから始まりパラグライダーとスカイスポーツを25年以上してきました。高校生の頃から登山をしていたので野営歴は35年になります。
アウトドアに長く関わってきた者として、災害の多い時代に社会に対してアウトドアで培った知識や考え方を還元したいと思ったからです。

実際に災害時には、野営の道具や知識、パラグライダーで磨いたリスク管理、気象の知識は役に立ちました。

私も、災害の備えや訓練は特にはしていません。
好きなアウトドアの道具や予備の食料や燃料や考えが役にたったのです。

人はいつ来るかもしれない災害に備えるのは苦手です。
しかし日本にいる以上、災害のリスクは免れません。

ではどうしたらよいのでしょうか?
キャンプを楽しむ、アウトドアスポーツを楽しむというのが結果的に、災害の備えになり、学習効果の高い訓練になると考えています。

静岡件の朝霧にある天子の森キャンプ場で、初心者向けに実践サバイバルキャンプを開催します。
ぜひ一人でも多くの人が野営やアウトドアの技術や考えを持つことによって、災害に強い体質ができると思っています。
ぜひご参加お待ちしています。

【災害に役立つ】実践サバイバルキャンプ


投稿者名 上野陸 投稿日時 2018年12月11日 | Permalink

WMA Dr.デヴィッド・ジョンソン氏の講演を聞いて


10/28にWMA(Wilderness Medical Associates )の総代表であるDr.デヴィッド・ジョンソン氏の講演を聞いてきました。
俱知安観光協会がこれから入る冬シーズンに向けてニセコで開催されました。ガイドやアウトドア関係者が多数参加していました。外国人の方もいました。

野外や災害など医療機関までの搬送に時間がかかる状況ををウィルダネス状況下と定義しています。ウィルダネス状況下でのファーストエイド(野外災害救急法)のことです。
直前に北海道アウトドアフォーラムで、WMAジャパンの寺田氏のワークショップを受け、総代表であるDr.デヴィッド・ジョンソン氏がニセコに来るということで参加いたしました。

Dr.デヴィッド・ジョンソン氏は、現場経験がかもしだす力強く自信のある声が印象的でした。
講演内容は、WMAの組織やウィルダネス状況下でのファーストエイド(救急法)の概要の説明でした。1,2時間で技術な内容までできるものではありませんので。

質疑応答の時間が設けられました。
過去に私が体験したファーストエイドの検証と改善点が見つかりました。

医療に従事しているわけではありませんので、実際に事故に遭遇することは滅多にありません。しかしゼロではありません。異常時に適切な行動がとれるかどうかが問題なわけです。現場で頭が回るようにこういった講演やセミナーなどの機会があれば参加するようにしています。

災害が起こりやすいサイクルに入っています。
なにも危ない野外なんていかなくてもいいじゃないかと思うかもしれませんが、災害時になれば嫌が応でもウィルダネス状況下に置かれます。

まずは自分の身の安全を守るための自助です。それができて他の人の共助ができます。

Dr.デヴィッド・ジョンソン氏の話で、「考え続けろ」と「選択肢は他にもあることが多い」というのが強く印象に残っています。
ありがとうございました。

WMAジャパンのホームページはこちら

【災害に役立つ】実践キャンプはこちらから


投稿者名 上野陸 投稿日時 2018年10月31日 | Permalink

同調性バイアス


今日は、同調性バイアスの話をします。
空気を読むとか右に倣えみたいなものでしょうか。

グループでパラグライダーを体験する場合には、最初の人の出来がその場の空気を作ってしまう傾向にあります。
初めて空を飛ぶので、少なからず不安があるからです。

人は社会的な動物ですので、二人以上の複数になると集団的な心理が働きます。

集団の空気に行動を合わせてしまうことを「同調性バイアス」といいます。
認知バイアスのことで偏り(かたより)のことです。思い込み、先入観とかです。

グループで最初に上手くフライトできると、「俺も飛ぶぞ!」とモチベーションが上がるのですが、最初に失敗し「むずかしい」と口に出してしまうと「むずかしい」症候群が発生します。「むずかしい」症候群は思考停止を招いてしまいます。

フライトするという遺伝子はヒトにはありません。後天的に学習するものなので、上手くいかなくて当たり前なのです。
改善を重ねればよいので、できないことができることを楽しむものとも言えます。

またよくある場面としては、テイクオフでは緊張し心理的にストレスがかかる状況です。
認知バイアスが起こりやすい場面です。

テイクオフで前でトンビが上げているのに、見合ってだれもテイクオフしない。
雲ゆきが怪しくなっているのに、一人がフライトすると我先にとフライトしてしまう。

災害で避難しなければならないのに、この同調性バイアスとみられる避難行動をしないことによって、逃げ遅れるケースが報告されています。

社会生活を送るためには空気を読むのも必要な能力の一つです。
同調性バイアスは、自然の脅威のなかで生き延びてきた戦略だという説が納得がいきます。
敵から自分の身を守るために集団を形成し、大きく見せる。攻撃された場合には、捉えられた個体以外が、その隙をついて逃げるという戦略です。

人類は自然の脅威にさらされていた時間のほうが長いので、非日常、ストレスのかかる場面では、合理的ではない認知バイアスが起こりやすいのです。

ではどうすればいいのかというと、具体的な計画、リミットなどの行動を予あらかじめ決めておくことにつきます。
こういう心理が働きやすいことを知っておくと判断の助けになります。

パラグライダーは、非日常の事態が発生した時のいいトレーニングになります。
自然の変化に行動を合わせなければならないという要素があります。
キャンプは生きる基本である衣食住の実践になります。

楽しみながら生きる力を育てましょう!

パラグライダーのコースはこちら

災害に役立つ実践キャンプのコースはこちら


投稿者名 上野陸 投稿日時 2018年10月17日 | Permalink

秋冬のキャンプ 一酸化炭素中毒にご用心


秋冬のキャンプは夜冷え込みます。
暖をとったり、調理するのに寒いからといって密閉したテント内で、ガスや薪、炭を焚いてはいけません。

一酸化炭素中毒が起こるからです。
一酸化炭素は臭いも色もありません。

狭いテントに知らずに一酸化炭素が充満し、気がつくと倒れていて動けないということになりかねません。

車中泊でマフラーが雪がふさがり排ガスが逆流してしまうこともあります。
昨年のように、豪雪で渋滞が起こることもあります。
冬季は車に防寒着やシュラフは必需品です。

災害で停電が起こると、換気扇が使えません。
調理、火を使う場合は換気する必要があります。

低体温症を防がねばなりませんが、呼吸はもっと大事ですので備えが必要です。

【災害に役立つ】実践キャンプはこちらから!


投稿者名 上野陸 投稿日時 2018年10月14日 | Permalink