コヨーテ3 P(軽量EN-A)インプレッション


ニビューク社EN-Aシリーズ コヨーテから軽量バージョンのコヨーテ3 Pがリリースされました。
本気度の高い軽量シリーズをリリースしてきたニビューク社。
EN-Aクラスはどんな仕上がりにしてきたのでしょうか。


EN-Aクラスというと、初級機といったイメージを持つかもしれません。
最新のテクノロジーやマテリアルの進化にともない、EN-Aクラスにバリュエーションが増え個性的なグライダーが登場し始めました。
安全基準がもっとも高いEN-Aクラスのフライトの幅が広がることは、リスクを含んでいるこのスポーツにとって歓迎すべきことです。



ニビューク社は、Amazing Adventuresと題して軽量グライダーにまつわる冒険をピックアップし推してきました。
グライダー名の後ろのPは ニビューク社の軽量シリーズを象徴する文字です。
plumeのpで、羽、羽毛といった意味です。


今回のコヨーテ3 Pのは、EN-Aクラスのシンプルな構造の特徴と相まって、軽量性、コンパクト性、ライザアップ特性、安定性が上げられます。
ノーマルのコヨーテ3(24サイズで4.5kg)でも十分に軽いのですが、3.45kgと1.05kgペットボトル二本分軽くなっています。ミニウイングや一枚翼を除けば、最も軽いグライダーです。
この軽量性とコンパクト性は、ハイク&フライの強力なアイテムとなります。


ハイク&フライは、車やゴンドラでテイクオフまで上がっていたものを、フライトのための手段から、周りの景色や自然観察を楽しみながら自分の足で登りアプローチを楽しむものです。
テイクオフに到着したときの充実感や爽快感は何ともいえないものです。自分の飛び道具を自在に持ち運ぶことができるのは、パラグライダーというコンパクトなギアにだけできるものです。



さっそくグライダーを広げてみよう。
セール上面は、ポルシェスポーツ セミ軽量タイプのスカイテック32g/m2。HOOK4P以上のグライダーとはことなった選択をしています。パラグライダーの取り扱いが慣れていない初心者が選ぶ場合でも安心できる材料です。軽量セールを選ばなくても十分に軽いという判断もあってでしょう。
セール下面は、軽量タイプのスカイテック27g/m2です。
ちなみなセールを引きずらないように注意がされています。
ラインは、ボトムラインは被膜つきです。ミドルとトップはむき出しのアラミド製ラインです。




ライザーはちょっと細い12mmのテープが採用されています。
ダイニーマのテープではないので、ライザーの捻れなどは発見しやすいと思います。



強めの風だったので、真ん中1/3だけエアインテークを広げライズアップ。ノーマルのコヨーテ3もライズアップ特性がいいのですが、さらにイージー。
上面がセミ軽量の記事なので、後縁から風が入り煽られることもなかったです。
ライズアップ特性、取り扱いやすさはとてもバランスがいい。初心者にとってはこれメリットです。
リラックスしてテイクオフができます。


ちょっとテイクオフでグランドハンドリングで遊んでからフライト開始!
Aクラスなので、ブレークコードのストロークは長めです。
まずはリッジでお試し。強めのサーマルがきたので旋回します。
春のコンディションです。小さく強いサーマルです。
Aクラスは安定性が強いので、ハイバンクを維持する操作が必要です。
風が強めなので流されないよう注意します。
上げきることができました!



軽量機特有の翼の柔らかさはあまり気になりませんでした。アスペクト比が低いこともあるかと思います。
構造的にしっかりしているイメージでした。
ビッグイヤーは、導入、維持はイージーです。
戻りもスムーズです。
ランディングは風が強めでしたが、吹き抜けをうまく使い高度を調整できました。
Aクラスの安定性は気楽です。



コヨーテ3 Pは、初心者から扱えるグライダーです。
将来的にハイク&フライを考えている、より軽いライズアップや軽量化したい方におすすめです。

EN-Aクラスに軽量機、パフォーマンス機というバリュエーションが広がるのは、本格的にグライダーが成熟期に入ってきたことを意味しています。
テクノロジーのベクトルが安全性に振れてくるのは、いいことだと思います。
(「安全性が上がった分リスクを取る傾向がある」とヒューマンエラーで教わりました。気をつけましょう。)

EN-AクラスからEN-Bクラスというステップアップはわかりやすい成長の目安でありました。

これからこのスポーツが成熟期を迎えるに当たって、人それぞれに合った自分基準、目的を持ち、それぞれに合ったパラグライダー選びがあってもよいのではないでしょうか。

コヨーテ3 Pの詳しい情報はこちら


投稿者名 上野陸 投稿日時 2018年05月25日 | Permalink

ライズアップがいつも同じ方向に傾いてしまう

右翼が潰れながら上がっています


北海道のサニーサイドパラグライダースクール校長の上野です。

久しぶりにパラグライダーワンポイントアドバイスです。

今回はフロントライズアップでいつも同じ方向に傾いてしまう方へのアドバイスです。

翼は左右均等にセットアップしました。

風に正対しています。

ライズアップ開始!

なぜかいつも同じ方向に傾いてしまう?


右手が前方に出ています


いつも同じ方向に傾いてしまう方は、次のことに原因があるかもしれません。

片方のライザーを引き込んでしまう。
片方のライザーを押し出してしまう。
身体がねじれる。
などパラグライダーにかかる力が左右不均等になってしまうということが考えられます。

筋力差や長時間同じ動作、姿勢を続けることによって身体に癖が生じる場合があります。

とくに緊張しやすいテイクオフ。無意識に過剰な力が入りやすい状況です。

無意識の行動をコントロールするしかありません。

練習で正しいフォームを身につけましょう。


思い立ったが吉日
今年こそパラグライダーを初めてみよう!
ただいま新入生募集中です。
こちらをチェック!


投稿者名 上野陸 投稿日時 2018年05月14日 | Permalink

ΦPHI シンフォニアの秘密


オリジナルな設計で独自の道を行く天才デザイナー ハンネス・パペッシュさんが、ΦPHIを立ち上げてまでも創りたかったグライダー『シンフォニア』。

最も安全性が高いEN-Aクラスを取得し、ソアリングやクロスカントリーをもこなす十分なパフォーマンスを備えた実力を持つグライダーが誕生しました。
50セル、アスペクト比は5.14とEN-Bクラススタンダード並のスペックを持ちます。

3Dシェイプ、内部構造、低抗力設計など天才パペッシュさんの最新テクノロジーが凝縮されています。

レジャンドパイロット マイク・クングさんが尊敬しているというパペッシュ作品、その秘密を教えてもらいました。

『シンフォニア』はEN-A イコール ビギナークラスという常識を覆しました。
安全性が高くフライトを楽しめる本格派グライダー『シンフォニア』の秘密を紹介しましょう。



3Dシェイプ



パラグライダーはセールに空気を取り込み翼型を形成します。柔らかい素材なので膨らみができてしまい揚力のロスがおきます。ギザギザのパネルをはめ込むことによって、この膨らみをよりフラットにして効率よく揚力を生み出します。


スパン方向のバンド



下面から透けて見えるスパン方向のバンドです。
前縁部分、中央、後縁と三ヶ所にバンドを配置しています。
スパン方向の剛性を高めます。

翼の翼端が前進してしまうとか、翼が収縮してしまうのを防ぎます。
このバンドはグライダーのスパン方向の変形を防いでくれます。

後縁にはミニリブが配置してありシェイプを保ちます。


ブレークコード ギャザリング



ブレークコードの付け根にあるスカートのヒダと同じ形状のものです。
ブレークコードの引き始めは白いテープが縮まり、翼をコントロールします。
後縁が引かれないので抗力は最小限度で済みます。


ダイアゴナルリブと少ないラインプラン



パペッシュさんの得意とするのが、ライン数の少なさです。
ダイアゴナルリブ(斜めのリブ)を配置して構造を工夫しラインを減らしています。
有害抵抗は減りパフォーマンスは改善します。


シンフォニアには、EN-Aクラスとは思えない抵抗感のなさ、サーマルソアリングのしやすさ、スムーズなグライディングを感じていました。

最新のテクノロジーが取り入れられ、それが難しさではなく、パイロットに寄り添ったものになっています。「リラックスしてフライトを楽しもうよ」というメッセージが込められているように感じました。

マイク・クングさんというアクロフライト、テストパイロット、X-ALPSと常にパラグライダーの第一線で活躍して来たパイロットが全く新しいグライダーと語る「シンフォニア」ぜひお試しください。

試乗機は、18から24までございます。
気になる方はスクールさんにリクエストしてください!


シンフォニアのページはこちら


投稿者名 上野陸 投稿日時 2018年02月05日 | Permalink

2018.1.23,24 マイク・クング in 朝霧中止のお知らせ


1/23,24に予定していたΦマイク・クング in 朝霧中止のお知らせです。
南岸低気圧の通過のため、朝霧は5cmの積雪です。夜まで降り続くとかなりの積雪が予想されます。
交通の混乱も予想されるため、残念ながら中止とさせていただきます。
楽しみにしていたみなさん申し訳ございません。


投稿者名 上野陸 投稿日時 2018年01月22日 | Permalink

Φマイク・クングジャパンツアー day0 2018.1.19

Welcome to Japan


ΦPHIファイ マイク・クング ジャパンツアー2018がスタートです。

ヨーロッパも大荒れの天気だったようです。
マイク・クングさんはなんとか乗り継いでもらい成田に到着しました。
荷物は遅れての到着となってしまうようです。

エアパークCOOさんから飛び道具一式をお借りし早速のフライトです。
さすがレジェンド、北風のはっきりしない難しいコンデションの中、バリオなしで小一時間フライトしていました。


ご一緒させていただきました #φmikekungjapantour2018 ungjapantour2018

陸 上野さん(@airueno)がシェアした投稿 -


スケジュールは以下の通りです。
明日はスカイパーク宇都宮さんにお伺いします。
レジェンドのフライトをお見逃しなく!
みなさんお待ちしています。

2018.1.20 (土)宇都宮(スカイパーク宇都宮)
2018.1.21(日) 茨城(エアパークCOO、nasa)
2018.1.23 (火)朝霧(ウイングキッス朝霧)
2018.1.24 (水)朝霧(ウイングキッス朝霧)
2018.1.25 (木)愛知(スカイトライ)
2018.1.26 (金)京都(バーズ)
2018.1.27 (土)岩屋山(TAK、ロールアウト)
2018.1.28 (日)紀ノ川(ユーピー)


投稿者名 上野陸 投稿日時 2018年01月19日 | Permalink