水分補給が必要なのは熱中症予防だけじゃない!


8/11は山の日でした。
登山者のけがや病気を専門とする「山岳医」の国内での草分けで山岳医である大城和恵先生が、登山中での死因や死亡した状況などを分析しました。
私たちパラグライダーにも参考になることがありますのでシェアしたいと思います。


大城医師は、平成27年までの5年間に登山中の死者が多かった10の道と県で、警察の協力を得て、御嶽山の噴火を除いた合わせて553人の死因や死亡した状況などを分析しました。
このうち死因は、滑落などによる外傷が最も多く45.4%、次いで低体温症が15.2%、心臓発作が13.2%と、雪崩や脳卒中などよりも多く、これらが「登山中の3大死因」でした。
また、救助隊の到着時に生存していた人の割合はわずか2.5%だったことがわかりました。

注目して欲しいのは、「心臓発作」です。


「心臓発作」は夏場に注意
登山中の「3大死因」の1つ、心臓発作について、分析にあたった医師は、脱水症状が引き金となるおそれがあり、夏場は特に注意が必要だと指摘しています。
今回の研究を行った大城和恵医師は、札幌市にある北海道大野記念病院の「山岳登山外来」で、持病などで登山に不安を抱える人の相談や診察にあたっています。
今回の分析の中で登山中に心臓発作で死亡していた人は73人でした。
このうちデータのある68人の全員が40代以上、94%が男性で、大城医師はこうした人が登山をする場合、心臓に異常がないか事前に検査することが望ましいとしています。
そのうえで、登山中の心臓発作は、特に夏場に注意が必要だと指摘します。登山で汗をかくなどして脱水症状に陥ると、体内の血液の量が減り、心臓発作の引き金となるおそれがあるからです。
さらに登山中の脱水症状は、体の疲れと勘違いし体調の変化を見過ごしやすいということです。このため大城医師は、心臓発作を防ぐには脱水症状にならないための水分補給が重要だとしています。

「心臓発作について、脱水症状が引き金となるおそれがある。」
夏場は気温が高く、汗をかき水分が失われやすいです。
フライト中はトイレにいけないので、水分を控えたいという思いがある。
セットアップは動くので、汗をかく環境である。
フライト前、フライト中は、緊張や普段とは違った環境のため心拍数が上がり、本人が思っている以上に実は負荷がかかっている。
加齢により、以前よりも体に水分を保持することができていない。
加齢により、自分が思っている以上にダメージが大きくなっている。

ファーストエイド講習を受講した時に、熱中症以外に水分不足が引き起こす事例の多さに驚きました。
水分不足は、自覚症状が現れにくいものです。
気づいた時には遅く、すぐに水分補給しても回復には時間がかかります。
定期的に水分補給するというのが予防策になります。

私は昨年から水分補給に気をつけるようしています。体験の多くなる夏は陸上部の部活みたいなものです。水をよく飲むようになってから夜中に足がつることがなくなりました。


今回の分析の中で登山中に心臓発作で死亡していた人は73人でした。
このうちデータのある68人の全員が40代以上、94%が男性で、大城医師はこうした人が登山をする場合、心臓に異常がないか事前に検査することが望ましいとしています。

40代以上、94%が男性という、今のパラグライダー人口で当てはまってしまう方もおおく、末長く健康でこのスカイスポーツを楽しむ上でも、水分補給に気をつけていただきたいと思います。


投稿者名 上野陸 投稿日時 2017年08月12日 | Permalink

ASPEN6 (GRADIENT EN-C)インプレッション



クロスカントリーをしたいパイロット向けのGRADIENTのEN-CシリーズASPEN6がリリースされました。
アスペクト比(実測)が6.46と前ASPEN5 6.25から順調に成長しています。
2007年発売のAVAX XC2が6.38でしたので、10年ひと昔でシリーズが一つ変わりました。

最新のマテリアルで開発されたASPEN6はどんな飛びをするのでしょうか?


24サイズ(70-90kg)の82kgで真ん中くらいでフライトしました。
グライダー重量は4.5kgとノーマルタイプですが、5kgを切っています。

アスペクト比は4.46と高めですが、軽量性、前縁のきれいなシェープもあり、ライズアップは軽いです。
ちなみに私はAメインラインの真ん中のラインを持ってライズアップしました。
中央1/3に風を当てるつもりでライズアップすると左右に取られにくいです。
翼型はシェープががクリーンで内部構造もしっかりしているのでインフレーションは早いです。
最初のインパクトはしっかりとします。大切なのはその後の荷重の逃しです。うまくコンビネーションをしてあげるときれいにライズアップできます。
パワーはコントロールしてあげればいいのです。



GRADIENTの前縁は、さっぱりとしたクリーンなタイプです。
いろいろな理屈はあると思いますが、風の変化に対してナチュラルな感じがします。
気流の変化に対して、グライダーが強く反応するのが好みではないパイロットにはおすすめです。

前ASPEN5よりもアスペクト比で、0.2ポイント上がり、重量で300g軽くなっていますが、翼の剛性感は変わらない感じがします。内部構造、翼型が機能しているのでしょう。

ハンドリングは、アスペクト比が高い割には、レスポンス、ストロークともにストレスを感じさせない仕上がりになっています。
スピードレンジは最新のものらしく変化があります。
どのポジションでフライトするのかは明確にしておきたいです。

ハイスペックなので高度のコントロールには気をつけてもらいたいです。
特に吸い上げには注意です。
降下手段は、何がいくつまで使えるのか把握してしておきましょう。



ASPEN6を特徴つけているのは、このウイングチップです。
鳥の羽のように先端が跳ね上がっていてしっかりとリッジフォイルが入っています。
シャキーンとしてかっこいいです。
テイクオフの時にラインを絡ませなように注意してください。


ASPEN6は、クロスカントリーをしたいパイロット向けのハイスペックグライダーです。
山だけではなく、平野にも挑戦したくなるグライダーです。
もう一歩遠くへフライトしてみませんか。

ASPEN6
¥500,000 (税別)
スペックはこちら
※22サイズ(65-85kg)は、ライトバージョンがリリースされる予定です。




投稿者名 上野陸 投稿日時 2017年07月19日 | Permalink

HOOK4 P(NIVIUK EN-Bスタンダード軽量) インプレッション


EN-Bスタンダードクラス HOOK4の軽量バージョン HOOK4 Pでフライトしてみました。
HOOK4は、EN-Aクラスからの乗り換え、リラックスソアリングをしたいパイロットに人気のモデルです。
これの軽量バージョンの登場です。

HOOK4 23 4.7kgに対してHOOK4 P 23は、3.25kgと1.45kgとペットボトル約1.5L分軽いのです。
そしてコンパクト。HOOK4も十分コンパクトなんですけどね。

もっとも軽量感を感じるのはライズアップです。
楽ちんです。笑っちゃいます。
ライズアップが苦手な人はこれおすすめです。



安定のHOOKシリーズハンドリングは、Bクラススタンダードレベルでハンドリングと安定感のバランスがいいです。
この日は低いところのサーマルは小さく、クイックなターンが必要なコンディションでした。
軽量性のためハンドリングのレスポンスを早くすることができ、低いところを凌ぐことができました。
楽しい!



ビッグイヤーは、A'ライザーがあります。通常の手順で行えます。
特に難しいところはありません。



気流の変化を伝えるフィードバックはHOOK4よりも敏感な感じがします。
なにせ軽いですから。
何度かあげ直しているうちに、サーマルトップも上がって来て、トップアウトすることができました。



1.45kg軽くなったマテリアルの話をしましょう。
セールはポルシェスポーツ社の27g/m2軽量生地です。
セールメーカーは、ノーマルの生地も軽量生地も保証期間は同じです。
ツリーラン、こすったとかの物理的なダメージには弱いと思いますが。
一時の軽量グライダーは耐久性が極端に劣るという時から進化しています。



ライザーはダイニーマ製のフル軽量ライザーです。
ラピッドリングも金属ではなくダイニーマ製です。
1.45kg軽くするためにはそうなりますよね。



前縁には形状記憶合金ニチノールが入っています。
翼の剛性と軽量を両立させてます。


X-ALPSのように、ハイク&フライには実用的だと思います。
軽さ、コンパクト、高い安定性、ある程度のパフォーマンス。
暑い夏の日に、重装備ではなく、軽量グライダーでパラグライダー本来の機動性を活かし、お気軽にファンフライトもいいです。
軽さは性能だと感じました。

HOOK4P ¥520,000(税別)
http://www.airheart.jp/product/niviuk/hook4/index.shtml

試乗機あります。
HOOK4 P 23 65-85kg
HOOK4 P 25 80-100kg



投稿者名 上野陸 投稿日時 2017年07月15日 | Permalink

VARIO LS 軽いスリムな高度計器


ヨーロッパで開催中のアスプスを横断するレースレッドブルX-ALPS2017やイタリアで開催中のパラグライダー世界選手権のレース模様を中継するライブトラッキングを支えているのがFLYMASTER社です。

フライト計器ではトップメーカーとなったFLYMASTER社が今回リリースしたのは、もっともベーシックなモデルVARIO LSです。

VARIO LSは、LIGHT 軽さ、SLIM 薄い、シンプルでお手頃価格なのが特徴です。
いままでのバリオメーターにはないカラフルな三色展開です。



実際に使ってみました。



動画は音がでます。
NAV SDと比べても反応は同じでした。

バリオ、サウンドメーター(昇降計、音で知らせてくれる)アルチメーター(高度計)としては、機能は十分です。
デジタルで数字を表示、アナログでメーターが上下で動く(自動車のスピードメーターのようなもの)時刻、フライト時間(どちらか表示)、上昇音、下降音、下降警告音など基本的な機能は充実しています。

初めての計器でどれを買っていいの分からない。
シンプルなものがいい。
という方にはおすすめです。

充電はUSBからできます。

VARIO LSの固定は、裏にマジックテープがついていますので、コックピットがあればそのまま固定できます。

コックピットがない方は、別売りのハーネスアダプターやレッグストラップで固定してください。




ハーネスアダプター


レッグストラップ


VARIO LS  
126x73x12mm(縦x横x厚さ)
価格¥30,000(税別)

http://www.airheart.jp/product/flymaster/vario-ls/index.shtml

お買い求めは、最寄りの弊社取り扱い店さまにお願いします。


文字が見えにくくなっている方は、レイアウトや文字の大きさが変えられるVARIO SDがおすすめです。

対地速度、フライトログなどのデータが知りたい方は、GPS SDがおすすめです。

将来大会に出るつもりであれば、大会に特化したNAV SDがおすすめです。

投稿者名 上野陸 投稿日時 2017年07月14日 | Permalink

夏本番 水分の補給の仕方


北海道も連日の30度越えで湿度もあり暑いです。
心配なのが熱中症です。

水分を取らなければならないのは分かっているのですが、ついつい水分補給が遅れがちになります。

水分が不足することによってのダメージを認識すること、水分を取りやすくする、飲む時間、量を決めるなどの工夫が必要です。



気温が上がるとカラダは体温を下げようと汗をかきます。
乾燥した地域や場所では、汗が蒸発するので汗をかいている認識がありません。
オーストラリア修行時代に、室内で脱水症状を起こしたことがあります。
数日激しい腹痛にやられました。

体に水分やミネラルが不足することによって機能低下を起こします。
分かりやすいのは、足がつるこむら返りです。

数年前に水分不足からひどい熱けいれんを起こした人を病院に搬送したことがあります。足から太もも腹筋と症状が拡大していくさまはそうとう痛そうでした。
筋肉が硬直してカッチカチでした。
水を飲ませても遅かったです。
やはりすぐには回復しないそうです。

意識は朦朧とするなど分かりやすい状態でなくても、私たちパイロットにとって意識が低下することは、
フライト判断を誤る、カウンター動作が遅れるなどフライトの安全性にかかわる事態を引き起こしかねません。

フライト前に準備、フライト用の衣類で熱がこもる、フライトの緊張で心拍数が上がるなど、汗をかく原因がたくさんあります。この季節はフライト中の給水も考えなくてはなりません。

水不足に関しては、自覚症状が薄いと考えたほうがいいです。
先日も草刈りに熱中しすぎてフラフラになりました。
「喉が乾いたな」「もう少しやってからにしよう」意識を切り替えてしまうと耐えられてしまいます。
でもダメージは確実に残りました。

「のどが乾いたら飲む」とかでは防ぐことができないという結論です。

定量的に水分を補給するしかないと考えるようになりました。
いつも水筒を持ち歩いています。
スクール前にまず水分を補給して、さらに一区切りごとに補給するようにしています。
30分ごとに250ml、2時間で1Lを飲み干すようにしました。
もちろん運動量によって変わります。

水、お茶、スポーツドリンク、炭酸水など味のバリエーションを用意して変えるようにしています。
また目立つところにボトルを置くことにしています。

加齢ともに水分補給をしないとダメージが残るようになりました。
夜中に足がつることが多くなりました。
水分補給をしっかりとすると足がつることがなくなりました。

ケガや事故防止のためにも水分補給は重要なスキルのひとつですよ!



プラスチックボトル「ナルゲン」、小さくなるソフトボトル「プラティパス」がおすすめです。


投稿者名 上野陸 投稿日時 2017年07月12日 | Permalink