最初の一歩の踏み出し方

どーもこんにちは!
サニーサイドアウトドアスクール校長の上野です。

パラグライダーなどのスカイスポーツで、風と人という関係に30年ほどたずさわってきました。
今は風の時代と言われています。
風に象徴される変化の時代に何かヒントになれば幸いです。

さて日曜日三週連続雨天でゆっくりした日曜日を過ごしています。
今日は、朝方にタイヤ交換と家の周りの草刈りを済ませました。
スッキリしました。

さっそく今日のお題です。
「最初の一歩の踏み出し方」です。

この場合は、未知のことであったり、新しい環境に踏み出さなければならないなどハードルを超えるとような場合です。

いわゆる決断を迫れているような状況です。

私は初心者対象のパラグライダーの体験プログラムをしています。

私のスクールでは、二人乗りではなくて、ご本人が一人でショートフライトをするスタイルです。

インストラクターがサポートするにせよ、最初の一歩はご本人が踏み出す必要があります。

この時にいろいろな反応があります。

意を決して、ダッシュする人。

途中で足がすくんでしまう人。

ジグザクに進んでしまう人。

足は動いているのですが、足踏みして前に進んでいない人など。

3つのポイントがあると思っています。

一つはタイミング。

特にパラグライダーは風との関係があるので、適切な風が吹いた時にスタートする必要があります。

二つ目は、自然な姿勢とスムーズな加速
過度な緊張感があると、無理な姿勢や力みからチグハグな感じになってしまいます。

しかしこれらは無意識から発生しているものです。
適度にリラックスしている必要があります。

三つ目は、方向性です。
基本的には風上に向かってテイクオフします。

一歩目の方向が定まっていないと、ボタンのかけ違いと一緒でパラグライダーに力が伝わらず、風に流れてしまう原因になります。

誰しも初めてのことで、第一歩を踏み出さなければならない時が訪れます。
心構えとか、リスク管理など何らかの共通しているもの、応用できることはあるかと思います。

私は基本チキンなので小さく試して致命傷を追わないように、かつタイミングは見逃さないようにしています。

それではまた!


投稿者名 上野陸 投稿日時 2021年04月04日 | Permalink

パラグライダー体験は人の思わぬ反応が出たりします

こんにちは!
サニーサイドアウトドアスクール 校長の上野陸(あつし)です。
ブログごぶさたしています。

風の時代と言われています。なるほどと直感的にあてはまっているなぁと感じています。

見えない風を相手にしているパラグライダーからヒントがあるのではないかと思い、気づいたことを解説していきます。



今週はご家族でパラグライダー体験にいらっしゃる方が多かったです。

私のサニーサイドアウトドアスクールでは、自分で走りコントロールするパラグライダー体験をしています。
二人乗りではありません。

飛ぶという遺伝子を持っていない人が、パラグライダーのフライトという未知のものに、自らそれに対して行動していくのかが、体験としての価値になると思っているからです。

自ら飛んだ経験のあるひとはわずかなので、みんなが初めてのゼロベースの体験というのが特徴です。

飛ぶことへのワクワク感と「失敗しそうだ」「落ちるのではないか」という防衛本能からの疑念が交錯します。
これは人の意識と無意識の中で起こっている自然な反応です。

そうすると普段は見られない無意識の感情や行動が現れます。
無意識なので自分ですら気づいていないことです。

誰しも親とか上司とかという立場、ポジションで接しています。
お互いに初めての体験で、こんな反応するんだとか、新たな面を見ることができるかもしれません。

お子さんが大きくなると共通の会話のネタも少なくなるかと思います。
お互いの初めての体験は共通の会話ができます。

心理的安全性が高い場を作るためには、自己開示が必要と言われています。
パラグライダー体験は、自らを隠しきれない自己開示ツールとしても有効かと思います。

またご家族だけではなく、仕事のチームでも有効かと思います。

ただいまツールの開発中です。


投稿者名 上野陸 投稿日時 2021年04月02日 | Permalink

GO TO トラベル地域共通クーポンを使ってパラ体験をしよう!


GO TOトラベルは、「新型コロナウイルスにより大きなダメージを受けている旅行業、宿泊業、観光施設や交通機関の活性化」を目的としたものです。

10月1日より、還元されるものの15%分が地域共通クーポンとして旅行者に配布されます。サニーサイドアウトドアスクールは、この地域共通クーポンが使える加盟店として認可されました。

GO TO トラベルについて
要件があります。
ご確認ください。


GO TO トラベル 地域共通クーポン使用の流れについて

・パラグライダー体験の仮予約を取ってください。

スケジュール
スケジュールは流動的です。仮予約は返信をお待ちください。


ご予約はこちら


旅行代理店、GOTO宿泊施設にお申し込みいただき、「地域共通クーポン」が得られます。
使用できる地域、期間が決まっていますので、ご注意ください。

コロナ対策のため、事前のお支払いをお願いしています。
お客様が弊社で使用される「地域共通クーポン」の金額を除いた請求書をメールにてお送りします。
クレジットカードにてお支払いください。
これでご予約が完了いたします。
「地域共通クーポン」は当日お渡しください。
 


投稿者名 上野陸 投稿日時 2020年09月19日 | Permalink

STAY HOME


みなさん、こんにちは!
サニーサイドアウトドアスクールの上野です。

4/25〜5/10までスクールを休講することにしました。

県内のお客さまのご利用があることと、キャパ的にほぼ1組の受け入れになっていたので、休講にはしていませんでした。

コロナ禍は1、2ヶ月で収束するとは思えなく、長期戦になるだろうと予測しています。

WITHコロナを見据えて3月下旬には、申込書、同意書、お支払いを事前にオンラインで行うことにより接触ポイントを減らし、体験中の距離感や立ち位置を見直すことにより飛沫を避け、感染のリスクを減らす対策をしました。

しかし使用エリアの閉鎖に伴い休講といたします。

この業界で25年以上働いていますが、ゴールデンウイークに自分のお休みは初めてですね。

あのニュートンも、17世紀のロンドンのペスト大流行でケンブリッジ大学が休校になり、万有引力を含めた「ニュートンの三大業績」とされるものは、いずれもペスト禍を逃れて故郷の田舎に戻っていた18か月間の休暇中になしとげたことであり、この期間のことは「驚異の諸年」とも、「創造的休暇」とも呼ばれている。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

たっぷりの自宅での時間がありますので、課題であった防災のオンライン化に取り組みます。
コロナ禍で、強制的にオンライン化が進んでいるのでチャンスだと思っています。

またZOOMの集いを企画しますので話しましょう。


投稿者名 上野陸 投稿日時 2020年04月24日 | Permalink

新型コロナウイルスへの対策について


みなさんこんにちは! サニーサイドアウトドアスクール 校長の上野です。

パラグライダー体験での、新型コロナウイルスへの感染予防対策についてです。

「密閉」「密集」「密接」の三密を防ぐための対策を立てました。

  • 現地集合、現地解散といたします。
  • 送迎の場合は、窓全開とさせていただきます。
  • 接触を減らすために、事前のオンラインでの申込書の提出、事前のクレジットカード決済とさせていただきます。
  • 私が話すことが多いので、飛沫を防止するためにマスクを着用させていただきます。
    お客様もマスク着用をお願いします。
  • グローブ、軍手は必須です。
  • ヘルメット、ハーネスの体に触れる部分は毎回消毒しています。


体験のお申し込みの流れ

  • メールにてご希望のお日にちをおしらせください。
  • 空いていれば仮予約いたします。
  • 事前決済をお願いします。
  • 事前決済後、ご予約が成立です。
  • お申込みフォームURLをメールにて送ります。
  • 前日までに送信してください。


パラグライダーは、風通しの良い広いところで行うので感染のリスクは低いです。
わずかな接触のポイントを避けることが大切です。

アウトドアスポーツでは、自分で考えて行動することが大切だと考えています。

リスク洗い出し、リスクを管理するリスク・マネジメント、コミュニケーションを取りながらお互いのリスクを減らしていくリスク・コミュニケーションを学び、実践するにはいい機会ではないでしょうか。

パラグライダー体験はこちらから!



 


投稿者名 上野陸 投稿日時 2020年03月27日 | Permalink