知的ワクチン


みなさん、こんにちは

サニーサイドアウトドアスクールの上野です。

前回「マスク、トイレットペーパーの買い占めについて」書きました。

「人々の間に、差し迫った脅威が共有されている」
「全員に行き渡らない」
この条件が揃うと、人々はパニック行動を起こしてしまいます。

トイレットペーパーは、在庫があるといくら業界団体が広報しても店頭にいつもトイレットペーパーが積まれている状態になるまでは人の不安感は消せません。すでにデマが一人歩きしている状態です。

新型コロナウイルスが収束するまでは、見えない不安感のため、デマや流言で、群衆のパニック行動が起きる可能性があります。

今回は、デマや流言に惑わされないためにはどうするのかを考えます。

知的ワクチンという考えです。


知的ワクチン
 未だ経験していない苦難や災害に対して、それに対抗する力、免疫力を、我々日本人が持たなければならないだろう。そして、そのために必要なのは知的予防接種ではないか。

 つまり、「知的ワクチン」である。

 ワクチンは、感染したことのない病原体から人や動植物を守るために、病原体またはその一部を人工的に用いて疑似感染を起こすことで、その病原体に対抗する抵抗力(抗体)を作り出す物質(医薬品)である。

 同じようなアイディアの延長線上に、知的ワクチンがある。

 私は「読むワクチン」「聞くワクチン」など、素敵なワクチンがこの際特に必要だと思う。私的ワクチンを自覚的に自分自身に打つことで免疫力を持たなければならない。

『どんな災害も逃れる処方箋 疑似体験「知的ワクチン」の効能 広瀬弘忠 著

災害など異常時における人の行動は、同じような傾向を持ちます。

知的ワクチンとは、過去にあった出来事から学ぶことです。
トイレットペーパー騒動は、1973年のオイルショックで同様の買い占め行動が起こり混乱しています。

デマや流言が発端で、連鎖的にパニック行動を止めるためにはどうしたら良いのでしょうか。

アドラー心理学では、人は家族から学校、地域、国など共同体に所属していて、判断に困ったらより大きな共同体を考えよ、といっています。

家族など身近な共同体のために、持てるだけ買い占め、買いだめしてしまうのではなく、もしその地域で買い置きや必要な人のために、一ヶ月分だけにしておこうと節度を持つものです。


〜人は一人だけで孤立して生きているのではなく、全体との関わりの中で生きているわけですから、全くの私的な、あるいは個人的な意味漬け(私的感覚)ではなくコモンな(普遍的な)判断としての「コモンセンス」を持つことが有用であり、重要である、とアドラーは繰り返し説いていています。(『個人心理学講義』28から9ページなど)。

コモンセンスは、しかし常識とは必ずしも重ならないので、「共通感覚」と言うこなれない言葉を使うことにしています。今現に私たちが属している社会の通念に合致しているのがいいのか、それに対してノーと言うのがいいのか判断に迷ったらより大きな共同体を考えよ、とアドラーはいってきました。

『アドラー心理学入門』岸見一郎 著 より

目に見えない感染症や災害時の時には、条件が重なると群集心理によるパニック行動が発生して、全体としては誤った行動をとり、事故に発展することがあります。

すぐに反応するのではなくて、考えるという習慣が必要です。


刺激と反応の間には選択の自由があるという原則である。
選択の自由の中にこそ、人間だけが授かり、人間を人間たらしめる4つの能力(自覚、想像、良心、意思)がある。

『7つの習慣』スティーブン・R・コヴィ 著

まだ収束は見えないとはいえ、ライフラインや物流が止まっているわけではありません。

自分はどの情報に反応し、どのような行動をとったのか。

最適な行動はどうだったのか。

自分で知的ワクチンを処方してみてはいかがでしょうか。


投稿者名 上野陸 投稿日時 2020年03月03日 | Permalink

マスク、トイレットペーパー買い占めについて


みなさん、こんにちは!

サニーサイドアウトドアスクール校長の上野です。

新型コロナウイルスで、マスクや消毒薬、まさかのトイレットペーパーが買い占めにあい店頭から消えています。
社会全体としては、必要な人に届かないデメリットが発生してしまいます。

心理的な背景を考えます。


1973年のオイルショックで、原油高騰により『紙が本当に無くなるかもしれない』という集団心理が働き連鎖的に、「物不足の恐怖」に直面したためにパニックが発生したと言われている。
(トイレットペーパー騒動出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

オイルショックでのトイレットペーパー騒動は、母に連れられて買い物に行ったことををうっすらと覚えています。

現在、静岡県の富士宮市に住んでいるのですが、お隣の富士市はトイレットペーパーの生産が国内市場の3割を超えています。
しかし、この地域でもトイレットペーパーが店頭から消えていました。



オイルショックから47年たっていますが、人は変わっていないなと感じます。

群衆のパニック行動は、時に大きな事故を起こすことがあるので注意が必要です。

一般に切迫した緊急事態には、正常性バイアスや同調性バイアスによって行動できない人の方が多いことが知られています。

パニック行動になるにはいくつかの条件が必要です。


①緊迫した状況に置かれているという意識が、人々の間に共有されていて、多くの人々が、差し迫った脅威を感じている。

②危険を逃れる方法がある、と信じられること。

③脱出は可能だという思いはあるが、安全は保障されていない、という強い不安感があること。

④人々の間で相互のコミュニケーションが、正常には成り立たなくなってしまうこと。

『人はなぜ逃げ遅れるのかー災害の心理学』広瀬弘忠 著

「原材料が中国から輸入できなくなる」と言う流言が発端のようです。

しかし、業界団体が、在庫は十分にあると言ってデマの火消し情報を出しているのにもかかわらず、一向に収まる気配がありません。

新型コロナウイルス収束が見えていない不安感が背景にあります。

また、現在は、マスクやトイレットペーパーが全員に行き渡らないために、買い占めの連鎖を生んでいます。

群衆心理が働いてしまっているので、商品が店頭に積まれるまでは治らないかもしれません。

災害時にも同様のことが発生します。
次回は、私たちはどのような備えや考えを持ったらいいのかを考えます。

それではまた!



投稿者名 上野陸 投稿日時 2020年03月02日 | Permalink

わたしの感染症対策


みなさん、こんにちは!
サニーサイドアウトドアスクールの上野です。

新型コロナウイルスの広がりが深刻になってきています。
実態が見えず、数字が積み重なって徐々に進行していく様は、自然と恐怖心をあおるものです。

一般的な対策はご存知でしょうから、自分の免疫力を高めるための方法を紹介します。


基本的には体温を下げないようにしています。


冬は運動不足になりがちなので、定期的にランニングをしています。


あとは筋トレです。
といっても簡単にできる、腕立て伏せやスクワットなどの道具のいらないすぐにできるものです。



冬は白湯をよく飲んでいます。

コーヒーやお茶だけだとカフェインを取り過ぎてしまいます。

冷たい飲み物だと体温を下げてしまい免疫力がダウン。

白湯でウイルスは殺菌できないけれど、喉に張りついたウイルスを消化器まで洗い流し、胃液でウイルスを解体するイメージです。

朝に山専ボトル900mlに白湯を詰めて、夕方にはなくなります。
そのあとは、念には念を入れて飲むアルコール消毒です。(笑)

あとは、日光を浴びること、よく寝ることです。
あまり深刻になり過ぎないことかな。

それではまた!


投稿者名 上野陸 投稿日時 2020年02月28日 | Permalink

リスクを減らすためには準備が必要


みなさん、こんにちは!
サニーサイドアウトドアスクールの上野です。

日本各地で新型コロナウイルス感染者が確認され、感染ルートが特定できない市中感染の懸念が増大し、新しいフェーズに入ったのことが現実味を帯びています。

今後どのような展開になるのか分かりませんが、リスク管理の観点から考えたいと思います。


BCP(事業継続計画)とは、企業が自然災害、大火災、テロ攻撃などの緊急事態に遭遇した場合において、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を可能とするために、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法、手段などを取り決めておく計画のことです。

 緊急事態は突然発生します。有効な手を打つことがきでなければ、特に中小企業は、経営基盤の脆弱なため、廃業に追い込まれるおそれがあります。また、事業を縮小し従業員を解雇しなければならない状況も考えられます。

 緊急時に倒産や事業縮小を余儀なくされないためには、平常時からBCPを周到に準備しておき、緊急時に事業の継続・早期復旧を図ることが重要となります†3。こうした企業は、顧客の信用を維持し、市場関係者から高い評価を受けることとなり、株主にとって企業価値の維持・向上につながるのです。

中小企業庁 HPより

なぜBCP対策を持ち出したかというと、2011年の東日本大震災と2018年の北海道胆振東部地震で、仕事に大きな影響を受けたからです。

パラグライダーという事業を長年しています。
人が空を飛びたいという気持ちは、平和で安全な社会の中で起こります。

災害後には、停滞や風評被害が起こります。
北海道の地震の時には、風評被害の影響は半年といわれていました。
しかしパラグライダーのようなアウトドアスポーツは季節性があり、半年とは全シーズンを意味します。
災害多発時代では、ビジネスモデルを変えなくては生き残れないと感じました。


今回の新型コロナウイルスでも季節性インフルエンザでも、人と接触が一番のリスクになります。
感染のリスクを減らすのは、人との接触をできるだけ減らすということになります。

これだけインターネットが発達しているのですから、オンラインを活用し在宅勤務や会議、あるいは授業でも可能です。
感染症が広がってしまい機能停止になるのではなく、事前の準備や初期対応をしてできるだけ社会機能を保ち持ち続けることの方がリスクが少なくなります。

また感染症対策ばかりではありません。
首都圏直下型地震や南海トラフ地震では、広範囲にわたって大きな被害の発生が予想されています。

そのような時にも、被害の少ない地域が連携し、できるだけ早く事業の再開や日常を取り戻すことによって、災害地域への早い復旧、復興が可能になります。

制約はそれぞれあるかと思いますが、リスクを回避するための準備は、それ以前に行うことによって実現します。

事業もそうですが、以下のような早い対策が被害の広がりの軽減につながります。

それではまた!



 


「防災しなければならないのは分かるけど、何からすればいいのか?」

そんなあなたのために防災プログラムを開講しています。

下記のリンクをポチッとしてください。
 


サニーサイドアウトドアスクールの防災プログラムについて

サニーサイドアウトドアスクールでは、さまざまな防災プログラムを開講しています。
日本にはさまざまな災害が発生します。弊社の防災プログラムは、「もしもの時に行動できる」を目的としています。
スキルを教えるというよりも、グループワークでの話し合い、実技を通しての学びや気づきに重点をおいています。

防災サバイバルキャンプ

初心者から対象です。
STEP1からSTEP3を行うことによって、災害の全体像、優先順位を学ぶことができます。
グループワークで話し合い、実習でスキルを実践します。
失敗は当然です。失敗から学ぶことは多くあります。
しっかりと振り返りを行い、実際の災害で行動できる人になるための防災脳を育みます。

STEP1 災害を考える・飲む・食べる
STEP2 火を扱う・備える・応急処置
STEP3 泊まる (11〜3月 休止)

  • 時間 13:00〜16:00
  • 人数 2〜12名
  • 年齢 10歳以上
  • 持ち物 汚れても構わない服装、軍手、防寒着、雨具
  • 料金 講習料 6,500円 (平日割6,000円 お正月、ゴールデンウイーク、お盆シーズンを除く)
       施設使用料 1,000円
       傷害保険料 500円

お申し込み、お問い合わせはメールで!


防災キャンプについて

団体様向けの防災プログラム 

人数 12名から60名まで

グループワーク中心になります。
実技は、年齢などにより制約があります。

会社やグループでの研修に活用できます。

出張でのプログラムも受け付けています。
プログラムの内容については、参加年齢、難易度、地域性を考慮してアレンジできますので、ご相談ください。

お申し込み、お問い合わせはメールで!

 


72時間サバイバルプログラムの紹介
4名さまからプログラムを開講します。

  • 場所:静岡県富士宮市佐折631 天子の森キャンプ場
  • 時間:13:00〜17:00(プログラムによって終了時間は変わります。)
  • 年齢:10才以上推奨(長いプログラムだと検定を入れると4時間になります。)
  • 各プログラム:ファイヤー」「ウォーター」「シェルター」「フード」「SOS」「ファーストエイド」「ナイフ」「チームビルド」
    詳しい内容はこちら!
  • 料金:1プログラム 5,000円 施設使用料1,000円 ナイフ ファイヤーなどの危険を伴うプログラムは傷害保険に加入してください。


※出張講習いたします。(別途交通費、出張費がかかります。)

詳しい内容はこちら!

お申し込み、ご質問はこちらから!


投稿者名 上野陸 投稿日時 2020年02月15日 | Permalink

マスクだけが必要なのか?


みなさん、こんにちは!
サニーサイドアウトドアスクールの上野です。

新型コロナウイルスの影響で、マスクがどこも売り切れです。
買い占め、買いだめ行動によるものです。

古くは、1973年のオイルショックのトイレットペーパー騒動がありました。

2011年の東日本大震災では、ペットボトルの水や災害地に近いところでは、ガソリンスタンドに長蛇の列ができていました。

2019年の台風19号では、ガラスの飛散防止のための養上テープが店頭から消えました。

何か起こると買い占め、買いだめ行動は、発生しています。


初期の買い占め買いだめ行動→品薄→品薄や買い占め買いだめの報道→一般の人々の買い占め買いだめ行動→売り切れ在庫切れ、と広がっていきます。

初期の買い占め買いだめ行動をとる人々の動機は、不安です。現代においては、ネットに飛び交う様々な情報もあるでしょう。

YAHOO!ニュース 
マスクパニック!:買い占め買いだめを防ぐための心理学:新型ウイルス対策として
碓井真史 より

「今回のような全国的な出来事の場合、条件がそろえば、個人差を超えて多くの人々が同一の行動をとることが考えられる。大阪においては、多くの通勤通学の人・々がマスクをして歩いている姿が報道された。また日本各地でマスクを買い求める人が殺到し、マスクが品切れとなる店舗も続出した。
 危険を回避できる方法があるが、すべての人がその方法を入手できるわけではないと人々が思ったとき、パニックは発生しやすい(広瀬,2004)。」
<碓井真史2009「新型インフルエンザ(H1N1)のリスク関連行動に及ぼすプロトタイプ・イメージと不安の影響」>

人々が、買い占め、買いだめ行動により、病院関係など必要な人に届かないといった悪影響が発生します。

こういった異常事態におけるパニック行動を回避し、適切な行動をどうしたらとることができるでしょうか。


一つは、知識、知的ワクチンです。もう一つは、プロトタイプ、お手本になる人や代表的な人へのあり方です。

前回、新型インフルエンザ(H1N1)流行時の筆者の研究によれば、危険を防ぐ行動をとるかどうかに、楽観的か悲観的かの性格などは、あまり影響していませんでした。また、不安が高まれば正しい予防行動がとれるわけでもありませんでした。

<碓井真史2009「新型インフルエンザ(H1N1)のリスク関連行動に及ぼすプロトタイプ・イメージと不安の影響」>

大切なのは、率先して予防行動をとっているプロトタイプ(お手本になる人)や、まったく予防行動をとっていないプロトタイプ(悪い方向での代表)に対して、どんなイメージを持つかです。

予防行動をとっている人に対して、私たちはうっかりすると、臆病、神経質、考えすぎなどと評価してしまいます。また行動していない人に対して、勇気がある、落ち着いていると評価してしまうこともあります。

しかし、このようにイメージしてしまうと、自分も適切な予防行動がとれなくなります。

行動していない人はだめな人で、率先して行動している人こそ知的で立派な人だと評価できる人が、自分も適切な予防行動ができていました。

一人ひとりが、そのように正しく思えるような、そんな社会的雰囲気を作ることが大切だと思います。

YAHOO!ニュース 
知的ワクチンを打とう:新型コロナウイルス肺炎の感染予防とリスク・コミュニケーションの心理学
碓井真史 より

物流が発達し効率がよくなり、平常時にはいつでもモノがあふれ、モノをストックしておく必要がないように思えます。

以前は、災害での水や食料の備えは3日といわれていました。

今は、首都直下型地震や南海トラフ地震では、人口密集や広範囲の被害のため、一週間の備えが必要といわれています。

今回のような潜伏期間の長い感染症の場合、一週間では不足かもしれません。

私は北海道で生まれ育ちました。
北海道は冬があり、冬季の停電や大雪は命にかかわる事態になります。

そういう背景があるためか、燃料、食料の備蓄は習慣化されています。
むしろないと不安になります。

いずれにしろ、備えはコトの前にしておかなければなりません。
不安はうまく使いましょう。

それではまた!




投稿者名 上野陸 投稿日時 2020年02月13日 | Permalink