ふじさんの日 富士山は噴火するのか?


2月23日は富士山の日です。
日本一高い山。雄大な単独峰。
信仰の対象であり、絵画や歌に読まれてきました。
富士山からの湧き水や、水はけの良い土地は高原野菜の産地として有名です。
2013年には世界遺産に選ばれ多くの観光客が訪れます。

多くの恵を与えてくれる富士山ですが、これは長年の火山活動がもたらしたものです。
さまざまなタイプの噴火をしてきた日本一の活火山とも言えます。

古文書にある富士山の大きな噴火は、
800年〜802年(延暦19年)貞観大噴火
864年(貞観6年)延暦大噴火
1707年 宝永大噴火
です。
宝永噴火から約300年間沈静化しています。その間にもマグマを溜め込み次に噴火するときには大規模な噴火になるのではないかという予想があります。
もし富士山に大きな噴火があると、付近への溶岩流や噴石、火砕、泥流など直接的な被害、首都圏への火山灰の被害。日本の大動脈である東海道新幹線、東名、新東名の寸断などが考えられます。

また富士山の噴火と巨大地震が連動するのではという懸念があります。

地球表面は大きく14,5枚のプレートという岩盤に囲まれています。これのプレートは年間数センチ、爪の伸びる速度で動いています。
これをプレートテクトニクスといいます。
日本付近は、世界でもまれにみる、ユーラシアプレート、北米プレート、太平洋プレート、フィリピン海プレートの境目に当たっています。
プレートの境目では、陸側のプレート(軽い)に、海側のプレート(重い)が沈み込みます。陸側のプレートが海側のプレートに引きずり込まれる形となります。曲げられた陸側プレートが限界に達すると跳ね上がります。これが海で発生する大規模な海溝型地震となります。東日本大震災のパターンです。南海トラフ地震が懸念されています。
陸側の活断層で起こるものが、直下型と言われる内陸性の地震です。これは震源地が浅く私たちの生活圏に近いので被害は大きくなります。熊本地震や北海道胆振東部地震などです。
地震発生のメカニズムは、分からないことも多く見方が変わるかもしれません。

宝永地震(東南海地震)の巨大地震の49日後に宝永大噴火が起こりました。今後も南海トラフ地震と富士山地震の連動が心配されます。

今の科学技術では地震や噴火の予知は難しいです。
明日来るかもしれないし、これから100年間はないかもしれません。
しかし地球の自然活動上いずれ起こるものです。
一撃を考えると備える必要があります。

アウトドアの知識や道具を防災、減災に活かしましょう。
子どもからできる防災、減災教育プログラム
72時間サバイバルプログラム


参考文献
富士山噴火-ハザードマップで読み解く「Xデー」鎌田浩毅著 ブルーバックス B-1576
もし富士山が噴火したら 鎌田浩毅著 高世えり子著  東洋経済新報社
富士山大爆発のすべて -いつ噴火してもおかしくない 島村 英紀/著 花伝社
「噴火の目」で予知する富士山噴火のXデー 木村政昭著 マガジンランド

富士山火山防災マップ
http://www.bousai.go.jp/kazan/fujisan-kyougikai/fuji_map/

投稿者名 上野陸 投稿日時 2019年02月23日 | Permalink

冬の災害は、低体温症に注意!

北海道で大きな地震が発生した。
震源地は昨年の北海道胆振東部地震と同じ厚真町で震度6弱を観測した。
幸い今回停電はなかったようだ。
今時の北海道の家庭のストーブは、灯油であっても電気を使うものがほとんどである。
この気温の低い季節に停電になると、ストーブが使えなくなると低体温症のリスクが高まる。
低体温症を知ろう「トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか」を読んで

こればかりは備えがないとどうしようもない。
電気を使わずに使用できるいわゆるポット式のストーブ等がある。集合住宅などでは火災のリスクを避けるために使えないところもある。
あとは重ね着でしのぐか。
暖をとるには道具という備えが必要である。



地震予知では南海トラフ地震発生のおそれが強調されているが、その間に東日本大震災、熊本地震、北海道胆振東部地震の巨大地震が発生した。
プレートに囲まれた日本ではいつどこで大きな地震が発生してもおかしくないと考えるべきだろう。
いつ来るか分からないものに備えをすることはできないと考える人もいると思うが、一撃が大きすぎる。

実際に、私は東日本大震災での教訓から備蓄、備えが昨年の北海道での地震に役立った。
アウトドアスポーツで学んだことは、可能性のあるものはいつか来るである。
不安や心配であれば、備えや対策という行動を起こすことである。
あの時ああしていればと後悔はしたくないものである。

こどもからの防災、減災教育プログラム
72時間サバイバルのページはこちら!


投稿者名 上野陸 投稿日時 2019年02月22日 | Permalink

低体温症を知ろう 「トムラウシ山遭難はなぜ起きたか」を読んで


夏の低体温症による大量遭難についてかかれた「トムラウシ山遭難はなぜ起きたか」を読んだので、低体温症についてあらためて考えてみたい。

これは、2009年7月16日に北海道大雪山系のトムラウシ山において、8名の人々が低体温症と見られる死亡事故が発生したものです。夏山シーズンとしては前代未聞の痛ましい遭難死亡事故となりました。

ファーストエイドやリスクマネジメントのセミナーでよく出てくる事故事例です。
低体温症は冬だけではなく一年中発生しています。東日本大震災では、地震後に暖がとれず低体温症で亡くなった方が多くいました。昨年の北海道胆振東部地震で北海道中が停電しブラックアウトしました。これが冬季間であれば、低体温症による犠牲者が相当数出た可能性があります。

まずは低体温症を知っているかいるかどうかがポイントになります。
低体温症が進行すると脳に支障が起きて正常な判断ができなくなります。
こうなると自分でリカバリーすることができなくなります。

この本はシナリオとしてそのときの現場の状況が想像できます。どのタイミングでどういう判断、行動すれば事故が避けられたのかを考えるよい教材です。
低体温症についても、よく書かれており理解が深まります。

あなたならどこでどのように判断し行動しますか?



災害は冬にも起きます。
冬に電気が止まったらどうしますか?

サニーサイドアウトドアスクールでは、
防災、災害のための教育プログラムを行っています。
こちらをクリックしてください。


投稿者名 上野陸 投稿日時 2019年02月16日 | Permalink

サニーサイドアウトドアスクール スタート!


本日2月9日よりサニーサイドアウトドアスクールとして新たにスタートします。
事業の柱は、今まで通りのパラグライダースクールとパラグライダーやアウトドアスポーツで培ったリスク管理の知識や道具を活かした災害時のための教育、体験プログラムです。

なぜ災害時のためのプログラムを始めることになったかというと、2011年に茨城県で東日本大震災に、昨年の北海道胆振東部地震に災害に遭いました。
その時に多くの人が災害に対する備えや行動が適切にできていないと感じたからです。私は25年パラグライダー、ハンググライダーのスクールや機材販売の仕事に携わってきました。スカイスポーツという比較的リスクの高いスポーツをマネジメントすることで、リスク管理や対応が鍛えられました。

今の日本は、地震や異常気象など災害が多発している時期にあります。
今後30年以内に80%の確率で発生すると言われている南海トラフの巨大地震の前に、今持っている知識や考えを、災害時に一人でも多くの人が犠牲にならないように広め社会に還元しようと思ったからです。

また現代は変化が早く大きい時代です。正解がない時代とも言われています。その時の状況に応じて行動を変えていかなくてはならないのは、刻々と状況が変わる災害時と同じです。
強いものや賢いものが生き残るのではなく、変化に対応できたものが生き残るのはいつの時代も同じです。
提供する72時間サバイバル協会のプログラムは、これからの未来を背負うこどもが学べるようにプログラムが組まれています。自らが生き残るための自助、お互いに助け合う共助のサバイバルマインドを育むことによって、災害時に生き残り、さまざまな社会課題を解決する一助になれば幸いです。

サニーサイドアウトドアスクール
上野 陸


投稿者名 上野陸 投稿日時 2019年02月09日 | Permalink

自分の住んでいるところのリスクを知ろう-ハザードマップ

こんにちは、
サニーサイドアウトドアスクール校長の上野です。
災害といっても様々なものがあります。
地域によってかかえている災害の種類、リスクが違います。

地震も活断層の近くでは「内陸直下型地震」、低い土地では「海溝型地震」での津波を警戒しなくてはなりません。
大型化する台風や長時間の集中豪雨などにより、河川の氾濫、下流では洪水、山や崖の近くでは、崖崩れ、土砂災害に注意しなくてはなりません。
埋立地は地震時は、液状化現象、土砂災害に注意が必要です。

自分の住んでいる場所にどんなリスクがあるのかハザードマップ(被害予測地図)に記されています。
また職場や学校、よく行くところ、そこを結ぶ交通ルートなどもチェックしておきたいです。

国土交通省ハザードマップポータルサイト
~身のまわりの災害リスクを調べる~




投稿者名 上野陸 投稿日時 2018年12月18日 | Permalink