暑い夏を快適に過ごす服装術 


みなさんこんにちは!
サニーサイドパラグライダースクールの上野です。

まだまだ猛暑が続いているところがあります。
これだけ猛暑が続くと、アウトドアでどんな服をどのように着るかは技術の一つです。
パフォーマンスだけではなく、安全性に関わることになります。

体温調整ができないヒトは、服によって空気の層を作り出し環境に適応しています。
重ね着のことをレイヤリングといいます。
季節や運動の種類や強度によって、それに合った服装を選択する必要があります。

夏のレイヤリングは、カラダの空気の層をいかに、ドライに保ちカラダを冷やすかです。
着るエアコンみたいイメージですかね。

猛暑も記録的になると、元気で長年夏をフライトしているパラグライダーパイロットでも熱中症のリスクを軽くみてはいけません。

長年夏の日中に活動していてたどり着いたレイヤリング術を紹介します。


体温を快適に下げてくれる速乾Tシャツ


速乾性のシャツの素材には小さな穴が空いています。毛細管現象で、汗を吸い上げて早く乾かします。乾かす時に気化熱を奪うので体温の上昇を防いでくれます。
吸い上げ能力は素材によって違います。運動強度や汗のかき方によって選んでください。

汗で体が濡れてまま放置しておくと、水分は熱の電導率が高く一気に体温が下がります。肌だけが冷たくなり汗冷えという状態になります。これで風邪を引いてしまい体調を崩したことがありました。

汗対策は、身体のパフォーマンスを奪うだけではなく、私たちパイロットに重要な判断力を低下させることになりかねません。快適さだけではなく安全性に関わることです。



夏のパラグライダーの講習は、インストラクターにとって陸上部の部活みたいなものです。
パタゴニアのキャプリーンは、夏の講習になくてはならないものになっています。

肌触りが柔らかく、抜群の吸湿発散性で汗抜けがよい。
縫製がいいので、肩周り、脇のあたりが全く気になりません。フィールドテストをしっかりしているのでしょう。
永続的防臭加工済みで接客もばっちりです。(笑)


日焼けを防ぐ 疲れを軽減


せっかくの夏なので、肌を出して太陽を吸収したいところです。
しかし毎日となると、日焼けは体力を消耗しますし、寝つきが悪くなります。

私の組み合わせは、Tシャツ、ハーフパンツに、アームスリーブ、ふくらはぎ用のコンプレッションウェアの組み合わせです。
コンプレッションウェアは、運動中の筋肉の振動を抑え、疲労を軽減させるものです。

この組み合わせにしてから疲労が残りにくくなりました。
Tシャツとハーフパンツの間から風が入るので快適です。

肌が露出していないので、転んだり滑ったりしてもケガのリスクが減ります。
朝晩の不快なブヨや蚊などの虫対策にもバッチリです。




コンプレッション ウェアは、いろいろなタイプやサイズを試した結果、スキンズのオーソドックスなタイプに落ち着きました。
締め具合がちょうどいいです。
長時間つけていても気にならないです。
168cm 60kgでSサイズです。


まだまだ残暑が続くところもあるでしょう。
これだけの猛暑ではガマンは美徳ではありません。
せっかくの夏です。
服装にひと工夫するだけで、快適に楽しくできます。


空は天然クーラーです。鳥目線の景色を楽しんでみませんか。
詳しくは次をクリックしてください。
天然クーラー パイロットと飛ぶ二人乗り体験

自分で走って飛んで操作するゴーゴーパラ体験


投稿者名 上野陸 投稿日時 2018年08月13日 | Permalink

やさしい日本語のページを作りました


北海道を訪れる外国人のみなさんに、パラグライダーやさしい日本語のページを作りました。
「やさしい日本語」とは、普通の日本語よりも簡単で、外国人もわかりやすい日本語のことです。
阪神淡路大震災の時に、被災した外国人に必要な情報が行き届かなかったことから、災害が起きたときに有効なことばとして考案されました。

外国人は英語が得意な人ばかりではありません。
いろいろな国から人が訪れるなかで、多言語化が進んでいます。
全ての言葉に対応するには無理があります。
そこですぐに実行できる「やさしい日本語」は有効な手段だと思います。

空の世界では、飛行中は三割しか頭が働かないと言われています。
三次元になるだけで、情報量が増えるので、それに対して処理能力が増えるからだろうと思っています。
パラグライダーの体験者や練習生は、むずかしいことを言ってもすぐに理解し実行できるわけではありません。
シンプルで有効な言葉や指示を考える上でも勉強になりました。

今回、母国語でないホームページを見る場合に、翻訳アプリにかけることが多いと想定しました。
日本語のページをそのまま翻訳アプリにかけても、意図にそぐわない訳がでてくることがありました。
英訳で確認しました。
中学生レベルの英単語で意味が通じるように、やさしい日本語のページを何度も修正しました。

せっかく海外から日本へたくさんの人が来る時代です。シンプルなパラグライダーとやさしい日本語で交流をしたいものです。

パラグライダー やさしい日本語のページはこちら!
http://sunny-side.net/easyJapanese/

夏休みに「やさしいパラグライダー」を体験してみませんか!
パイロットと飛ぶ二人乗り【タンデム体験】始めました。
http://sunny-side.net/course/


投稿者名 上野陸 投稿日時 2018年08月05日 | Permalink

うまく水分を摂ろう!


今年は関東地方が6/29と最も早い梅雨明けをし、熊谷での最高気温41.1度の最高気温更新など記録ずくめです。
暑さをがまんするどころではなく、熱中症などの健康被害が深刻です。

そこで今日はうまく水分補給するための方法をお伝えします。

夏のフィールドで活動して夏バテしないように試行錯誤してきました。
ぼくらインストラクターが水分不足になるとスクール活動に支障をきたしてしまいます。

最近は加齢のためカラダに水分を貯めることができなくなっています。
長い時間アウトドアで安全に楽しく活動するためにも、水分補給は欠かせないものになっています。


ボトルを用意しよう!


いつでも飲めるように、ボトル、パックなどを用意してモチベーションを高めましょう。

ボトルもいろいろ試した結果、ナルゲンが飲みやすく軽いです。
移動する際には、折りたたむことができるソフトボトルを使用しています。



テイストをかえる


水ばかりではなかなか量を飲むことができません。
食事の時に、お味噌汁、スープ、コーヒー、牛乳など味を変えて水分とミネラルを補給します。

甘い飲み物が苦手なので、水に飽きたら炭酸水を飲んでいます。
これは眠気覚ましにも効きます。ロングドライブのお供です。


魔法の白い粉 クエン酸


クエン酸は、柑橘類、梅干しなどに多く含まれています。
パウダー状で様々なタイプがあり、私は水に溶かして飲んでいます。

スポーツドリンクは糖分が入っているので食欲が落ちてしまうんです。
クエン酸を飲むようになってから夜に足がつらなくなりました。

夏のスクーリングには欠かせないです。
慣れないと飲みにくいかもしれません。

最初はパウダーで飲みやすいものにするといいでしょう。

せっかくの夏ですからうまく水分補給して楽しみましょう!



天然クーラー パラグライダーはこちらです。


専用のライセンスを持ったパイロットとフライトするタンデムフライト体験はこちら

自分の足で飛び立ち操作するゴーゴーパラ体験はこちら!

ソロフライトをめざすライセンスコースはこちら!


投稿者名 上野陸 投稿日時 2018年07月31日 | Permalink

7月31日はパラグライダー記念日


知ってました?
7月31日はパラグライダー記念日です。

その由来は、1988年7月31日に北九州で第一回パラグライダー選手権が開かれたそうです。
しかしどんな大会だったのかはわかりませんでした。

パラグライダーが盛り上がり始めたころには違いありません。

30年前の今日があって、今のパラグライダーがあります。

パラグライダー記念日おめでとう!



パラグライダーは最もシンプルな翼です。
空を飛ぶという夢を実現する身近な道具です。

専用のライセンスを持ったパイロットとフライトするタンデムフライト体験はこちら

自分の足で飛び立ち操作するゴーゴーパラ体験はこちら!

ソロフライトをめざすライセンスコースはこちら!


投稿者名 上野陸 投稿日時 2018年07月31日 | Permalink

安全とは?安全文化という考え


『安全は作り出すもの』
私が25年前このスカイスポーツの仕事をはじめたころ最初に教わりました。
次の本を読み、あらためてこの言葉を再認識しました。

「航空安全とパイロットの危機管理」小林宏之著(成山堂書店)、著者の小林宏之氏はJALで42年間、総飛行時間18,500時間フライトしグレートキャプテンと呼ばれています。氏ならではの実体験に基づいた危機管理について書かれた本です。


安全をどう捉えるか?


 以下要約です。
 安全というものははじめから存在するものではなく、「危険でないこと」をさまざまな努力をした結果をさすにすぎない。
 ICAO(国際民間航空機関)によると「安全というものは、どこにもない。危険はどこにも存在し、あるいは潜在している。危険とは人体への危害や物を損害させる要因であって、一般にハザードといい、ハザードが実際に発生する可能性をリスクという。」
 その危険要因やリスクを洗い出して特定する。特定した危険要因、リスクを排除できるものは排除し、排除できないものは、可能な限りその影響を軽減している状態を維持する。
 たとえ、リスクが実際に発生しても大事には至らず、許容できる範囲内に収める対応を継続的に維持している状態を、安全であるといえるのではないか。現実の社会にあっては、「絶対安全」にも「安全神話」も存在しない。
 運航の現場に携わる者としては、存在し、潜在する危険要因やリスクを管理するのだ、と言う考え方で業務に取り組むことがより具体的に安全を確保できるのではないだろうか。
 航空の現場に従事する者としては、つねに危機意識を持ってリスクと対峙し待機しながら、「いかなることがあっても、安全のレベルを許容範囲に維持するのだ」と言う気構えで仕事に臨むことが大切である。


「安全文化」とは


 安全というものは、これだけしっかりやっておけば大丈夫というものではない。安全文化という土壌が構築されてよりしっかりとした安全確保の体質ができていくのである。 
 「安全文化」という言葉が正式に使われるようになったのは、1986年に起こったチェルノブイリ原子力発電所の事故原因の調査と、分析の結果から公式に使用されるようになった。
 その後、世界各地で大きな事故があるたびに「安全文化の欠如」が指摘され、「安全文化の構築の必要性」が勧告されている。
 事故の根本的な原因として、 現場の作業員も、 事業者も、 国別レベルでも、 原子力の安全に対する考え方や意識そのものに問題があり、それは文化と呼べる深さや組織あるいは社会の意識や行動を左右しているのではないか。
 そして「安全文化」と言うものも一度構築すれば、盤石となるというのではなく、常に揺れ動いてしまう生き物である。どの事業であれ「 何が一番大切か、 何を最優先すべきか」ということを軸足にして活動していくことが、安全を確保するうえで最も基本的なことであることも知らされた。


 危機要因やリスクを回避することは、空を飛ぶということに限ったことだけではありません。昨今の想定外の自然災害はどこにでも起こりえる時代です。大事なことは危機要因やリスクに向き合い危機管理を行うということではないでしょうか?
 それではまた。



投稿者名 上野陸 投稿日時 2018年07月29日 | Permalink