台風19号の自分の行動を振り返ってみよう

tenki.jpより


台風19号で被害に遭われた方々に対しお見舞い申し上げます。
まだ水害で危険な場所が多数あります。
一日も早く終息することを願っています。

記憶が確かな間に感情の推移を含めて、自分の行動を振り返って次の災害に備えることをお勧めします。

今回の台風19号は早くから、記録的になること、東海、関東圏の直撃が予想され、数日前から警戒が呼びかけられていました。
日本付近の海水温が高いことから、このようなスーパー台風が今回だけのものではなく、今後も発生することが懸念されます。
感情の推移、どのような行動をとったのか?行動をとらなかったのか?不安に思ったこと、足りないと思ったことを振り返り、次の災害に対して「最適な行動計画」や「備え」に落とし込みましょう。


nhkより


行動にはタイムリミットがある


毎日新聞より


行動にはタイムリミットがあります。
「予想に対して自分はいつ反応したか?」を時系列で振り返ってみましょう。

前日には、食べ物、飲料水、カセットガスなどが売れ切れ、ガソリンスタンドでは行列ができるなど、備えについては準備をされた方が多かったと感じています。

災害発生時には、モノを入手するコスト(時間、費用)がかかり、やがて入手が困難になります。

全てのものを用意することはできないこともあるので、切り替えて「あるものでなんとかする」という発想も大切です。


避難について


杉並区号外NETより


10月8日の予報から、上陸、大規模になることが予想され、10日には、東海、関東圏を直撃し、記録的な大雨、強風が発生し、土砂災害、水害について警告がされていました。
東海、関東圏は、台風の最接近の時間が夜間になり、避難行動ができなくなることは予想されていました。

「避難が必要な場所であったか?」
「適切なタイミングで避難できたか?」
「その判断基準は?」
「安全な場所とは?」などを考えてみましょう。

東海地方では、12日午後には暴風雨が予想されていたので、12日午前中までには移動を終えていなければなりませんでした。


予想できない災害のほうが多い


台風は予想されていたものです。
地震は突然やってきます。
今回のように備える時間はありません。
普段の備え、行動の計画がいかに重要かです。

いつも予想が当たるとは限りません。
自然は人知を軽々と超えていきます。
災害は一瞬のインパクトを避けなければなりません。
自然を変えることはできません。変えられるのは人の行動です。
行動に落とし込むことが重要です。


サニーサイドアウトドアスクールでは、防災教育プログラムを実施しています。
ただスキルを教えるのではなく、グループでの話し合い、実習を通して自ら学ぶ、グループで助けあいながら、防災、減災を学び、気づく、防災脳を育むことを目的としています。

http://sunny-side.net/camp/

投稿者名 上野陸 投稿日時 2019年10月14日 | Permalink