DENALI(デナリ)インプレッション



GRADIENT社のEN-Aクラス 軽量グライダー DENALI(デナリ)でフライトしてみました。

EN-Aクラスということで、対象はビギナーからハイク&フライ、ファンフライトまで広く使えるグライダーです。



軽さのメリットを実感できるのはライズアップでしょう。

ライズアップを言い換えると地上のパラグライダーをライン約8m上まで揚げる行為のことです。
グライダー自重が軽いほど揚げやすい。軽いと慣性力が弱まるのでグライダーがパイロットを通り越してしまうシュートの傾向が少なくなります。

つまりライズアップがイージーになります。
今朝ハイクアップし風が追い風気味に変化しましたが、DENALIのライズアップ特性に助けられました。



グライダー重量の軽量性は、風の変化をよく伝えてくれます。
ハンドリングも軽く軽快で楽しいです。

EN-Aクラスの範疇ですのでご心配なく。



練習生が降下手段であるビッグイヤーをしやすいように、細めですが通常のライザーと同様にビッグイヤー用のライザーがついていますので簡単にビッグイヤーできます。



軽量のデメリットは耐久性です。デナリはセミライトと呼ばれる生地を使用し耐久性に配慮しています。

DENALI(デナリ)とは、北アメリカアラスカにある最高峰マッキンリー山(標高は6,190m)のことです。デナリとマッキンリーが混在して呼ばれていたが2015年にデナリに統一されました。(WIKIより)
偉大なもの」という意味のデナリ。

これからパラグライダーを始めるファーストグライダーとして使用でき、将来ハイク&フライに挑戦してはいかがでしょうか?

DENALIのページはこちら


投稿者名 上野陸 投稿日時 2017年03月24日 | Permalink

2017.3.18~ JNL JCL COOクロカンカップ2017 薬師寺選手(IP7)優勝!



練習日17日(金)から連日max2,600mのスーパーコンディションが続きました。

「前日は良かったのにね」というジンクスをみごとに跳ね除けました。

クロスカントリータスクにはならなかったものの、八郷盆地を使ったテクニカルなタスクは、どのフライトコースを取るのか、風の変化、タイミングなどさまざまな選択があり戦略や決断力が試されます。

並み居る最新コンペ機を抑えて優勝したのはこの方薬師寺選手(ICEPEAK7)です。



TASK2は、八郷盆地をジグザクにフライトするこれもまたチャレンジングなタスクです。

最初に最終パイロンを廻って飛び込んできたのが薬師寺選手と中村選手(PEAK4)の二機。

薬師寺選手は高度がありましたが、中村選手がどう見ても低い…。
低い尾根上を張り付いて騙し騙し近づいてきます。

中村選手、男を見せました。
みごとゴール!




次にゴールしたのが、連日ドンピシャなすばらしいタスクを組んでくれたタスクコミッティの正木選手(ICEPEAK7 PRO)です。
おめでとうございます。

1-2-3をNIVIUK勢が占めました。(涙)



TASK3は諸事情によりキャンセルとなりました。
八郷盆地でのフライト歴は長いのですが、三月でこれだけのコンディションが続くのはちょっと記憶にないです。
MAX2,600mの空域のハードさは想像できます。
どのパートも気の抜けない状態だったと思います。

この稀に見るタフなコンディションを二日間みごとにまとめた薬師寺選手。
おめでとうございます。

スーパーコンディションをフライトした選手のみなさん、大会を支えてくださったスタッフのみなさん、本当にお疲れ様でした。

4月8日、9日にはCOOスプリングカップ(ナショナル、N2)が開催されます。
またお会いしましょう!


一番高いところからパシャっと


投稿者名 上野陸 投稿日時 2017年03月21日 | Permalink

2017.3.13 バーズパラグライダースクールさん



京都府亀岡市のバーズパラグライダースクールさんにお伺いしました。

午前中はくもり空で穏やかにフライトできました。

お昼頃から晴れ間がでてきました。

そうなるとザ・春コンディションに。

風の元気が良すぎる…。

元気のいい学生さんだったので楽しんでくれました。

「魂震えました。」(鬼飛びさん語録より)

夕方は落ち着きました。

また遊びに来てくださいね。


投稿者名 上野陸 投稿日時 2017年03月14日 | Permalink

2017.3.12 京北パラグライダースクールさん



京北パラグライダースクールさんです。

高気圧圏内で風が弱くフライト日和になりました。



青い空とひこうき雲と春を感じさせる光景です。

遠くまで見渡せました。

この季節としては穏やかな風が吹き、練習生の方もフライトできました。



夕方はグランドトレーニングで春の風を感じました。


投稿者名 上野陸 投稿日時 2017年03月12日 | Permalink

2017.3.11 京北パラグライダースクール



3月11日、東日本大震災から6年が経ちました。
当時茨城県で震災に遭いました。
大きな揺れや続く余震、ライフラインの寸断などかつてない経験をしました。

近年予測できない地震や台風など大きな災害が起こっています。
もし災害に遭ってしまっても対応できる装備や知識が必要です。
アウトドアスポーツの自然に対応する力を育むという側面は社会に貢献できるものと考えています。




それでは日記です。
京都市の京北パラグライダースクールさんに訪問です。
予報は良かったのですが、寒気が強くて時雨れてしまいました。
テイクオフに上がってみたものの雪混じりになってしまいました。
残念ながら撤収です。(涙)



クラブハウスに戻ると小林シェフによるおもてなしが待っていました。
冷えた体に最高のプレゼントです。
美味しかったです!



風が弱まるのを待っていたのですが、寒気がしぶとくランディングにてグランドトレーニングで汗をかきました。


投稿者名 上野陸 投稿日時 2017年03月12日 | Permalink